引頭佐知(いんどうさち)の料理ブログ

引頭佐知(いんどうさち)の料理ブログ

初めの一歩教室 2016年10月4日

2016年10月11日 | のこしておきたい昔ながらの和食

栗の鬼皮・渋皮むき。

 

果肉の部分を大きく削らないようにね。

もったいないですから。

写真のむき栗は見本。

里芋

新里芋の出回る秋~冬にかけてが

一番おいしい時期ですね。

買うときは、泥つきで、かたくしまった、

皮の薄いものを選びます。

皮をむいて売られているものは、

炊いても柔らかくなりませんから

おすすめしません。

*泥は、タワシで洗ってくださいね。

真昆布です。

落し蓋をして、静かに煮含めて。

大根おろしにつかった大根、

皮はきんぴらに。

少量でも、小さなおかずになります。

箸置きは、紅葉(萩焼)

 

 

教室終了後、

今日のだしがら昆布は、佃煮に。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めの一歩教室 2016年... | トップ | 初めの一歩教室 2016年... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む