月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

くろちゃわんたけ

2017-05-17 23:57:34 | キノコ
クロチャワンタケ(かも)。

炭のように真っ黒でゴツゴツした質感の小型のチャワンタケ。直径1センチもないくらいなので、ふつう見逃す。
針葉樹林地上、と図鑑にはあるが、詳しい人によれば広葉樹林や竹林内にも生えるらしい。この写真のも広葉樹林だった。どうやら木の細い根っこに取りついているようだ。菌根ではなく分解する方だろう。

実は、初夏に生えるクロヒメチャワンタケというのもあって、正直、肉眼では見分けがつかない。だからクロチャワンタケ「かも」だ。


この時期はキクラゲ類やマツオウジ、カンゾウタケなんかを除けば、極小キノコでなんとか凌ぐしかない。近所にウッドチップ公園があればもう少し違うんだけどなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サツキもち病菌 | トップ | のびる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さえ)
2017-05-24 18:40:56
こここ、こんなに黒いチャワンタケがっ!!!✨
Unknown (鳥居)
2017-05-25 20:30:45
そう!炭のように黒い!

ちょっとグリルで焼きすぎて焦げたのかも・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。