Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

自転車用語 舟 フネ

2016-02-21 20:55:27 | 自転車用語 言葉
自転車を語る時には色々な用語が使われます その中には何の事だろうと
思う物も有るかと思います 今回は舟 皆さんは解りますか?





これはシマノのブレーキシューセットです これを何時からそう呼ぶのか
私には解りませんがシマノでは BRAKE SHOE SET と表記されています






シューセットは金属のシューホルダーと
ゴム質のシューから成り立っています




シューセットを分解するとこの様なパーツが
使われています






これが 舟(フネ)です、ブレーキゴムの舟 少なくとも
50年程前からその様に言っていました、もっと前から
使われていた用語なんだと思います 
シマノさんはこれをシューホルダーと呼ぶ様ですが、
それは何時頃の事からか私には解りません




そしてこれはブレーキゴム これもシマノはシューと
言っています それを始めて聞いた時、少し違和感が
有りました 確かにバンドブレーキはブレーキシューと
言いましたが あのアスベストを使った物がシューだとの
感覚でした




これは分解した舟をシンナーに浸けています
少し塗装をしようとしています





世界的に影響力が大きなシマノさんがマニュアルや商品名に SHOE や SHOE HOLDER と
案内しているので、今はそれが通り名になっているでしょうね
でも古くから使っていた言葉 ブレーキゴムの舟 どうぞ記憶に留めておいて下さい

ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウターケーブルの交換と ... | トップ | Super Lube Multipurpose Gre... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舟っていう言い方もあるんですね。 (ザ初心者)
2016-03-07 09:07:43
とっても文学的な表現ですね、何でもかんでも横文字をカタカナにするのはちょっと味気ないなと日頃より感じてました。映画でも昨今は世界同時上映などで、編集の都合上、作品を読み解いて字幕をつける時間が無いものも多く、最新映画は吹き替えが主流でちょっと残念だと字幕翻訳家の戸田奈津子さんもおっしゃってました。(昔は日本上映まで1年近く猶予?があったそうです。その為原題「Summertime」が邦題「旅情」とか)
ザ初心者さん (Kino)
2016-03-07 20:33:51
日本では舟とゴムで充分通用しますが 海外の人との交流が増えてくると 自転車文化が後進の日本は海外に習うと言うのも自然だとも思います

ただこの舟も シマノはシューホルダーと言っていますが 一方の雄、カンパニョーロはブレーキシューと表記しています
その辺も踏まえ言葉を選ばないと会話が成立しないという不思議な世界です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。