Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ブレーキの交換 取り付け

2013-12-10 20:07:50 | ロードバイク スプートニク
ロードレーサーのブレーキの取替えをするのに 前回は少し手入れをしました
今回はそのブレーキ本体を取り付けしましょう





今回取り付けるブレーキは DURA ACE BR-7403 少し古いタイプですが
私のロードレーサーには相性が良い様です






普段外さないブレーキ こんな機会にワックスを
掛けておきましょう




シートブリッジは良く汚れが付着する部分 少しは
気遣ってあげた方が良いですね






ブレーキ本体にギザワッシャーを付けてフレームに
装着します




あら、シューホルダーがシートステーに当ります
これはいけませんね・・






いざ、ここに使うスペーサーを探すと中々有りません 
こんな時の為に幾らか買い置きをしています 
何時手当したのか記憶が薄いのですが多分シマノの
純正パーツだったと思います






このワッシャーを一枚使い




フレームに取り付けると丁度良かったです






シートブリッジの裏側からナットで締め付けます






ここでは 5mmのアーレンキーを使いますが
シートチューブに当るので短い奴が良いかな?






本体を取り付けたのでワイヤーを有る程度
張っておきましょう






ブレーキシューやワイヤーの張り代の調整はこれから
行うので ここでは本締めにしなくて良いですよ






ブレーキシューの位置やトウインの調整を行います
白い紙はトウインにする為 ゴムの後ろ側に適度な
厚さに折って挟んでいます






ブレーキシューの位置はリムの上端から 1〜2mm下へ
下った位置で絶対にタイヤに当る様な事をしてはいけません
そして必ず必要では有りませんが ややトーインに調整
します これはブレーキの鳴きを抑える効果が有ります




最後にブレーキのセンターを出しナットを本締めします
センターとはリムとブレーキシューの間隔を左右揃える
事で 一旦緩めた取付けボルトをブレーキレバーを強く
握り再度ボルトを締めるとほぼセンターは出ます






微妙なセンター調整は本体アーム上部に有る
アジャストボルトで行えます 3mmのアーレンキーか
マイナスドライバーが使えます 但しこのネジで調整
するとブレーキシューの高さが変わるので微調整で
留めた方が良いですね




はみ出した油脂類はウエスで綺麗に拭き取って
おきましょう






これでリアブレーキの取替えが完了しました ブレーキの
インナーワイヤーの端末処理をハンダで行っています 
この処理は何度でもワイヤーの抜き差しが出来るので 
この様な時には助かりますね




取り外した BR-7700 これは又保管しておきましょう





この日はお天気も良くとても気持ちの良い日でした





前後のブレーキを交換しとても良くなりました 私が使っているリムは ARAYA ADX-1
本来トラック競技用のリムなのでブレーキの当り面の事まで考慮されていません
現実にブレーキシューの半分程度の面積しかリムに触れていないと思います

私がブレーキが全く効かないと言うのは皆さんが想像なさっている以上の状態じゃ
ないかと思います でもこれで安心出来るレベルまで改善されました、良かったです

前回の作業 【 ブレーキの交換 手入れ 】

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本記録と世界記録 | トップ | アクセスが 1500万件を超えました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。