Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

キャットアイの心拍計 不整脈でも使えるのか

2016-01-24 20:30:09 | 自転車部品・用品
少し前の記事で私に不整脈の症状が出ておりサイクルコンピューターの心拍計が
正確な数字を表示しないとご案内しましたが その後、古くなると誤動作をすると言う
装着ベルトの交換をしてみました さてその結果はどうだったのでしょうか




私が使っているサイクルコンピューターは CATEYE キャットアイ CC-TR310TW と言う
スピード、ケイデンスに併せ心拍数も計測出来る商品です これは2013年1月ロードバイクに
取り付けています 心臓に疾患が見つかり主に心拍数を管理する為に使用していました
そして 今年になってから新たに不整脈が出ていると病院で診察され脈拍が5回に一度位の
割合で脈に触れる事が出来ません それに併せコンピューターの心拍数が異常な数字を
表示する様になりました




その様な記事を書いた処読者の方から 心臓に疾患が
有る訳では無いのですが心拍数の表示が不安定になり
モニターの装着ベルトを交換すれば正常になったとの
アドバイスを頂きました






それなら私の場合も問題が解消されるかと 新しい
装着ベルトを取り寄せました 定価が800円の補修
パーツです




使っていると絶えず洗っていても形が崩れてくるので
新しくしたいと思ってたので良かったです




アドバイスを頂いたコメントには 異常をきたすベルトは
電気的な抵抗が凄く大きくなっているとも仰っていました
新旧を測ってみると 成る程新しい物に比べ古い物は
かなり大きな数字をテスターが表示します 新しい物に
比べ古い物は 10倍以上の数値が出ました




新しいベルトに交換し早速試してみましょう





結論から言うと駄目でした 一秒に一度更新される心拍数の表示がシッチャカメッチャカです
64 65 75 0 65 なんて言う様な数字が出ます これはベルトを変える前より激しく変動する様に
なりました 交換前より敏感に不整脈を測定していると言う事でしょうか 私の場合安静時には
5秒に一度程度貧脈が起るので、そこをセンサーが計測出来なければ 心拍数の表示に異常が
有っても仕方はないかと思います





私が使っている心拍センサーキット HR-10は 不整脈が有る人では正確に心拍数が
計測出来ないかも解らないですね この商品を決して批判している訳では有りませんが
少なくとも私の身体では使えません
もうヘルメットが必要な走り方では無くサイクルキャップが似合う走り方をしなさいと
言う事なのかな・・ いやいや心臓の状態を何かで管理出来るならまだまだ行きますよ(笑)

前回の記事 【 サイクルコンピューター 心拍数と不整脈 】

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Shimano ULTEGRA BR-6800 | トップ | 自転車用語 ハウス ハスルとは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。