木の器作りの日々

奈良の山の中で、自由気ままに、木工旋盤をつかい木の器作りしてます。

里山百貨店、の搬入終わりました

2017-03-21 04:55:05 | 日記

雨が降ってる、今日はウツワをつくろうね、4月1日納品の和菓子の発表会用に頼まれた、お皿10枚にとりかかるか、丸2日で出来るとみてるのですけど、センサートギャラリーの立体制作は野外でしてるから雨の日はウツワつくりだな、仕事もせんとね~ウツワ作りはお金儲けだからね~一週間ほど前、フレンチレストランから30枚ほどほしいのだが、一度アトリエに行きたいなんて℡がきたの、なんとも有り難い話だけど、個展の準備で大変なので4月の半ばくらいにドウゾと返事したけど、ソク対応できなかったからドウカナ~ホントお金儲けは難しいな~

なかなか時間がないので、いろいろいただく個展の案内もパスしてばっかり、でもこの前はセンサートギャラリーの搬入の段取りの確認兼ねて,案内頂いてたその近くの「提側庵ギャラリー」を見てきた、

大平和正さん、かっこいいな~実は僕は今回は生の土の造形をするのですが(子供のドロンコ遊びみたいなもの)、以前大平さんの何十トンもある巨大な焼き物のオブジェにブッタマゲテ、その影響もあるかもしれない、今回の大平さんの作品洗練された美しいものですね~僕のはアウトサイダーアートのような洗練とは無縁のカオスな世界を目指してるのですけど~

提側庵も素晴らしい空間だ、僕も機会があればいつかしてみたいな~

昨日はウラン堂の「里山百貨店」に搬入、こんな感じ!!

永尾さんや脇山さんとの3人展22日から始まります見に来てね~

ウラン堂のリトウリンダさんは世界の美術館の賞を総なめにした凄腕アートデレクターなんですが、、僕のウツワのコレクターでもある、昨日はリンダさんが僕のウツワの写真集を作ってくれることになっていて、その版下校正を見せて貰った、写真は森義之さんが、フイルムの6×6で素晴らしくとってもらえた、この二人に作ってもらえるなんて、ホントお金積んでもなかなかむつかしいのね~ラッキー!!あとは紙焼きとデジタル変換等、もう少し時間がかかるけど、ワクワクするな~ 

今回ウラン堂に出してる器、これは僕がデジカメで撮影、アハハ、マ、素人なの実物はウラン堂でね~

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

DM出来ました!!

2017-03-09 05:31:37 | 日記

センサートギャラリーでの個展「森から生まれたカタチ」と、ウラン堂での3人展「里山百貨店」のDM出来ました、

センサートギャラリーはこんな感じです、裏はこんなの!!

ウラン堂はこんなの裏はこんなのね~!!

ウラン堂はウツワなんですが、楢の木で白黒でなんてリクエストですけどね~

大生でオイルも塗らないから、少しバリバリ割れるな~黒染めのお皿も割れが始まっているな

黒染はゴバイシ使い、鐵染ね~

これがゴバイシ、これを煮出すの、そこに鉄分を反応させるわけ!!

イギリスではオーク(楢)のタンニンは、革の鞣しや、インクの製造なんかにつかわれたの、それでもってこれもインクみたいな色になったな~最後に拭漆で仕上げるとすごく落ち着いた色になるのですよね~カッコイイデ~

一週間ほどでも、とんでもなく歪んできたの、これは割れがない、はじめに挽く時にクラックを完全に外したからだな

このクラックが乾燥して行く過程での歪がここに集中して割れが広がるのね~やはりこれは外しておかないとだめね~

センサートギャラリーは「森から生まれたカタチ」実のところ~僕もよくわからないの、アハハ作者がわかって作ってるなんて大間違いなんだ、言いかえれば、それを見てくれる鑑賞者と程度の差はあるけど同じ立場といえるのね~ま、それがないと作る人間に何ら救済がないでしょ!

タダ、建築史家、建築家の藤森照信さんが、毛深い建築なんてよく言うけど、森から生まれるものは毛深いもののような気がするな~

シャルル フレジェさんの「YOUKAI NO SHIMA」という写真集

土と植物の精霊、不思議だな~近所の古墳が樹を伐採されたの悲しいな~

DMを毛深い布の上に置いてみました。。。アフリカの草ビロウド、これも森から生まれたものだね~ 

こんなのは、なかなか作れないな~楓の燻皿なんか載せてみたの!!

さてボチボチDM出さないといけないのですが、ほとんど出す友達がいないので(ハッキリイッテキラワレモノ、マ、ベツニゼンゼンカマワナイケド)知り合いのギャラリーから、無理を言ってメーリングリストもらったのね~其れを使いだすことになるけど、そんなことなので怪しい者でないから不審がらないでね~

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

もう二月も終わりですね~

2017-02-28 21:04:02 | 日記

この時間の流れる事の早い事

体は一つなので、仕事がこなせないな~今年前半のスケジュールは

ウラン堂「里山百貨店」  3月22~4月23 神戸 3人展 ウツワ

奈良親子レスパイトハウス 4月8~9     奈良  チャリテー展 ウツワ

センサートギャラリー   4月8~16    三重  立体個展 ウツワも展示

天野画廊         5月27~6月10  大阪  グループ展 小品彫刻を3~4点のつもり

こんな感じかな~、また6月かその辺にもウツワの個展してみないかとうれしいお誘いもある~ガ、なんといっても後半のメインは9月の京都でウツワの個展を予定してるのね~これは1年前から準備始めてるので、バッチリ決めたいんだ、去年の年末から、少しバタバタ、仕事以外の事であまり制作に集中出来てないのが痛いな。。。。この夏前ぐらいに方付くといいのですけどね~

センサートギャラリーが今のメインですね~今度は「森から生まれたカタチ」という子供っぽいテーマ、この頃の美術の展覧会、このテーマをあまり前面に出さなくナッテル気がするのね~そうでもないか。。偏見かな~ただあまりに知的?遊びで済ませてるのが多い気もする、殆ど画廊巡りもしてないから勘違いかも知れません、あくまでも僕の漠然とした印象ですので

女子中学生くらいの年齢の子がマクドナルドで、ペチャクチャしゃべること自体に楽しみをもつなんて、ソレモいいけど、アハハもう60歳前のオッサンは何か言いたいことについてしゃべりたい気もするの、マ、しゃべるテーマよりも、その会話のリズムやレトリックなどの構造を追及するのも、もちろんアリですけどね~

あと1ヶ月で彫刻作らねば、プレッシャーですな~胃が痛くなるの、これは野外で制作してるから、雨の時はだめなの。。。

雨の時はウラン堂のリトウリンダさんに頼まれたの作るベイ、リトウさんはアートデレクターなのですが、ウラン堂というギャラリー&カフェーもされてる、八百屋さんが野菜が商品なら、アートデレクターはご自身の美意識が商品、ドスの利いた声で「前回のあの感じの木を使い、今度はオイルも塗らずに、白と黒でシテヤ~」やはりカリスマだけあり、僕も気になってたけど、スルーしてたところをグサッと突いてくるな~

リンダさんの言ってた材料の木は小楢なんですよね~ようやく2日前に用意できたの、重いのね~いやになるの。。。

製材で半割にしてもらわないと、重すぎて手が出ないんだな~半割でも200~300キロくらいはあるのね~伐られて3ヶ月くらいだから大生ね~

このくらいにしましょか、僕が好きなウツワ作家Anthony Bryantなんか作品説明で、250ポンド(120キロ)から最終5ポンド(2キロ)の器に生木びきしてるけど、これは僕の旋盤VL300なんかではしょせん無理な話、マア、僕はウツワに関してはそれほど大きいもの作りたいとは思わないけどね~

セットするのも結構しんどいな~僕の友人が、バレリーナのようなといったフォルムにしましょね!!僕はイスラムの旋回して踊る、密教的なダンス、そんなのが、イメージかな

全くオイルも塗らずに、このまま変形がはじまるの!!その過程をギャラリーで見るのも面白いじゃん

こんな塊が4個、あと4個お皿状の材料が用意出来たから、雨の日に制作しよう!一つ作るのに丸1日掛かるから、上手くいけば雨の日の数だけできるはずね~

白木はこれでもいいけど、黒いのは難しいな~、楢はタンニンが多いから、鐵奨に反応させると黒くなるのですけど、それだけでは不十分かもね~ゴバイシ(白膠木につく虫こぶ)の煎じ汁でタンニンを補充すれば完全な黒にはなるけどね~ただ、何十年も黒く保とうとすると難しいかも。。

先日、ロッグ染した木の器、やはりこれだけでは今は定着しても,レモンの汁とかにつくと色が薄くなることもあるので拭漆で補強する必要があるんだ、、アハハほんとに手間がかかるんですよね~。。。。

こんなに黒くなるってふしぎだな~

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

奈良親子レスパイトハウスのチャリティーに参加します

2017-02-22 22:16:44 | 日記

奈良にある難病の子供のための病院、奈良整肢園、が運営してる奈良親子レスパイトハウスの、チャリテー展に参加します、

病気と闘ってる、お子さんとご家族が、ひと時ですが病室を離れレスパイトハウスという古民家でゆっくり、食事なんかを楽しんでもらうという整肢園の副院長のT先生が中心となり多くのボランティアの方々がなさってる素晴らしい活動です、僕は特別哲学的というか、深くモノを考えないウスッペライ人間なので、どうこう言う資格はありませんが、チャリテーにはホントに格安で作品出しますので、どうぞ多くの方にそのような事を知っていただくきっかけになればと、東大寺の裏の静かな処ですので


この記事をはてなブックマークに追加

京都MUMOKUTEKIで佐古馨展、昨日18より始まりました

2017-02-19 10:06:45 | 日記

昨日の18日から、ムモクテキで僕のウツワの個展が始まりました、もともと古着屋さんが母体なので、超おしゃれな人が集まる素敵な空間ですね~(京都市中京区式部町261 ℡075-213-7733)

デレクターのIさんありがとうございました、ちゃんとポスターを店内に貼っていただき感謝、カンシャ!!うれしいな~

ポスターこれは終了後に貰いたいな~コピーの文句も僕の考えを正確に伝えて頂いてる、さすがプロの仕事!!

お洋服も、アンチークの家具もあるんだ、僕もフランスの古着買っちゃったんだな~、まだウツワ売れてもないのに、非常に危険な場所だな~

とんでもなくゴワゴワの生地、フィルソンのティンクロス(ブリキみたいなかた~いやつ)みたいね、ま素材に惹かれるんだ

ついでに美術館タダで見て、その後奈良で打ち合わせというか大宴会マ、気分転換の日でした


この記事をはてなブックマークに追加