きのくに国語の会

小学校の国語科授業について2ヶ月に1回程度の研修会をおこなっている本会の活動を紹介するブログです。

公開研究授業の授業者及び教材の決定と第47回の開催について

2016-10-17 20:06:09 | 日記
来年2月11日(土)に開催を予定している公開授業研究会の授業者、教材等が決まりました。
授業者:和歌山市立高松小学校 足立昌子先生
教 材:『にせてだます』(学校図書3上)
児 童:和大附属小3年生の希望者30名程度

あわせて、次回、11月5日(土)14:00~16:00に予定している第47回きのくに国語の会の開催についてお知らせします。

第1部では、いずれも11月16日(水)に授業公開を予定しているお二人の先生より、「こんな授業を予定しています!」というプレゼンテーションをしていただき、参会者からの意見・質問を受けていただきます。

【提案者①】泉南市立西信達小学校 田仲彩子先生(教材『お手紙』光村図書2年下)
【提案者②】和歌山市立新南小学校 森山裕樹先生(教材『百年後のふるさとを守る』光村図書5年)

第2部では、2月の公開研究授業に向けて、説明文教材の授業づくりを一から始めていきます。「教材化」のプロセスを一緒に学べる機会にしたいと思っています。

先生方の参加をお待ちしています。
参会を希望される先生は、携帯メールにて、hirosusa@gold.ocn.ne.jp 副代表・須佐まで、参会の希望・お名前・所属・担当学年等を明記の上、送信してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第46回きのくに国語の会を開... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。