引頭佐知(いんどうさち)の料理ブログ

引頭佐知(いんどうさち)の料理ブログ

尾道にて。

2011年09月30日 | ときどき日記

.

18日

尾道での宿泊は、海岸べりの住吉神社前のホテル。

北前船の寄港した岸の前にあります。

.

8時半、ホテルをチェックアウトし、

開店前の今川茶舗へ直行することにしました。

店主・今川吉広さんは高校時代の生物研究部の部長。

わたしが当時所属していた部活は美術部でしたが、

ある日のぞいた生物研究部の部室でおたまじゃくしを

飼っているのを見つけ、しょっちゅう見に行ってるうちに

部員扱いに。大学の研究室にみじんこを観察しに行くとか、

鳥取の大山に登山するなど、イベントにはよく参加してました。

.

今川茶舗はホテルから徒歩10分の距離です。

キャリーバッグをゴロゴロひこずりながら海岸通りを

歩いていると、

海岸から1本入った十四日町のビルの角で、

時折CMでみかける引き売りの魚屋「ばんより」のおじさんに

遭遇。

「あれ?おじさんコマーシャルに出とってでしょう?」

笑ってうなずくおじさん。

箱の魚は、ちぬ、こち、おこぜ、はぜ、海老、たこ、穴子

10cm未満の甲いか・・・・・。

「懐かしい魚ばっかりじゃね。とくに、この海老と穴子。

好きじゃった、よう食べたわ」

「みんな、朝、獲ってきたんよ」

.

9時前。

久保町(水尾町)の今川玉香園に到着。

Img_0003

いつもなら8時にはシャッターが開いているのに、

閉まっており、あれ?、と思ったら

シャッターが1枚、身の丈ほど開いており、

のぞいてみると、暗い中で店主がお茶を詰めています。

「おーーい、おっはようさんっ!」

「・・・・・・・? 

おーーー! なんじゃ、帰って来たんか。

奥で待っとってくれ、配達してくるけ、7分で戻る」

「ええよ、7分ね」

奥には書棚と6角形の囲炉裏風のカウンターがあります。

戻って来るや、菓子器に和菓子が盛られ、

香りのよいお煎茶で一服よばれます。

6年ぶりですが、昨日も来たような感覚。

シャッターが開いていないので、暗い店内。

話題は、世間話ではなく陶芸の話で話がはずみます。

こういう話のできる人、周囲にいなくなりました。

.

「ところで今日の予定は決まっとるんか?」

「10時から12時まで、山波の森迫君のとこに行って、

いちじく食べて、いちじく畑を見せてもらうことになっとる」

「ほうか、とう柿(いちじくのこと)、好きじゃったのぅ。

荷物はこけー(ここへ)置いとけ、送ってったらぁ。

家はどこか知っとるんか」

「山波。山波のJAで待ち合わせしとるんよ」。

長男智弘さん出勤。

わたしのカメラのバッテリーが切れたので智弘さんの

カメラを借りていちじくを撮りに行きます。

.

山波のJAに着くや、真ちゃんの車も到着。

車から降りてきた真ちゃん「おう!」「元気そうじゃね」

挨拶はこれでおわり。

10数年ぶりか、いや、もっとか、

真ちゃんとも、昨日まで会ってた感じ。

高校の同級生、森迫真一くん

通称、真ちゃん。

.

尾道特有の細い坂道を車で登ります。

「ちょっと家で食うてから、畑行こうや」と真ちゃん。

「あ、うれしいうれしい!」

下が、尾道のいちじくです。

粉を吹いたような皮、きれいでしょう?

「種類は「蓬莱柿(ほうらいし)いうんよ」。

.

長い間、食べたかった尾道のいちじくです。

収穫時期はお盆後から9月末まで位だそう。

もうそろそろ終盤とか。粒も小粒になっています。

P1030586_3

さて、いただきます。

皮が薄いのですが、もぎたてなのですーーっとむけます。

P1030588_6

半分に割りますね。

数年前の全国農業新聞に、尾道のいちじくの味が日本一と

いう記事がありましたが、

これが尾道のいちじくです。

P1030590_5

「真ちゃんおいしいねぇ、甘ったるうのうて。

もぎたてのせいか、さわやかだわ」

「先月じゃったら、もちーと(もっと)うまいんじゃけどのぅ・・・。

今年は雨が,よぅ降ったし、しかもこの間の台風でやられて

台風以降、今年はよーない。雨にあたると商品にならんのよ。

たまらんで、ほんま」。

.

畑に着きました。

小山のような畑。下はいちじく畑で、上のほうは八朔。

「見てみ!上向いとるやつ、横向き、下向き、向きが色々じゃろ。

同じじゃないんよ。

雨が降って商品としてダメになるんは上を向いとるやつ。

ほれ、左のこれ。こりゃあ雨がふりゃ、雨をもろに受ける。

今九州の方に来よる台風が、こっちに来たら確実にダメになる。

P1030596_6

樹は接木で増やすんじゃが、ここに細い枝を挿すんよ」。

「へーー、小さい穴じゃね」

P1030598_11

「ほうよ、こんくらい細い枝挿すんよ」。

P1030602

「これは接木して3年。

なんぼかなっとろう?いちじくは、3年目から実をつけるんよ」。

P1030604

あちこちに、にらが自生しています。

「春は、葉が、もちーと幅があって元気ながのぅ、

だんだん、こぎゃあに細うなる」。

P1030603_6

しかし、地面はふわふわふかふか。

1歩1歩踏みしめて歩かないと倒れそう。

しかもさわると温かい。

「すごいふかふかの土じゃね。何入れとるん?」

「そりゃ、わしなりに努力しとるで。

全部は言われんのう、ヒミツじゃ(笑)」

.

真ちゃんは、東京で学生生活の後、広島マツダで営業マン

として働き、退職後、実家の農業を継ぎました。

学生時代、同級生男子の多くが真ちゃんのアパートを訪れ、

真ちゃん手づくりのごはんを食べたりしてました。

.

「退職して農業やってみてわかったけどのぅ。

農業は趣味なら楽しい、ほいじゃが農業で食うていくんは、

ほんま厳しい。順天の日ばーじゃないけのぅ。

何ヶ月もかかって世話して育てたもんが全部収穫できるわけ

じゃない、それがつらいわのぅ。

特にいちじくは軟(やわ)いけ、台風じゃ、雨じゃで、カンタンに

落下したり腐っていくけ。

.

真ちゃんの車の窓から見る、右手の尾道と左手の向島(むか

いしま)。向島の海岸べりには、数社の造船所が軒を並べて

います。湖みたいでしょう?

P1030608_7

今川茶舗に到着。12時です。

シャッターも開き、国旗がゆれてます。

今川茶舗は、昔から、祝日にはかならず国旗を立てます。

白い車の後ろには明治時代からの、今川家の蔵があります。

P1030615_5

Img_0002

敬老会のボランティアから帰ってきた奥さんもいますね。

「いま、帰ってきたんですよ。

お昼、2人でなにか尾道らしいもの食べに行ったら?」と奥さん。

あーーでもない、こーーでもない、の結果、

おそばやさん「そば鴻」に。

大阪のこんぶやさん土居さんのお知り合いです。

「だしは、すべて土居さんおすすめのもので取っています」と

ご主人。

P1030610_2

今川先輩は

「一応言うときます。

尾道の麺ゆうたら、うどん。

そばは食わんけ、わしは、そばの味はわからん。

そばはわからんが、だしはわかる」。

「どれにしよう・・・」

「麺はだしじゃ。ごちゃごちゃ色んな具が入ったんは嫌いじゃ。

具の味がだしに混じってだしの味がわからんけ。

一番、具の少ないんがええ」

「同感!」

というわけで、こちらを。

P1030613_4

3種のおだしの味、しっかり味わえました。

.

そば鴻さんを後にして、

今川先輩は、

「おかしなもん使うてないいうことが、わかるだしじゃった。

天然のだしは、あとに残らん、あとくちがええ」

わたしのだし取り教室の話など、一切話してないのですが、

西のちゃんとした人の、普通の会話です。

.

ご挨拶したいところもありましたが、休日ですし、

時間の余裕がないため、次回伺うことに。

わたしの好きな今川茶舗のお茶、極上「青柳」と紅茶。

Img_0016_5

下は、長男・今川智広さん企画のイベントです。

今川家の蔵で催されます。

Img_0005

Img_0006_2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休は、お墓参りと息ぬきを。

2011年09月22日 | ときどき日記

.

16日から旅に出ました。

3ヶ所のお墓参りと息ぬきを兼ねた乾物探しの旅。

お昼ごはんの予約にあわせて新幹線に乗車。

京都の料亭Mさん。

現在、京都在住の妙さんをさそって行きました。

Img_8996_2

お茶室に通されました。

Img_8997

Img_9004_2

栗、かます、小芋、茄子、枝豆、ぎんなん、みょうが、いちじく

他、それぞれ丁寧な仕事がうかがえる、魚介や野菜が満載。

配色も美しく、蓋をあけて、しばし、鑑賞をします。

.

さて、今回の京都行きの目的は、実は「錦市場」です。

1往復しました。

滞在時間は3時間半。

.

「好きそうな、可愛いものありますよ」とおしえてくれる妙さん。

乾物屋で可愛いものって、なに?

かつおのぬいぐるみでした。

商品の撮影は禁止されてますので、ぬいぐるみをパチリ!

フェルト製なのでかっちりしたつくり。

作者は、こちらのお店の大女将さんのお手製とのこと。

「センスいい方ですねぇ。お会いしたいわ。

お店にはいらっしゃらないのですか」

「はぁ、もう、店には・・・」

Img_9035

錦市場、いやー、堪能しました。

.

錦から乗ったタクシーの運転手さん。

「錦行かはったんですか?

私は今、60ですが、子どものころからお母ちゃんとよう行き

ました。

だいぶ様変わりしましたわ。

わたしの子どものころの錦いうたら、

売っとるもんはほとんど乾物ばっかり。

乾物が主流の市場やったんです。

昆布、かつお節、いりこ、豆、お麩ぅ・・・・・・

それも今みたいに上品に小袋に分けたんやのうて、

山のように重ねてありましたわ。

八百屋かて、いま、大根いうても、何本置いてあるんか

数、数えられるでしょう。

昔は、白菜の山、大根の山、菜っ葉もぎょうさんで、ね。

なんでもかんでも、みな山盛りでしたわ。

毎年、暮れはぎょうさん人が出て、

正月の準備せんならんお母ちゃんらで歩けんくらい

にぎやかでした。

うちのお母ちゃんも、張り切って準備してました。

わたしは、いっつも荷物持ち。

お母ちゃんのお節料理、乾物と一緒にうまいこと炊いて、

あれこれこしらえてましたわ」。

「お母ちゃんの、おいしかった?」

「そら、うまかった」

「奥さんのお節は?」

「こしらえん、いうことはないねんけど・・・・・、

形だけは、そこそこ。

(家族の)みんなが食べんから言うて、ちょこっとこしらえてます。

食べんからて・・・そら、うまかったら、食いますよ(笑)

なんやろね、旨い、旨ないの分かれ目は、だしやろね」。

お母ちゃん、鍋に昆布、放り込んでましたし」

.

さすが観光地・京都というべきか、この運転手さんは、話題

豊富な面白い人。

夏休みは、10日前後とって、世界を1人旅して歩いてる人。

どこの国に行っても市場へ行き、市場のそばのおっさん達が

集まる食堂や居酒屋で食事をして歩くのだそう。

「安うて旨うて、やかましいおかあちゃんはおらん、

自由で(笑)最高ですわ。

市場が好きなんは、子どものころの錦通いのせいや思い

ます。市場行くと落ち着くんですわ。来年はキューバ、ジャ

マイカ、ニューヨーク行こ思ぅてます」。

夜8時過ぎ、京都を離れました。

.

翌日は、父の実家へ。

この部屋は机場(つくえば)。わたしにとって懐かしい部屋。

いま従兄弟のいる場所に、いつも祖父が座り、わたしは、

そのそばで筆で字を書いて遊んでました。

従兄弟はわたしに見せるために硯(すずり)をさがしていますが

祖父の時代、この部屋にはいつも墨の香りが漂っていました。

Img_9062

さて、祖父、祖母、父、叔父のお墓参りをします。

猛暑の中、汗タラタラで手を合わせます。

下の女性は、従兄弟の奥さんの喜美さん。

嫁いできたときからみていますが、頭がよくて、やさしくて、

控えめで、本当に感心します。

親戚間でのニックネームは、「世界遺産のお嫁さん」。

Img_9107_2

「うちの仏さまは、お花屋さんのお花より、お庭のお花の方が

喜ばれましょう」と、ささっと集めてわたしに。

Img_9101_2

夕方、1時間半、バスに乗って移動。

兄、弟の家族と合流。

.

下は、母の実家です。

叔父(母の兄)が亡くなり、そのうち処分することになると

いうことで見納め。

もう、4年間空き家状態です。

わたしは、4歳まで、この家と上記の家を往ったり来たりして

育ちました。

写真は、兄。

Img_9149

西瓜を冷やしたりした井戸。

Img_9137

無人のため、鍵がかかっているので外からしのびます。

台所の写真を撮っておきたかったのですが・・・・。

土間、かまど、七輪、漬物鉢・・・・。

叔父がガスコンロを持ち込みましたが、

おいしくないからと、ガスを使わず、かまどと七輪だけで

料理を拵えていた祖母でした。

電話のない時代、予告もなく「おばさんの料理を食べたい」

と親戚の人がよく訪れていましたが、まったく騒がず、次々と

料理を仕立てていく祖母。

その手際のよさ、おいしさには定評がありました。

Img_9144

書生部屋の前の踏み石。

Img_9143

裏に廻ると、

裏には、ずっと長い間、戦前の、大きなアメリカ製の白い

ホーローのオーブンが置いてあったのですが処分したんですね。

がっかり。

戦前、クッキーなどを焼いたと、母が懐かしがっていました。

母の洋菓子つくりの原点はたぶんそのオーブン。

Img_9139_2

裏にまわります。

この奥に、ぜったいまだあるはず。

Img_9140

鉢が。

Img_9141

手水鉢(ちょうずばち)です。

Img_9142

小学校の低学年のころ、この鉢の地の色をわたしが「ええ色

じゃねぇ」とほめたのだそうで、祖母は、

「小さいころからおかしなものに、風雅なご趣味をお持ちで

ございました」と鼻で笑っていました。

.

祖母の隣の家の土屋建夫さん。

兄の同級生。

偶然、中学時代を尾道で過ごし、同じクラスだったとか。

すごい奇遇です。

定年後、実家にUターン、悠々自適の農業をしています。

自然派のため、草ぼうぼうの中に作物が。

「土屋さ~~ん」「建ちゃーん」何度か叫んだら、

背丈ほどの草の中からあらわれました。

Img_9159

さて、全員でお墓へ。

Img_9160

先祖のお墓、、

みんなでお掃除。

Img_9163

お花は、建っちゃんから。

「おばぁちゃん、叔父さん、

みんなで来ましたよ」、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終戦記念日は飯盒(はんごう)で炊爨。

2011年09月05日 | ときどき日記

アップし忘れの記事です。

8月16日にアップしたものと思ってました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台所を片付けていたら飯盒(はんごう)がでてきました。

いつか教室で炊いてみせてあげようと思って購入したものです。

今日は終戦記念日。

お昼は、この飯盒で2合のごはんを炊きました。

Img_8863

炊き方はお鍋で炊く炊き方と全く同じです。

Img_8866

よそいましょう。

Img_8867

せっかくだから、日の丸ごはんに。

梅干しは昨年漬けた自家製。

Img_8869

終戦記念日なので、

おかずは、なし!

2011年、8月16日のお昼ご飯でした。

わざと、このご飯と梅干しだけにしたのですが、

「食べるものは、これだけしかない」

と思って食べると、

梅干しは、香り、味をいつもより深く味わえ、

梅干しのおかげでご飯は甘く、

お米と梅干しのありがたみをしみじみと想いました。

.

.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加