月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

緑色のタケリタケ

2016-09-19 22:52:41 | キノコ
多少キノコに詳しい方ならタケリタケという名には心当たりがあるかもしれない。なんか名前からして少々いかがわしいが、見た目もやっぱりいかがわしいので、仲間内でちょくちょくネタにされるキノコである。

実はタケリタケというのはキノコの名前ではない。ヒポミケスというカビにやられて奇形になってしまったキノコ(たいていイグチやテングタケ)の総称である。ヒポミケスのことを「タケリタケキン」とも呼ぶが、それが一番よく実態を表しているように思う。

さて、図鑑によく載っているタケリタケは橙色のものであるが、ヒポミケスにもたくさん種類があるので、タケリタケも一種類ではない。

三重近辺には分布していないからか、残念ながら橙色のタケリタケは見たことがない。そのかわりに、緑色っぽいものに出会うことがある。

これはテングタケの仲間に寄生したもので、傘は開かないまま固まってねずみ色のざらざらした状態になり、さらに全体的にアオカビ色を帯びる。


いかがわしくはないが、かなりアヤシイ感じ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひめうぐいすいぐち | トップ | そらいろたけ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぱ)
2016-09-20 06:14:09
なんというかキノコ怪人?
Unknown (鳥居)
2016-09-21 00:43:51
ぱ さん
2枚目の写真、ヘルメットの下に顔があるように見えなくもない!?

コメントを投稿

キノコ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。