感謝する技術士 生成くんのビジネス創出の視点

建コン技術士として感謝の視点から新たな提案

尊重

2017-07-13 08:06:59 | 感謝の視点
仕事を行っていると意見の対立が多々あります。
どちらかが譲らなければなりません。
こちらの主張を通すときもありますし、
生成くんにとって、残念なときもあります。
でも、それで相手を嫌いになることはありません。
長い時間対立することもありますが、結論が出ればそれは終わり。
また元に戻ります。

常に相手を尊重する考えに基づいた視点を持てば、
「人」を嫌いになることはありません。
「仕事のやり方がいやだ」ということはあるかもしれませんが。
そしてそのやり方はあくまで自分の常識に立ってのこと。
もしかすると、生成くんのやり方が珍しく、
相手のやり方が世の中の常識かもしれません。

ひとつの仕事と人は全くの別物。
いやな思いをすると嫌いになれば周りから人はいなくなります。
ラグビーの言葉で少し前に政治の場でもでてきた、
「ノーサイド」という言葉。
この精神を大切にしていきたいと思います。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事のやりかた | トップ | 万全の状態 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。