Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

チェーンレスト 自作する

2015-10-28 20:07:13 | 製作・加工
自転車整備や自転車のホイールを外し車に積載する時に便利なチェーンレスト
チェーンホルダーと呼ぶ事も有りますがそんな備品を自作しました





電気溶接機と昇圧電源ですが久し振りに使います 少し記憶を辿ってみると
丁度三年振りでした そんなに出番が無かったのか・・




チェーンレストとはこう言う物です 私は主に洗車を
する時に使っています






溶接はその職に就いた事も手伝った事も無いので
見よう見真似の全くの素人で 幾らやっても上手く
ならないものの一つです






チェーンレストを作る為に使う材料は ベアリングの他
スプロケットやハブの回転部分の小物部品です






スプロケットですが 13t 14t 位が丁度良いですね
ベアリングは穴径 10mm 外径 35mm の物を使います




ベアリングにスプロケットをこの様に取り付けます






矢印の部分を溶接します 4ヶ所の予定です
大きなワッシャーを使いベアリングとギアを
挟み仮に止めています




溶接の熱でベアリングのケースが歪み回転しなく
なる事が有ります ただでさえ下手なのに手早く
終らせるのはかなり難しいです(泣き言ばかり 笑)




溶接の跡をルーターを使い切削し少しでも見栄えを
良くします これも溶接の腕が良ければ必要の
無い事ですね でもそれなりに面白く楽しみながら
やっていますよ





使ったスプロケットは Campagnolo カンパニョーロの 14t え~い使っとけ!でした(笑)




溶接跡も削ったので チェーンラインを出す
工作をします






色々な厚さのロックナットとこの小さなチューブカッターで
アルミのパイプをカットしスペーサーを作ります その長さで
調整しチェーンラインを決めます




次は使うクイックレリーズのシャフトの加工です






既設のクイックのネジは先端に作ってありますが
これをもっとレバー寄りまで伸ばします




新たなネジを切るのにはダイスを使います 
ネジは 5mm です






ネジ切りには切削オイルを使いながら進めます






少し切っては戻しを繰り返し必要な部分まで
ネジが切れました








折角切ったネジですが必要なのはレバー寄りの部分で
使わない部分は切り落し、先端は面取りをしておきました






加工したパーツを組み付けてチェーンレストの
完成です




チェーンレストを希望されている方に送る為
少し手を加えます 今回は木工作業です






9mm のコンパネに穴を開けたり切ったりしながら
作業は進みます






あらあら作ったのはこれですか・・・ 
折角送るのに装飾は有った方が良いじゃないですか(笑)





完成したチェーンレストを取り付けています スプロケットの位置は
トップギアと2枚目付近に調整しています シフトレバーが 1st 2ed であれば
クランクを回してもチェーンが外れる事は有りません、チェーンのメンテナンスで
クランクを回せると言うのはとても大切な事ですね フロントギアの変速も可能です

直ぐにお送りしますが気に入って下さるかな・・

ジャンル:
自転車
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自転車 洗車後の注油 | トップ | チューブラー スペアタイヤ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nori801)
2016-02-01 00:54:40
初めまして。nori801と申します。いつも楽しく拝見しております。
実は、私もこのチェーンレストを購入したく書き込みいたしました。初めての書き込みで恐縮ですが、お願いできますでしょうか?すみませんが、ご連絡お願いいたします。
nori801さん (Kino)
2016-02-02 07:43:52
初めまして コメントを有難うございます

このチェーンレストはごく限られた親しい人には作って贈る事が有りますが
商品として販売している訳では有りません ご希望に副えなくて申し訳有りません 
Unknown (nori801)
2016-02-05 09:04:49
ご返答ありがとうございました。自分で作れるかわかりませんが、見様見真似で自作してみます。ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。