木のぬくもり館のつぶやき

手作り家具職人の一日を気の向くままに書き留めます。サイトはhttp://kinonukumorikan.com です。

丸棒の作り方。

2017年12月07日 | 家具の作り方

先日、お寺の丸い柱を作る工程をテレビで放映していた。

それは、内丸鉋を使っての手作業だった。

デカい柱だったので手作業なのかな?伝統的なお寺だから昔の方法で作っているのかな?などと思った。

デカい柱でも機械で作れる。大がかりな機械になるがロクロで作るのだ。

我が工房もロクロで丸棒を作ることしばしば。だが、お寺の柱を作れるようなデカい機械はないので、作るのはテーブルの脚ぐらい。

このテーブルの脚もロクロで作った。通常は一本一本手繰りで作るのだが、旋盤とルーターを使って作った。

 

これより先は、専門的になる。

旋盤とルーターを使えば同じものを大量に作れる。倣い旋盤と同じ。

先ず、材を用意。今回は椅子のつなぎを数十本作る。

角材にして相掻にしたものを用意。これ。

 

次に、旋盤に冶具を設置。これ。

 

 

この冶具にハンドルーターを這わせて丸棒を作る。こんな感じ。

 

ビットはストレートビット20φ。

 

でぇ~~~、出来上がったものがこれ。

 

1本作るのに数分。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 座の編み方。カナコ組。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家具の作り方」カテゴリの最新記事