感謝する技術士 生成くんのビジネス創出の視点

建コン技術士として感謝の視点から新たな提案

考えているかどうか

2017-05-15 13:50:49 | 技術者視点
いつ何時も考えているかどうかで大きな違いを生むことが出来ます。
ずっと、そのことだけを考えているのではなく、
頭の片隅においておくのがちょうどよい状態です。

そして、関係のある情報に出会ったときに、
「ハッ」と気づくのです。

常に意識して考えておくこと。
あるいは、こうあればよいのにという願望でも構いません。
いろいろ考えて、ここぞというときに備えておきましょう。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵本「土石流のチカラ」 | トップ | 最上位概念 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。