感謝する技術士 生成くんのビジネス創出の視点

建コン技術士として感謝の視点から新たな提案

悔しい気持ちが成長させる

2016-10-18 07:53:04 | ビジネス創出
悔しいと思う気持ちは大切です。
残念な結果であった場合、
「まぁしょうがないか」
という気持ちでは次に進めません。
そういう気持ちになる場合は、準備段階ですでに負けていたのでしょう。

必勝を期して、全力で準備して負けてしまうと、すごく悔しいと思います。
それは全力で準備したからです。
相手との力の差は関係ありません。
オリンピック選手の敗北した後のコメントを伺えばわかります。

悔しい気持ちがあるからこそ、次に進めます。
どうすればよりよくなれるのか。
いいアイデアが生まれるのか。
悔しい気持ちが、頭や体を動かしてくれます。
次回勝てる保証はありませんが、
現在よりは大幅にレベルアップして挑戦できるでしょう。

野球の元野村監督はいつも悔しい気持ちで、
次こそはと頭と体を動かしていたそうです。
その気持ちが普通の選手を超一流の選手に成長させました。
その著書には、多くのことを学ぶことができます。
古いと言われますが、今もそうだと思います。

悔しい気持ちから発せられるチカラは、目標を達成するまで消えません。
それを継続すれば、新たな道が開けます。
よいビジネスを見つけることができると思います。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本シリーズ | トップ | 黒田投手の引退 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。