Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

MAVIC マビック純正 フリー ホイール オイルとはこれ

2015-11-06 20:07:05 | メンテ 用品
現在は完組ホイールで有名な MAVIC マビックがフリーホイールのメンテナンスには
純正オイルを使う様に案内しています そのフリーホイール ボディオイルはどの様な
物かご案内致します




今迄にマビックのフリーホイールのメンテナンスは何度もやっています
自分自身が使うホイールには手持ちの潤滑剤を使い整備をしていましたが
何時までもそう言う訳にも行かず 今回純正オイルを取り寄せたので一緒に
見てみましょう






表に商品名のシールが貼られた透明なケースから
オイル容器を出しました 容器全体にビニールで
養生がして有ります






購入店の説明では 日本国内正規代理店の商品
だとの説明です
ビニールを剥しました、容器の片方にシールが
貼って有り裏は何も有りません






容器のシールと 容器の先端






先端にはキャップがして有りそれを外すと
注油先が見えますが 新品の状態では穴は
開いていません キャップは差し込んである
だけです






容器の注油口になる蓋を外してみると内側に
しっかりしたパッキンが入っています ここの
仕舞いが悪くオイルが漏れる容器が多い中
これは好感が持てますね






オイルが出せる様にまずノズルの先端に穴を開けましょう
オイルが出過ぎるのはとても使い難いのでまずはこの位から
これはクジリと言う道具でめうちや千枚通しよりしっかりして
います






クジリで先端に穴を開け オイルの出加減を見てみます
少し少なくこれでは容器を強く押さないとけません








2mm の鉄工キリで穴を開け直しました 試してみると
これで丁度良さそうです






マビックのフリーホイールオイルがどの様な物か
他のオイルと比べてみます 今迄整備をした中で
純正の代用が出来そうな物を選んでいます








用意したステンレスのパレットの上へ順番に
オイルを少量出して行きます






Super Lube スーパールーブの万能オイル フッ素が
添加されているので容器を良く振って撹拌します






オイルを普段使う状態にしてからパレットに出しました








同じく Super Lube の超耐久チェーン潤滑剤
SPIN スピンオイル シマノ PTFE LUBE の順に
パレットに出します






それぞれのオイルを出しこの様な状態です まず
粘度を見てみましょう






パレットを傾けオイルがどの程度流れるのかを見ます
アナログな方法ですがオイルの硬さが解ります




オイルに依ってこれだけの違いが出ました






オイルがどれだけ流れたのか測っています マビックの
純正オイルに近いのは シマノの PTFE LUBE です

余談
これは私の感覚ではちょっと意外で シマノのオイルは
もっと柔らかいと思っていました そして Super Lube の
多目的オイルが逆にこんな柔らかいとは思っていません
でした






指先に各オイルを取って感触を感じています






パレットに塗り拡げたりもしてみました
今回これで純正オイルに近い感触を持ったのは
シマノの PTEF LUBE 次点が Suer Lue 超耐久
チェーン潤滑剤ですね






今迄マビックのフリーに、低粘度のグリス状の
潤滑剤として使った Microlon マイクロロンの
ルブリカントは やはり全く別物の感触です






フリーホイールのメンテナンスにはこのマビックの
純正オイルを使う一つの理由に フリーボディとハブ
本体の間に使われている防水シールに対して攻撃性が
無いと言うのが有ります 今回試した他社製品にそれが
当てはまるのかどうか そこまで私には解りません




MAVIC FREE WHEEL BODY OIL 99613601
マビック フリーホイール ボディオイル
容量 50ml 実勢価格 2000円程度です





マビックのフリーホイール ここのメンテナンスに使うオイルの紹介を
させて頂きました 透明感が有りややトロッとした粘度を感じるオイルでした
今回の記事が何かのお役に立てば幸いです

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第70回国民体育大会 記念切手 | トップ | 第 34回秋季タイムトライアル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。