Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

Campagnolo シャマル ウルトラ フリー分解

2011-08-26 20:30:46 | 自転車整備 フリーホイール
カンパニョーロの完組ホイール Shamal Ultra シャマルウルトラ
この間まで前輪の整備をしていました まだ未使用のホイールですが 
今回は これのフリーを分解しグリスアップします その作業手順を
ご案内しましょう






Campagnolo Shamal Ultra カンパニョーロ シャマル ウルトラ
WO の完組みホイールで 後輪は MEGA G3 と言う
スポークの組み方がして有ります




今回はこのボスフリーを分解し グリスアップをします






フリー側(右側)と ノンフリー側(左側)の形状です






では始めましょう 今回のフリーボディを外す作業は
全て右側からの作業になります 中空シャフトの中心は
5mm の六角でここにアーレンキーを使います

その外側のロックナットにはモンキーレンチを掛けます
勘の良い方や工具の使い方を良くご存知の方は ここで
気が付かれたかな

そうですねこのロックナットは逆ネジです






アーレンキーで相ちゃんし ロックナットを緩めます
ナットがアルミなので角を舐めない様に注意をしましょう

ナットが外れました






ロックナットの奥には 20mm 程のアルミのスリーブが
入っています これは引っ張れば抜けます






これでフリーボディを引っ張れば抜けるはずです
少し抵抗が有りましたが それ程苦労する事なく
抜く事が出来ました

フリーを分解する時は何時もこの瞬間は緊張します
何か おかしな物が飛び出してこないか?って(笑)




フリー内部のシャフトです 前輪と同じ材質かな?






フリーのラチェット部です 爪は 3本ですね






フリーの外側 シールドベアリングが見えています
ラチェット側 奥にもシールドベアリングが使われており
2個のベアリングでフリーボディは支えられています

グリスを取ってみましたが カンパの白いグリスより
まだサラサラ感が強いグリスですね






スプライン部は 30山 奥に見えている白いものは
ハブ本体回転部の防水シールで この奥にベアリングが
有ります




フリー部のシャフトですが フリー内部のシールド
ベアリングを受ける所は 太くなっている部分です






さて室内でフリー本体を観察し 分解しましょう
フリーボディでの駆動部はラチェットの爪が三つ
その動きを助けているスプリングが この溝の中に
入っています






そのスプリングを外します かなり細いバネで
あまり無理はしない方が良いですよ






フリーボディの穴に バネの片方の曲がった部分を入れ
そこからスプリングが 3ヶ所の爪を押さえながら 一周
しています

この方法は昔のボスフリーの頃から良く使われている
構造です






ラチェットの爪を取り外した フリー本体ですが
切削加工後の仕上げがあまり良くないですね 
バリを指先に感じます 敬愛するカンパニョーロ
どうしたんだ・・ トォーリオが居ないと駄目なの?




フリーボディと取り外したバネと爪






爪の外側と内側






この写真は何の意味が有るんだ?なんですが
 
良く観察しないと見落とす処です この爪には上下の
方向が有ります この爪には小さな突起が有りますが
その突起の出代が上下の写真で違います

上の突起の大きな方が フリーボディー側ですが
これは組み付ける時には 自然にそうなりますね
ここでわざわざ書く事も無かったな・・ はは





カンパニョーロ シャマルウルトラのフリーの構造でした 特に難しいフリーではなく
昔から良く使われているボスフリーですね ただ空転させるとかなり手応えが有ります
この後 出来るだけの事をしてみます では次回の清掃〜組み付けをお楽しみに・・

フロントハブのメンテナンスはここから 【 カンパニョーロ シャマル フロントハブ分解整備 】

次の作業 【 カンパニョーロ シャマル フリーハブ分解整備 】

ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« マリーさん来訪 愛車 Orca オル... | トップ | 試合前の 出張整備 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hiro)
2011-08-26 22:10:55
こんばんは。

最近のカンパは昔とは違い精度はかなり落ちてます。
昔はシマノやサンツアーの方が悪かっただけな気もしますが・・・

昔からやっている人はカンパ信仰者がとても多いですね。

世界的に売れているのはシマノですし、近年カンパを使っているチームも大分減少しました。寂しい限りです。
hiroさん (Kino)
2011-08-26 22:55:49
コメントを有り難うございます

そうなんですか 今はカンパは売れていないんですか?

精度が昔より落ちるとは 具体的にどの様な部分なんでしょう 
何か裏付けの資料なんかをお持ちまんでしょうか 大変興味が有るお話です

カンパ信者・・
サンツアーがコンペテイションを作っていた頃
シマノには 試合で使える変速機なんて無かった
じゃ海外は 
45年前位にはまだフランス部品も試合会場で見る事が出来ましたが その後数年で全く使われなくなりました

そんな時代 カンパはすでにRECORD と言う素晴らしい高性能 高精度の部品を製造していました
試合で安心して使える部品を求めると自然とカンパに行き着くんですよ

その頃のカンパには妥協せずに良い物を作ってやろうと言うのを感じました そして美しい
こんな時代に自転車に親しむと自然とカンパ派になるんじゃないでしょうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。