Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ボスフリー 本体 グリスアップ・組立

2009-10-31 20:14:25 | 自転車整備 フリーホイール
SUNTOUR サンツアーのボスフリー 全て分解し、錆びていた
スプロケットの錆落としも済みました 今回は各部を洗浄し
ボス本体のグリスアップと組立を行います




ボスフリーの構成部品の洗浄を行います 使う洗い油はガソリン
どんなデグリーザーより綺麗になりますが くれぐれも火気注意!

この洗浄と言う作業は どんな自転車整備でも大切な事です




フリーと言え 少しでも良い状態に仕上げたいので
Microlon マイクロロンのメタル・トリートメントで事前処理を
行います






ボスフリー組立前の事前準備がこれで全て完了しました
これから構成部品を丁寧に組み付けて行きます






ではボス本体内部のラチェット部の 爪を組みましょう
この時 この本体全体に錆止め程度に薄くグリスを塗っておきましょう






この爪を装着する部分にグリスを塗布します ここはなるべく
粘度の低いグリスが良いでしょう 好みも有るでしょうが固い
グリスは手応えが悪くなります

今回はマイクロロンのルブ・リカントを使います 量も少なくて
良いでしょう




ラチェットの爪を納め スプリングを外から巻き込み
爪の装着は完了です この部分は次の作業まで置いておきます




次はボス本体外側ケースに スチールボールを並べます
この時にはケース内側に 錆止めに薄くグリスを塗布します

内部のギザギザ部分は ラチェットの爪が絶えず接触しますので
適量のグリスが必要ですが ここの量も少ない方が私の好みです






ボス外部ケースの ボールレースにスチールボールを並べます
この小さな鋼球を入れる時は 一杯に入れて一個抜く これお約束事

このボールにもマイクロロン ルブ・リカントを少量塗布






この外部ケースに 先程爪を組んだ内部を上から納めます
この時はどうしても爪がケースに当るので 反時計方向へ
回しながらそっと入れます 

ボールもこぼれる事なく 上手く納まりました




内部を落とさない様に気を付けて裏返します




ここで



普段はこんな事はしませんが ボールにどれくらいグリスが
廻っているか 再度ケースを外し見て頂きましょう
グリスはこの位の量で充分です




さて



裏返したら 爪の押さえと玉当り調整を兼ねたワッシャーを入れ
表側のボールレースにも スチールボールを並べます






ボールを並べ終えたらグリスを適量塗布します 

先程からボールを並べ終えてからグリスを入れていますが 
先にボールにグリスを塗るより この方が埃を呼ばなくて良い
でしょう






次はベアリングの玉押しを兼ねた 蓋を取り付けます ここは逆ネジです




カニ目レンチで蓋をしっかりと 締め込んでおきます
増し締めはこの状態では出来ないので これは最後の作業です

これでボスフリーのボス本体の組み付けは完了です
今回はグリスは粘度の低い物が良いとか 量は少なくと
言っていましたが

この理由は 固いグリスや量が多いと とても手応えの悪い
湿っぽいフリーホイールになってしまうからです どうしても
小気味良いカチット感が出ません
これが気にならない方は拘る事は有りませんから お好きな
グリスと量を使われても構わないでしょう

ただどこにもシールドされていないこのフリー 雨の中を走行すれば
中には水が入ります グリスの量が多いメリットも無い様に感じています

さて長くなってしまいました スプロケットの取り付けにも少々
注意する処が有ります 何時まで掛かるんだ! なんて叱られそう
ですが完成は次回に・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンポールで 錆落としの 不... | トップ | ボスフリー メンテナンス完了 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感心~ (BEN)
2009-10-31 23:02:52
kinoさんは慣れた作業でしょが、こちらは緊張して見入っていました。
またベアリングが落ちるんじゃ無かろうかと。
マイクロロンのメタル.トリートメント+ルブ.リカント欲しいですね~(高いけど)。
「カチカチ」っと小気味良い音がするんでしょうね。
また視聴率上がりました
真偽の程は??? (峠の山賊)
2009-11-01 06:47:10
いつもながら手際よく見事な仕上がりですね。

ところで、こんな話、ご存知ないでしょうか?
部品点数が多いフリー本体の組立は、集中力や根気のいる細かい作業になります。
前田工業があったころの話でしょうが、塀の中にいる人の矯正作業として所内でフリーが組み立てられていた、という話を随分昔に聞いたことがあります。
堺には高い塀に囲まれた建物があり、作業部門というのも存在するようですが、さて真偽の程は???
BENさん (Kino)
2009-11-01 09:47:36
おはようございます
スチールボールは ハブに限らず
形状に依っては入れ難いのが有りますが
今回の奴は大丈夫でしたよ

フリーの手応えは 出荷時の状態を再現するのは難しいですね
一度ばらすと どうしても感触が変ってしまいます
峠の山賊さん (Kino)
2009-11-01 09:50:41
サンツアーには工場見学も行きましたが
その時はフリーの組立は見れなかったです

パートのおばちゃん達が 神技でボールを入れて行く話は聞いた事が有ります

塀の中の話は知りません 入った事も無いし・・・
ありがとうございます (BEN)
2009-11-01 11:53:02
こんにちわkinoさん
素人の他愛も無い言葉にいつもご丁寧なコメントを、ありがとうございます。
お人柄を感じます。
メンテナンスすると良い事ばかりと思っていましたが、『音に限って変わる』と解釈してよろしいですか?
BENさん (Kino)
2009-11-01 20:27:00
フリーホイールの新品時は
ラチェット音が 金属が響く様な小気味良さが有るのですが

一度蓋を開け オイルアップをすると
どうしても湿りがちな音になり 響くと言う感触が希薄になってしまいます

良い方に考えたら 部品の角が取れ、当りが出て来たと言う事かも分かりません
レジナエキストラ (はすまにあん)
2016-03-27 02:29:34
おせわになります。レジナエキストラの取り外し。スプロケット抜きニ本でギアをいくつか外し,カニ目でラチェット部分にグリスアップしようと思っています。今,きっとグリス切れなのか、ホイールごとふると、かたかたとしています。ハブ軸は抜きました。ボス抜きの
事がいまいちわからず,刻印蓋を明けて,抜き工具が必ず必要なのでしょうか。カニ目はあくまで、蓋のみという事でしょうか。又教えてください。
はすまにあんさん (Kino)
2016-03-28 09:27:27
ボスフリー内部の清掃、グリスアップはホイールにフリーが付いたまま行える物とそうで無い物が有ります
レジナのそれがどの様な構造の物なのか私は不案内です

フリーの蓋を外す時にカニ目レンチも使いますが 緩める時にカニ目では歯が立たない事が多いですね 最初は先の鋭利な物で蓋を緩める方向に叩く事も良く有ります

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。