Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

メンテナンステーブル 端材で作りました

2017-03-11 20:22:01 | 製作・加工
先日バイクショップの棚を作りましたが少しだけ材料が残りました
その端材で整備をする時に有れば便利な小さなテーブルを作りました





材料の残りと言っても大した物は有りません 寸三(35mm 角)の木材と
400mm 角くらいのコンパネが何枚か有ります それらを切り落し外枠を
作りました




これは私が随分前に作って結構便利に使っています






メンテスタンドで整備をする時に足元にこのテーブルを
移動して工具などを乗せています 台の下にはキャスターを
付けているので移動は自由自在






作った枠にコンパネを取付け形にして行きます
以前は中々真四角に造れなかったのですが
最近は多少ましな物が出来て行きます




最後の天板を乗せて予定していた形の物は出来ました




次は底板の裏にキャスターを取付けます
4 個共自在のキャスターです



 


ベアリングについオイルを注したくなりますが
我慢しました






コンパネの厚みが 12mm なのであまり長いビスは
使えません 12mm の皿ビスを使っています




以前の物と並べてみました 今回作った方が遥かに
しっかり出来ています 多少腕が上がったかな(笑)






一応カンナを掛けて面取りはしていますが ペーパーを
全体に使い表面も綺麗に整えておきます こんな物でも
角が当ると痛いですからね






さていかがでしょう 大きさは300×400 高さは 385mm
先日作ったバイクショップの棚の下に格納出来る大きさに
しています 要らないと言われたら持って帰って自分で
使いましょう





何の脈絡もありませんが 靴を頂きました、ちょっと地味かな・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 JCF 公認審判員 継続申請

2017-03-09 20:08:08 | 自転車競技
自転車競技に係わる自転車競技者や審判員は日本自転車競技連盟 JCF にその届けが必要です
今年度より申請方法や有効期間が従来より変更になっています






まず継続申請は従来の加盟団体を通じて行い
登録料の支払いは所属団体が指定する方法と

JCF の申請専用サイトから Net で手続きを行い
登録料の支払いをコンビニかクレジット決済で行う
二つの方法になりました 
双方申請期間は 2/1~3/30 迄です 新規登録は
4月1日より開始されるそうです




登録ライセンスの有効期限が 従来は
本年4月1日から翌年3月31日だったものが
当年1月1日から当年12月31日までに移行します

今年は移行期で前年度の有効期限が 3/31まで有り 
今年度のライセンスは 4/1~12/31 までの有効期間の為
登録料は概ね 3/4年分となっています




登録料は加盟団体を経由する場合 この兵庫県車連の様に
JCF 以外の手数料が必要な所も有るので自身が加盟している
団体に依り異なります Net申請の場合は全国共通の料金です
但し新システムの利用にあたりシステム利用料及び決済手数料が
発生します

私は Netで申請しクレジット決済にしましたが その費用は
システム利用料 270円 決済手数料 60円 合計330円(税込)
でした




現在のライセンスは紙に印刷されたものですが
今年度より樹脂製に変り 顔写真は必須では
有りませんが希望が有れば申請出来ます

私は写真のデータを PC から指定された
メールアドレスに送りました




私の最初の審判員登録は 1978年で今年で39年が過ぎ
40年目になります 今迄も変更は色々と有りましたが
今回はそのどれよりも大きな変更だと感じます





考えたら随分長くやって来たものだと思います 全国の試合に出掛けたり県大会を
中心になって運営していた時期も有りました もうその様に表に出る事は有りません
でも出来る間はお手伝いをさせて頂きます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイクショップの 開店準備

2017-03-06 18:07:14 | よもやま話
兵庫県西宮市に新しく自転車店がオープンする予定です 私がお店をする訳では有りませんが
お店の内装の一部をお手伝いする事になりました





私の本職は良く間違われますが自転車屋さんでは無く 給排水衛生設備の設計施工
馴染のある言い方をすれば水道屋さんです 今回の依頼は新店舗の商品棚を作って
下さいと・・・ これも本職では無いのですが出来る範囲の事をさせてもらう事になりました






事前に現場を実踏(じっとう=現地調査)し相手の希望を
聞き、使う材料や必要数を考えて材料を選びます






棚の天端にはコンパネを使いますが 品質に差が有るので
上から撥ねて行き出来るだけ状態の良い物を選びます
これは他の材料も同じです






コーススレッドは木工事用のビス 金折れも少し使います
この様な物は建築金物と呼んでいます






今回は先方の希望で蝶番を使い簡単な扉も付けましょう
扉の保持はマグネットキャッチを使います






ボンド類も沢山種類が有ります 木材同士の組立てには
木工ボンドが想像以上の強度を出します ただこの手の
接着剤は床に使っては駄目ですね 音鳴りの原因になります




出来るだけ事前に準備を済ませ工事の約束日に現地に来ました
今の処、兵庫県西宮市里中町とだけ書いておきます また時期が
くれば詳しくご紹介しましょう






私の車は水道工事用に仕立てていますので やはりこの様な材料は
積み難くて大変です 道具類も積み替えて来ました






すでに幾らかの自転車や荷物が入っていますが
作業場を確保する為にお店の奥に集めてもらいました
下の写真の窓際に棚を作ります 間口は 3m 弱です






朝から墨出しをし、簡単に用意して来た図面を見ながら
仕事を進めました 室内の矩(かね=直角)が出ていなかったり
壁の立ちが悪かったり(垂直に立っていない)で工作を始める迄に
結構時間が掛りました そして一日目はここまで、ほぼ予定通りです






もっと自転車が有りましたが木材を切る時の木屑が自転車に
良く無いので他所へ持って行ってもらいました 特にチェーンに
木屑が付くのは良く有りません この Pawer MAX パワーマックス
ただの自転車屋さんで無いのが分りますね






二日目の開始です 木屑は絶えず掃除しながら作業を進めています
足元が汚いと自分の足でそれを他所へ運んでしまいます 時間は
掛りますが現場を汚さない為にはその方が良いですね ここで
お昼にします






そして夕方一杯に予定していた物が完成しました 相談を
受けた時に本職の大工さんにしてもらったら? と言ったの
ですが、私の自転車小屋の棚を見てこんな手作り感が
良かったらしいです 私が作れるのはこの辺が限界です





私が作業を進める中女子選手が室内トレーニングに来ていました 今回の店主、濱中君が
指導しています 仕事をしながら話を聞いていましが実に理論も良く勉強しています
そして多様な練習メニューを提案していました 自転車選手を実践的に指導出来る高い
能力を持っていますね 彼自身も自転車選手でスポーツマスターズのケイリンで 2 連覇
している選手です 彼女はこの後パワーマックスでハーハーゼーゼー言っていました(笑)





最近は色々な情報に触れる事が出来理論は幾らでも拾う事が出来ます しかしそれを自分自身が
実践し、高い次元で人を指導するのはやはりその能力が必要です 自転車競技場でも彼のそんな
姿を見ていますが良い物を持っています 今年から新たに実業団チームを発足させたそうですが
少し面白い存在になりそうです

お店の詳細は 【 CYCLE LAB FRONTIER サイクル ラボ フロンティア 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイクに ペダルを取付ける

2017-03-03 20:24:35 | 自転車整備 ペダル
先日ペダルキャップが壊れキャップを取り替え 同時にグリスアップを行った
古くから使っている Campagnolo のペダルをロードレーサーに取り付けます





古いのはペダルだけでは無く全てが 40年を越えた自転車です






何時も天井から吊って保管していますが保管中に
ペダルキャップが壊れました グリスアップも行い
とても調子の良いカンパニョーロの鉄ペダルです








ペダルの取付けネジにはグリスを塗っておきます
汚れを呼び難いサラッとした Super Lube です
ただネジにグリスを盛るだけでは無く丁寧に
ネジの谷間に塗り込んでいます






左側のペダルの取付けネジは逆ネジです クランクの
ネジを傷めない様にネジを入れます




最後はペダルレンチで良く締め込んでおきます
ペダルって結構緩む事が有るのでしっかりと・・
ネジが緩むと走行不能になる様な部分のネジは
気合を入れて作業をした方が良いですね




はみ出したグリスは拭き取っておきます






ペダルキャップは純正では無くなりましたが これは
仕方が無いですね確実に使えたら OK です





散歩をしていると赤くて可愛い花が咲いていました 四季咲き薔薇と言うのでしょうか
少しづつ過ごし易くなって来ましたね 選手達はレギューラーシーズンに向け乗り込んで
いる事かと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラック用 ペダルと レーサーシューズ

2017-02-27 20:02:29 | 自転車部品・用品
最近はペダルと言えばメーカーを問わずビンディング機能を持った物が多数を締めていますが
まだトラック競技では従来のペダルとシューズを使っている選手も居ます





自転車のペダルと言えば本体の前後にプレートが付いたこの様な物が使われていました
これはトラックだけでは無くロードレーサーも同じです これから現在主流になっている
ビンディングタイプに変って行きました




この様な形状のペダルにはそれ専用のシューズを
使用します




靴が専用と言うより正確には靴の底に装着する
シューズプレートと言う桟(さん)が現在の
クリートと呼ばれている物と異なります






この黄色い物がシューズプレートです 私達も桟(さん)
と呼びましたが 競輪選手の人達は良くそう呼んでいます






ペダルに装着されたトウクリップに靴を入れ
桟はペダルのプレートにハメ込みます








ペダルのプレートと桟がしっかりと入った状態です





この後トウストラップ(クリップバンド)を締めて
走行します これは比較的新しい靴で GAERNE の
KEIRIN と言う名のシューズです 新しいと言っても
10年以上は経っています





日本の競輪競走では今でもこのタイプを使います ペダルの外に外環が付いた物は
クイルペダルと呼びロード用とされて来ました 今回紹介した物はトラック用ペダルで
通用するでしょう、ただこれを好んでロードに使う選手もおり私もその一人です

試合中は一旦締めたストラップを緩める事はまず有りませんがロード練習では
信号で止まる度にストラップを緩め 走りだ出すとクリップに靴を入れ再度
ストラップを締めると言う作業を一日何度も行います





このペダルでスタンディングスタートをする時に 足(足の甲)を真上に引き上げると
シューズプレートがペダルから外れます それを回避する為にはやや踵を立てて
ペダルを捕まえる様に引き足を使います ビンディングペダルでも速いスタートを
する為には必要なペダリングですね

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加