月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

ぼだいじゅ

2017-06-13 22:15:46 | 植物
近所のお寺のボダイジュが開花した。

菩提樹と言えば、ブッダが木の下で悟りを開いたという逸話で有名だけど、あれ(インドボダイジュ)とは葉っぱが似てるというだけでまったくの遠縁らしい。

かなり強い芳香を放ち、たくさんのハチやチョウを引き寄せていた。



へら状の葉っぱのようなもの(苞と呼ぶそうな)の中ほどから花の房が垂れ下がる独特の構造をしている。


ところでボダイジュの花の匂い、どこかで嗅いだ匂いだなぁとおもったら、アレだ!腐ったナガエノスギタケと同じニオイ(さわやかサワデー臭)だ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おおきんけいぎく | トップ | すすほこり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。