Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

変速機の調整 BB の異音整備完了 CARRERA

2017-06-22 20:32:36 | ロード
BB 付近の異音整備で預かった友人のロードバイク CARRERA カレラ 今回の変速機の調整で
全ての整備が完了します





CARRERA ERAKLE TS イタリアのブランド カレラのエラクルと言うシリーズのフレームです
BB 付近で異音がするという事で整備を進めてきました 前回ディレーラーの取付け用台座
リプレイスエンドの調整を行いました それに付随した変速機の調整を行いましょう






手が油で汚れているのでまずそれを綺麗にします
洗車で使う洗剤 シンプルグリーンを希釈した物を
何時も使える様にしています






変速機は Campgnolo CHORUS 11S が使われています
前回エンドの調整を結構行ったので プーリーの位置が
ずれていてもおかしくありません






エルゴレバーを動かし変速機をトップの位置にします






ガイドプーリーがトップより少し外に寄っています
これはエンドを外側へ修正したので一応想像はしていました
ワイヤーの張りも少し緩いでしょうか






レバーを動かしても 2 枚目に変速しませんでした 
トップ位置を少し内側に調整します ワイヤーも
アジャストボルトで張ってやります






ゆっくりとローギアまで変速しスポークとプーリーケージが
接触してないか確認しています






何度もチェンジを繰り返し微調整をしました






フロント側は概ね良いですが 少しだけ触ります






リアディレーラーの位置調整ボルトはアーレンキーを
使いますが フロントはドライバーが必要です




カンパはあまり得意ではありませんが 前後ストレス無く
変速出来る様に調整が済みました






長く外していたフロントホイールを装着して
今回の整備は終了です




メンテスタンドから降ろします




自転車も久し振りに下へ降ろしてもらえました
これで実走し音鳴り、変速機の状態を確認出来れば良いのですが
残念ながら自転車が大きくて脚が届きません







今回の整備は BB の音鳴りと言うだけで、私も乗ってその状況を確認していなく
原因が解らないまま整備を進めました BB 周りの回転部分を分解し確実に組み付ける方法で
整備を行いましたがこれで音が止っているのか まだ解りません本人に乗って確認してもらいます 
整備をした感覚ではウルトラトルクのベアリング その右側が怪しかったかな・・・
皆さんには長くお付き合いを頂き有難うございました

前回の作業 【 ウルトラトルク フィキシングボルトには ロックタイトを使う 】

この整備の結果はこちら 【 CARRERA カレラの 引き渡し 】

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルトラトルク フィキシン... | トップ | 新たな依頼 フレーム塗装 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ロード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。