The Works Of Trevor Horn

英国の偉大な音楽プロデューサー、トレヴァー・ホーンの作品を紹介。

トレヴァー・ホーンがボーカルを入れ直した「イエス/フライ・フロム・ヒア」が限定販売

2018-02-15 21:10:12 | News

2011年にトレヴァー・ホーンのプロデュースで制作されたイエスのアルバム「フライ・フロム・ヒア」。ベノア・デイヴィッドのリードボーカルをホーンのボーカルで録り直したリニューアル盤"Fly From Here - Return Trip"が限定販売されます。
2018年3月24・25日にイエスの50周年記念としてイギリス・ロンドンで行われるファン・コンベンション会場のみで販売されるそうです。
ホーンによる新たなミックスの他、未収録音源もボーナストラックとして収録予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BS-TBSの音楽番組「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」で「バグルス/ラジオ・スターの悲劇」を放映

2018-02-03 20:08:33 | News

日本のみならず世界の名曲を、関係者への取材を中心に深掘りするBS-TBSの音楽番組「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」でバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」が取り上げられます。トレヴァー・ホーン、ブルース・ウーリー、ジェフリー・ダウンズと作者3人へのインタビューを中心に構成されているようです。ウーリーの新プロジェクトでこの曲をカバーした英国のエレポップシンガー、ポリー・スキャッターグッドへのインタビューも行われたそうです。

「SONG TO SOUL 永遠の一曲」
放送局:BS-TBS
放送日:2018年2月18日(日)pm11:00~

出演予定
トレヴァー・ホーン、ジェフリー・ダウンズ、ブルース・ウーリー、ポリー・スキャッターグッド

公式サイト
http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tony Cole / Natural Dance (1977)

2018-01-19 19:17:06 | ~1979

オーストラリア出身のシンガーソングライター、トニー・コールのシングル。AB面共にトレヴァー・ホーンがコールと共同プロデュースしている。
1972年に発表された彼のファーストアルバム"If The Music Stops"収録の"The King Is Dead"は、1976年にフランスの大人気シンガー、ジョニー・アリディにカバー(タイトルは"Gabrielle")され、大ヒットしている。


レーベル:Pinnacle Records
1977年発売

Tracks
Natural Dance (Cole)

Moments of Magic (Cole)

Credits
Produced by T. Cole & T.C. Horn

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Legacy / 3 Chord Trick (2017)

2018-01-13 22:58:38 | 2015~2020

ダイアー・ストレイツのメンバーだったアラン・クラークが、後期ツアー・メンバーのフィル・パーマーとセッションマン、マルコ・カヴィリアと結成したバンドの1stアルバム。元々は「ダイアー・ストレイツ・レガシー」としてマーク・ノップラー抜きでダイアー・ストレイツの楽曲を演奏してまわるツアー・バンド。今作のレコーディングにトレヴァー・ホーンがベーシストとして参加している。ホーン・プロデュース作にフィル・パーマーが数多く参加している縁と思われる。ただし全曲参加ではなく、ジェームズ・イースト、ピノ・パラディーノがゲストとしてベースを担当している曲もあるそうだ。
バンド・メンバーは他にダニー・カミングス、スティーヴ・フェローン、メル・コリンズ、プリミアーノ・デ・ビアス。2017年に来日公演したトレヴァー・ホーン・バンドでのリード・ボーカルのジェイミー・スクワイアもゲスト参加している。
レコーディングは2016年11月にロサンゼルスで始まり、ここでのベースはピノ・パラディーノが担当している。後にローマのフォワード・スタジオに移りホーンが参加、レコーディングを終了させた。
2017年11月にデジタル・ダウンロードでリリース。12月もしくは2018年1月にCDがイタリアでリリースされた。

2018年に行われるダイアー・ストレイツ・レガシーのブラジル・ツアーにホーンが参加することが発表されている


レーベル:Forward Music Italy
2017年11月発売

Tracks
・Epiphany (Clark/Palmer)
・Here and Now (Clark/Palmer)
・Jesus Street (Clark)
・3 Chord Trick (Palmer)
・Looking for America (Clark)
・Magdalene (Clark)
・Bounty Hunter (Caviglia/Clark/Palmer)
・Tell Me Why (Caviglia/Clark/Palmer)
・Twisting the Knife (Palmer)
・God’s Land (Clark)
・Two Days Off (Clark)

Credits

Produced by Alan Clark & Phil Palmer, co-produced by Steve Ferrone
Recorded at Forward Studios in Grottaferrata, Rome and at Drumroll Studios in Los Angeles
Mixed and mastered at Forward Studios in Grottaferrata, Rome Engineer: Stefano Quarta at Forward Studios, Eric ET Thorngren at Drumroll Studios
Mixing engineer: Stefano Quarta at Forward Studios
Mastering engineer: Carmine Simeone at Forward Studios
Assistant engineer: Andrea Secchi

Band
Alan Clark: piano, keyboards, vocals & orchestral arrangements
Phil Palmer: guitars & vocals
Marco Caviglia: guitars & vocals
Steve Ferrone: drums & percussion
Danny Cummings: percussions & vocals
Mel Collins: sax
Trevor Horn: bass
Primiano Di Biase: accordion & additional keyboards

Guest Musicians
James East: bass
Pino Palladino: bass
Jamie Squire: vocals
Alain Larribet: duduk
Additional vocals: Appassionante (Stefania Francabandiera, Giorgia Villa and Mara Tanchis) and Daphne Nisi, Chiara Cortez, Anna Fondi, Eleonora Tosto, Valentina Ducros


公式サイト
https://www.legacyband.cloud/


Music Videos

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BS朝日「ベストヒットUSA」でトレヴァー・ホーン特集を放送

2017-09-07 09:18:20 | News

小林克也さんがパーソナリティーを務める老舗洋楽番組「ベストヒットUSA」の9月13日放送で「トレヴァー・ホーン特集 前編」が放送されます。内容はスタジオ・インタビューが中心とのこと。
この番組には2012年のホーン来日公演時はロル・クレームとアッシュ・ソーンがゲストで出演しました。

「ベストヒットUSA」
2017年9月13日 BS朝日 23:30〜
※掲載時間が間違ってました
※野球中継が延長されたため9月13日の放送は中止延期となりました。

2017年9月20日 BS朝日 23:30~
「トレヴァー・ホーン特集 前編」

2017年9月27日 BS朝日 23:30~
「トレヴァー・ホーン特集 後編」

 

朝日放送(ABC) 毎週水曜 深夜3時14分
東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO-MX) 毎週月曜 夜11時00分(MX2チャンネル)
千葉テレビ放送(CTC) 毎週土曜 夜11時30分
http://www.bs-asahi.co.jp/usa/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Carl Martin / Skinny Little Bastard - Single (2017)

2017-09-07 09:05:46 | 2015~2020

イギリス・マンチェスター出身のシンガー・ソングライター、カール・マーティンが2017年に発表したデジタル・シングル。2曲目は2010年にサーム・スタジオで行われたスタジオライブ音源。トレヴァー・ホーン、イアン・ブルーディー、ロル・クレーム、スティーヴ・リプソンが参加している。

レーベル:Carl Martin
2017年2月発売

Tracks
・Skinny Little Bastard (Martin)
Skinny Little Bastard (Live) [feat. Trevor Horn, Ian Broudie, LOL Creme & Stephen Lipson] (Martin)
・Skinny B (Martin)

Credits


Music Video

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トレヴァー・ホーン・バンド来日公演2017(その3)

2017-08-24 00:56:11 | トレヴァー・ホーン・バンド来日公演

・ビルボードライブ東京 2017年8月23日(水)2nd Stage

セットリスト
・Two Tribes
・Video Killed The Radio Star
・All The Things She Said
・Cry
・The Dean and I
・Plastic Age
・Slave to the  Rhythm
・Rubber Bullets
・Fight the Moonlight
・The Power of Love
・Owner of a Lonely Heart
・I’m Not in Love
・Sky Show
・Future Boyfriends
・Relax
【encore】
・Everybody Wants to Rule the World

ロル・クレームが唄う10ccの「ディーン・アンド・アイ」が追加。「キス・フロム・ア・ローズ」は今夜もカット。アンコールはポリスの「孤独のメッセージ」が予定されていたようですが、昨夜同様「ルール・ザ・ワールド」を演奏しました。(「アイム・ノット・イン・ラブ」の順序も繰り上がりました) 1stステージはどうだったんでしょうか?

5年前と違い今回は両日共に満員となっていました。

終演後今夜も物販購入者を対象としたサイン会が開催されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トレヴァー・ホーン・バンド来日公演2017(その2)

2017-08-23 01:24:07 | トレヴァー・ホーン・バンド来日公演

・ビルボードライブ東京 2017年8月22日(火)2nd Stage

セットリスト
・Two Tribes
・Video Killed The Radio Star
・All The Things She Said
・Rubber Bullets
・Cry
・Plastic Age
・Slave to the  Rhythm
・The Power of Love
・Fight the Moonlight
・Owner of a Lonely Heart (Guest Lead Vocal: Rick Astley)
・I’m Not in Love
・Sky Show
・Future Boyfriends
・Relax
【encore】
・Everybody Wants to Rule the World

シールの「キス・フロム・ア・ローズ」はまたもやカットされてしまいました。
イエスの「ロンリー・ハート」ではリック・アストリーがゲスト参加。会場を沸かせました。

終演後会場物販での購入者を対象にトレヴァー・ホーンのサイン会が開催されました。

23日も引き続き2回公演があります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トレヴァー・ホーン・バンド来日公演2017(その1)

2017-08-21 00:43:59 | トレヴァー・ホーン・バンド来日公演

トレヴァー・ホーンの5年ぶりの来日公演が2017年8月20日(日)に「サマーソニック2017」からスタートしました。今回は「トレヴァー・ホーン・バンド」としての来日となります。

メンバー
トレヴァー・ホーン (Vocals, Bass)
ロル・クレーム (Vocals, Guitar)
アッシュ・ソーン (Drums)
サイモン・ブロアー (Guitar)
ジュリアン・ヒントン (Keyboards)
キャメロン・ガワー・プール (Keys & Samples)
ジェイミー・スクワイヤー (Vocals, Guitar)
イジー・チェイス (Vocals)
ヘイリー・サンダーソン (Vocals)

・サマーソニック2017
 2017年8月20日(日)千葉県幕張

 ガーデンステージのヘッドライナーとして19:40スタート

セットリスト
・Two Tribes
・Video Killed The Radio Star
・All The Things She Said
・Rubber Bullets
・Cry
・Plastic Age
・Slave to the  Rhythm
・The Power of Love
・Owner of a Lonely Heart
・I’m Not in Love
・Sky Show
・SunSunSunrise (Guest Dance & Vocals: 9nine)
・Relax

※「ロンリー・ハート」と「アイム・ノット・イン・ラブ」の順番が逆でしたので修正しました。(2017/08/23)

TVアニメ「ザ・リフレクション」からは"Sky Show"と"SunSunSunrise"を演奏。"SunSunSunrise"は9nineがゲスト参加しました。

フランキー・ゴーズ・ハリウッドの「リラックス」を全員で演奏して終了。会場上空では花火が打ち上がっていました。

8月22日(火)と23日(水)は東京・六本木ビルボードライブ東京で公演があります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Trevor Horn / The Reflection Wave One Original Sound Track (2017)

2017-08-18 23:41:36 | 2015~2020

マーベル・コミックのスタン・リーと日本のアニメ監督長濵博史共作によるTVアニメ「ザ・リフレクション」のサウンドトラック。トレヴァー・ホーン初の自身名義のアルバムとなった。作曲・プロデュース、演奏のほか挿入歌「Sky Show」ではリードボーカルを担当している。
作品の制作プロデューサー・野口和紀が熱烈なホーンのファンであり、彼が伝手をたどりつつホーンへ嘆願したことでプロジェクト参加が実現した。過去に参加した映画のサントラ制作で自由に出来ないことへの不満を持っていたホーンだが、今作ではかなり自由に音楽を作ることが出来たことを喜ぶコメントをしている。
エンディングテーマ"SunSunSunrise"は日本のアイドルグループ9nineが日本語で唄っているが、英語版の"Future Boyfriends"が初回生産限定盤のボーナストラックとして収録されている。デモ音源ではホーン自らがボーカルを入れたそうだ。

TVアニメの第4話にはホーン本人が登場。英語版ではホーン自身が演じていて、その音声もこのサントラに収録されている。そのシーンでは一緒にホーンの娘も自身の役を演じている。

初回生産限定盤付属のDVDにはホーンへのインタビューの他に7曲の5.1chバージョンも収録。

レーベル:U/M/A/A
2017年8月発売

Tracks
Sky Show(Horn/Braide/Weidner/Creme)
Battle Begins(Horn/Hinton)
Reflection(Horn/Muhoberac)
Hear Them Come(Horn/Muhoberac)
In Chaos and Confusion(Horn/Hinton)
From on High(Horn/Hinton)
My Daily Life(Horn/Muhoberac)
Reflected(Horn/Muhoberac)
Peace in Blue(Horn/Tin/Creme/Weidner)
In a World of Unreason(Horn/Hinton)
I am Alone with Sadness(Horn/Muhoberac)
Loneliness and Solitude (Dialogue Version)(Horn/Weidner)
Main Theme(Horn/Hinton)
Hear Them Come (Again)(Horn/Muhoberac)
Left in a Bleak and Desolate Land(Horn/Creme)
The Transition(Horn/Hinton)
From Battle to Flight(Horn/Hinton)
The Future of Happiness(Horn/Tin)
Greater Expectations(Horn/Tin)
Reflection (Reprise)(Horn/Muhoberac)
SunSunSunrise (TV Edit)(Horn/Bloor/Grower-Poole)

【Bonus Tracks for Special Edition】
Sky Show ("Bel Air" Reflected & Extended Mix)(Horn/Braide/Weidner/Creme)
Future Boyfriend(Horn/Bloor/Grower-Poole)
Sky Show (Unplugged)(Horn/Braide/Weidner/Creme)

Credits
All Tracks Produced by Trevor Horn
Engineered by Cameron Grower-Poole, Joel Martin Peters, Tim Weidner
Mixed by Cameron Grower-Poole & Joel Martin Peters
Assisted by Josh Tyrell
Recorded at Sarm West Coast (LA) & Sarm Music Village (London)
All 5.1ch Versions mixed by Joel Martin Peters

CD Mastering: Mitsuo Koike (ast Mastering)

Official Site
http://thereflection-anime.net/

購入特典


The Reflection Teaser PV

The Reflection Sky Show

コメント
この記事をはてなブックマークに追加