Studioきのんち

作編曲家でOWLのキーボーディスト 木ノ下達也のブログ

【Ray-Ban】BALORAMA【B&L】

2017-05-19 17:59:07 | プライベート


レイバンの御存知バロラマを入手
もはやボシュロム時代のUSA製レイバンはビンテージの部類で扱われますが、こちらもそんな一品。





軽量でスポーティーなプレデター2やRB4033とは違い、圧倒的に重厚で肉厚、どっしりとした迫力。
余計な飾り付けは無くシンプルでスタンダードな古典的スタイルはウェイファーラーに通ずるところがあります

現在ではイタリアや中国製の復刻版がRB4089としてリメイク販売されていますが、それらと違い元祖ボシュロム製の方は鼻あてが全く無い事で有名。
故に東洋人泣かせの掛け手を選ぶサングラスです。



それでも皆さん鼻あてを自作したり、ショップで改造してもらったりしてでも使ってらっしゃるくらいですからやはり人気のあるモデルなんですね。

幸いにも頭蓋骨の小ぶりな自分は、ビタツと眉間に張り付くようにかけると上手いことフィッティングするのですが、その分通気性は悪くなり蒸れたり曇りやすくなりがちです。
バイクに乗るなら風が回り込まずベストですが、やはり多少鼻あてを盛って浮かしても良いのかも知れませんね。



ただやはり62mmレンズのモデルなのでプレデター同様自分にはちょっと大きめ。
ウェイファーラーもレディース向けの47サイズを愛用してるので復刻版オリンピアンの59サイズみたいに小さいサイズがあるとホントは良いのだけど…。






-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ray-Ban RB4033 | トップ | 【Ray-Ban】BALORAMA (改)【B... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。