zakkaな毎日

通販サイト:雑貨ショップ「ラ・シュエット」の掲載情報、雑貨にまつわるお話と店主の趣味やつぶやきなどを綴るブログ

ジャムのガラス瓶と羊毛フェルトのダブルリサイクル

2017年06月20日 18時01分20秒 | 「zakkaなくらし」photo

こんにちは、ラ・シュエットです。

今日は、以前もご紹介したことのあるボンヌママンミニ

かわいいラベルのジャム瓶ですよね。
食べ終わった後のボンヌママンは、フタがかわいい、
ラベルもおしゃれ、なかなか捨てる勇気が持てません。


ラベルを生かして、小さなお花やグリーンを飾ったりすると
おしゃれですね。他に何か再利用できないかなぁ?と考え、
今日はラベル面より、ガラス面を楽しめる、ピンクッション
をご紹介します。詰めるだけで簡単にできちゃいますよ。

 

材料は2つだけでできちゃいます。

材料その1:ボンヌママン・ミニジャムの空き瓶とフタ。

食べ終わったら、きれいに洗って、表のラベルは残して、
後ろ側のラベルと、フタの部分のシールを剥がします。

 

ラベルは紙製なので、あまり長く水にさらさない方がいいと
思います。はがれにくいので、残ってしまった部分は、
「シールはがし液」を使ってみてください。


手で剥がせる部分は剥がし、液を綿棒で塗って1分放置し、
付属のヘラでこすります。それでも意外と糊が残りますので、
あとは、濡らしたキッチンスポンジなどで
こすればきれいに落ちますよ。

 

材料その2:羊毛フェルト

手芸屋さんなどで手軽に入手できますね。


実は・・・私は、この羊毛フェルトが苦手でして・・・。
チクチク、チクチク、特殊な針を刺してフェルトを
固めてアイテムを作って行くのですが、楕円が作れず、
途中でめんどくさくなり、私には無理~~!とギブアップ。


頭を作った段階で、終わってしまったものなのです。
(予定では、ピンクの帽子をかぶったヒツジさんでした。)

またチクチクと針を刺して続きをやる気は起きないので、
このフェルトを何かに再利用できないかなぁ?と考えた末の
ピンクッションなのです!!

私のように、諦めた人は、そのフェルトを。
羊毛フェルトが大好きな人や、やってみたい方は、手芸店での
調達したもを少しご用意ください。(100円ショップがお手軽です。)
(上の方のパステル系4種4個で108円でした。)

 

作り方は、非常にシンプルです。

少量の羊毛フェルトを、色を見ながら順に瓶の中へ入れて行きます。
このくらい細めにして重ねてから入れるとグラデーションが
綺麗に出ますし、1色ずつ大き目に丸めて詰めても面白い!

丸め過ぎず、ふわっと丸めてきれいなグラデーションを
出しつつ、ぎゅーぎゅーに詰めていきます。
※ふわっと入れただけだと、針の抜き差しで、一緒に
綿が出てきてしまいますので、ご注意ください。結構多めに詰めると
いいかと思います。

 

完成はこんな感じです。(これは緩めに詰めています。)


このままフタをしても、針を抜かずに持ち運びも保管もできて、
便利ですよ。
お仕事先やリビングなどで、ちょっとボタン付け、なんて時に
重宝です!

パステル系の羊毛を使うと、グラデーションがかわいいですね。
瓶のラベル面ではなく、側面のきれいなグラデーションを
見せて、かわいいインテリア雑貨として、飾っておけます。

 

もしお手元に、諦めちゃった羊毛フェルトがあったら、
(なくても、手芸屋さんで調達できます(笑))
作ってみてくださいね。

余談ですが、
途中で諦めたヒツジさんの頭は、チクチク耳部分を
刺して丸にして、このピンクッションの芯にしました。

 

 

 

雑貨ショップ ラ・シュエット

TEL/FAX:048-463-6367


I'm on Twitter

Instagram


いつもありがとうございます♪
読んだらポチっもよろしくです↓

にほんブログ村 雑貨ブログへ 

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫好きならもうひと手間!父... | トップ | フォトスタ課外特訓 »
最近の画像もっと見る