木の器作りの日々

奈良の山の中で、自由気ままに、木工旋盤をつかい木の器作りしてます。

世界遺産にどうかな~面白い宿屋です

2017-06-22 01:41:44 | 日記

どうしても見たい展覧会があって、最終日に駆け込みで見ました、もう今回を逃すと二度とみれない気がして

砂澤ビッキ、葉山の神奈川美術館で、芸術家だな、生きざまが素晴らしい、僕はビッキさんが死んだ年齢を一年もうこえてしまった、何一つまともにできてないな。。。

葉山はいいとこですね~、わかめパーマがあるなんて

東京でジャコメッテーなんかも見たり、これは愛知県に巡回するはずだから、もう一度見たい!!

写真もこれだけはOKなの

今回はムサビで教えておられる彫刻家、目白でギャラリーRueventもされてる、鬼束先生に「目白にいい宿屋があるよ」と教えてもらった処にとまりました

目白の駅から2分くらい、

アプローチもいい感じ部屋も清潔ね~ま、これくらいならブログに載せるほどの事ではないよね。。

お風呂に入ろうかとな、と浴室に入ったら、感動ものなの、ポンペーの遺跡を発見した考古学者のような感動を覚えたわけ

先代のご主人が石を集めて制作した浴室壁にはローマのモザイク画にも通じる魚たちが泳いでるの!!

雨樋も巧みな?部材の寄せ集めで隠してる!!これはもう昭和遺産ですね~

素泊まりのみ5500円、近くに飲み屋もあるし、コンビニもあるからホント便利

先生に教えてもらった ラーメン屋「さんかく」は1分くらいのとこにあるの、僕も食べたけど、なかなかおいしいです!!餃子が食べ応えがあります、これもおすすめね~

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

「リトウリンダと写真家達」、展VOL.3、ホントCOOLだな~!!

2017-06-22 00:55:48 | 日記

先日16日にアートデレクターのリトウリンダさんと7人の写真家の人たちが作った、ポスター展のオープニングパーテーにいってきました、

DMなの

 

一言でカッコイイのです!!写真の対象物となる、ヤギの顔やブタの顔、人体はリンダさん自身が楠の木から彫りだしたもの、

それを写真家の方々が独自の視点で解釈して写真を撮る、あとでリンダさんがタイポグラフィーを入れるという事、

僕がウツワ作りなんかしだしてから目にするようになった、流行の雑貨なんかを紹介してる印刷物のグラフィックデザインにある傾向に気が付いたんだ、

よくいえば、上品にアッサリ 悪く言えば貧相、、最初は新鮮に面白く感じたのですが。。。アハハもう見飽きたな!!!僕はもっと豊かな世界が見たいの、

このポスターにはそんなスノッブなところがまったくないな、タイポグラフィーの文字本来が持つ呪術的な力、洗練とカオスが渦巻いてる、ホント圧倒されたのね。。。

僕のヘタな写真なので、逆効果かも知れませんが、

パーテー終わり90才くらいのオバーちゃんが働いてる飲み屋に、何人かで飲み直し、こんな猥雑ともいえるところから、美しいものが生まれるのかも知れないな~アハハ単に酒が飲みたいだけのことでした

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

お酒の節制が効いてきました

2017-06-13 23:21:06 | 日記

もうかれこれと、断酒して2週間になるな~いつもは今頃、テレビなんか点けっぱなしで、だらしなくお腹を出して居眠りしてるのですが、今はすごく調子がいいの、過度の飲酒は小さな自殺だな。。。。

ま、ハレの日というか、何かタダ酒飲める機会以外は控えましょう、お金もないからね~言い換えれば、ただで飲めるときはノーリミットということかな~昔の日本人のお酒の飲み方のパターン、無礼講は、かなり閉鎖的な村とかの人間関係、縄かロープに例えると、ヨジレがたまり硬直したのを、戻すのに役に立ってたのかな~そのようなDNAが僕にもあるのね~、、アハハ言いわけもいいところ。。。

そんなわけで、前向きに営業ブログでも投稿しましょうか、

ヒビでバリバリに割れたのを鎹で繕つた花器でも写真に撮るか。。アハハ傷だらけの人生なの、、ね

昔の布団カバーかな~ボロボロの接ぎあての布の上に置いてみましたま、少しはおもしろいかな~

これは今、室内で蛍光灯の光で写真撮ったけど、影とかがきついな~

これは今朝の太陽光で撮った写真、やはりこちらの方がイイカンジダナ~

とりあえず、営業写真のブログでした

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

久々のFMラジオ聴きながらブログでも

2017-06-03 09:41:46 | 日記

今週の火曜日の夕方くらいから体調崩し、ヤットすこしましになったかな~ブログでも書きましょか

火曜日に奈良の勇斎という画廊で、久保極さんという石彫家の個展が始まり、朝一で仕事場に行く前におじゃましまた

小品の展覧会なのですが、特に窪んだ空間部分 ネガティブスペース、いかにして彫ってるのか少し想像を絶する精度なのね~特に白大理石は手で触っても全く面のダレたところがなく、(少し彫刻したことのある者ならそのすごさがわかるんですけど)10年近くイタリアの美術大学と工房で、手彫りの星トリ法で基礎をたたき込んだから、できるのだよね~なんて、そうだよね、、今はみんなカッター、ダイヤカップ、なんかでパパット、マ、それはそれで、いい作品ができればいいの、~当然美の地平とはもっと広大で多様なものなのです、デモこのように曇りの無い美の世界も、大きな大陸であることはたしかだな!!

夕方からのオープニングパーテーに懐かしい友人も来るので、久しぶりタダ酒でも飲むかな~なんて考えてたら、いくどころでなく急に身体がだるくなり、そのままほとんど食事もとらずに昨日の昼過ぎまで3日間ほど、、、ナンダッタノカナ~アハハ昔の迷惑かけた人の怨念かな~

今日はだいぶ良くなり、、マダ、だるいのですけど、写真でも撮りましょか

古い布の上に鉄染の赤樫の花器なんか

底辺が丸いから傾いてしまうの、アハハそれもいいじゃない

食欲がないのでコンビニのお菓子なんかで、エネルギー補給、頭がふらふらしてるからお皿が歪んで見える?、、、そんなわけでもなく、こんな風に歪んでくれたお皿、樺の瘤部分から制作ね~

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

天野画廊でグループ展なの

2017-05-30 07:43:57 | 日記

天野画廊で昨日からグループ展に参加してます

ドウゾ遊びに来てくださいませ

いつもこの展覧会は瞬間芸のようなものを出してるの、ハイク造形だな!今回も鉄を溶断して溶接しただけ、所要時間一つ40~60分かな

それはそれでパパット作り、果たして、作品として成立してるのか、非常に難しい所があるのね~

僕のはこんな感じなの、見に来てね~

他の方の作品ね~

木のウツワをつくり始めたころ、どうも木地にポツポツとシミのようなものが付いて困ったことがあるの、それは後でわかったのですけど、鐵の作業して、そのままの作業服で木工旋盤回したから、服についていた鉄分が木のタンニンに反応してたんですよね~

だから鉄と、木の作業はお洋服を変えないといけないの、

先日、娘とユニクロに行ったのですが,麻の白いシャツが1300円ほどなの安いな~昔彫刻の芯に使う麻布を、繊維卸業者に買いにいった時には特価でメーター1000円してたから、製品でこんな値段は、どんなカラクリナノデショウカネ~

アカシヤの木から出来てるカテキューという染料、これもまた木のタンニンを利用してるんだって

こんな感じ黒い固まりなのね~

白いシャツを染めましょね!

このくらいなら普通の鍋でできますね

最後に鉄で定着させるわけ

こんな、上品な色になりました、アハハ1300円ほどで楽しめましたね~

藍染セットも売ってるから、藍染もいいな!!、マタかいにいこうかな~

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加