きの書評

備忘録~いつか読んだ本(読書メーターに書ききれなかったもの)~

陰陽師の読みすぎ

2017-08-05 15:15:35 | 書評
 最近、陰陽師の本ばかり読んでいて、読書メーターのグラフの50%が夢枕獏。
平安時代の本ばかり読み過ぎて、その後、旅行の計画を立てようとしたら、
「何!?駅から徒歩(かち)で5分!」など、読み間違えてまぎらわしい。
 
けど、すごいね。千年前と同じ漢字を使ってるなんて。
って、よく考えたら、自分も平安時代の人と同じ名前だったわ。
 
 
清明カフェというのを思いついたが、どうだろう。
 
・コースターは五芒星(そのまま栞やお守りに)
・紙ナプキンは人形(ひとがた)
・メニューは索餅や夜光杯に入ったぶどうジュースなど
・店員は全員式神
・日が悪いと一旦別の店に行き、方違えをしてから入る
・お行儀が悪いと本名を書かされる(コワッ)
・送迎のマイクロバスはむろん牛車だ
 
だんだん、「こんなカフェはいやだ」みたいになってきた。
 
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エマーソンが読めない | トップ | 夢日記 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評」カテゴリの最新記事