Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

エミネンザ Eminenza カーボン ボトルゲージ

2013-06-05 20:13:45 | ロードバイク スプートニク
横浜山王スポーツが販売している Eminenza エミネンザシリーズの
カーボンボトルゲージです ここはお安い価格帯のカーボン製品が
色々と用意されています





これはエミネンザ カーボンボトルゲージ BOT-65 重量 23g お値段 3360円です
この他に 5種類程商品が用意されていますが他の商品も同程度の価格帯ですね




Web サイトの写真を見ていて ボトルゲージの
この黒い突起は何だろうと何時も思っていました






私と同じ様に思っておいでの方もいらっしゃるでしょう
これは付属されたボルトをこれで止めて有ります
素材はゴムらしい物です これでスッキリでしょ?(笑)






外側が黒いカーボン柄 内側がシルバーのカーボンで
数種類ある中でこれを選んだのは この形が私の好み
と言う単純な動機です






今迄に何度かボトルゲージの交換を試み ボトル
同士が接触し上手く行かなかったロードレーサー
今回は上手く行くでしょうか






では新しく用意した物に交換しましょう 実は
ダウンチューブに使っているのと同じモデルです




ボトルゲージを外し 普段掃除が出来ない部分を
綺麗にしましょう ワックスも掛けておくと良いですね




この取り付けボルトにはワックスを塗っておいた方が
絶対に良いですね ボルトより直付けのメスネジの
腐食が起こると大変面倒な事になります

ここが錆びて脱落したなんて事も聞きますが そうなれば
簡単に修復出来る所ではないですから






取替え自体は難しい作業では有りません ネジを
確実に締め込むだけです 以前のゴールドより随分
すっきりしました でもこれで安心してはいけません






ボトルが 2個とも上手く収まるか確認 今回は
セーフです






こちらのツールボックスはいかがでしょう
ピッタリ 測った様にギリギリです






縦のゲージにボトルの出し入れは出来るのか う~ん 
トップチューブを擦りながら入るのは入ります
ちょっと嫌だ・・






こちの少し長いボトルは かなり無理をすれば入りますが
止めておいた方が無難でしょう






私などが使う小さなフレームではボトルが上手く収まらない
と言う事は良く有り ここで悩んでいらっしゃる方も多いの
じゃないでしょうか 

今回の様にボトルの頭がトップチューブに当る場合 
ゲージの開口部が違った形状の物を選ぶ事でクリア
出来る事も有りますね





出来るだけ手元に有る物で自転車を組み立てる これは昔からこの様にしてきましたが
今回の様に見た目を考えるなら ある程度の予算を持っていた方が良いですね

エミネンザのボトルゲージ、他の物と比べると結構お安いと思いますが
機能的には問題も無くこの辺りの物で充分じゃないかと思います

ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間の有る時に 靴のチェック | トップ | ロードバイク ハブのグリス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
横抜きゲージ (横尾)
2013-06-06 08:59:20
小さいフレームの方用に、ボトルを横に引き抜くゲージ有ります。 もっと安いのも有りますがこんな感じです。
http://www.cb-asahi.co.jp/item/40/00/item32411500040.html
右抜き用、左抜き用って分かれたのも有ります。だいたい利き手によっていつも同じ方向から取りますから、いいかも知れませんね。
横尾さん (Kino)
2013-06-06 09:27:14
貼って頂いた奴は エリートのカーボン製ですね
これは恰好が良いですね これなら見栄えも良さそうです

以前にやはりエリートのアルミの横出しのタイプを買ったのですが
一旦付けたものの何か使い難くて 使わずに外した事が有るので
横型は選択肢から外していました

横尾さんの様に身長が有る方は 私達の様な事で苦労される事は無いと思いますが
小さなフレームしか使えない人達ってここで結構無駄な出費をしてるのじゃないかな?(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。