Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

2015 全日本選手権自転車競技大会 マスターズ チャンピオン

2015-12-12 20:30:25 | 自転車競技
昨年度から開催されている大会、全日本選手権自転車競技大会-マスターズ
これは日本体育協会が主催する今迄のスポーツマスターズとは異なり FJC 
日本自転車競技連盟が主催する大会です






少し前の事ですが 一つの宅配便が自宅に届きました
留守がちな家にはこの宅配ボックスは大変助かります




差出人は自転車競技のマスターズ世界選手権で
何度もチャンピオンになっている関東の和地恵美さん
手紙を添えて下さっています




  
これは今年の11/21 〜 11/22に静岡県 伊豆ベロドロームで
行われた 2015全日本選手権自転車競技大会-マスターズでの
和地さんの様子 500mTT のスタートですね






和地さんは今年も2種目で優勝 来年度も引き継いで
全日本チャンピオンジャージを着る事が許されました
夏前にお父さんがお亡くなりになるなど色々と辛い事を
乗り越えての結果には 感慨深いものが有った事だと
思います






そんななか Kino さん、取れましたよ見て下さいと
送って下さったのが 日本選手権覇者の証し
チャンピオンシャツです そしてお贈りしますとも
言って下さっていました、でもこれは少し確認したい
事が有り保留にしています
私は和地さんに何も力添えをしていないのに 
とても有り難い事で嬉しく思います




これは 1982年の自転車競技規則です
FJC 日本アマチュア自転車競技連盟時代のものです






この規則集の中にアマチュア規定と言うものが有ります
※ 本連盟は次の者を競技者として認めない。また次に該当
した場合、登録を取り消すと有り
この赤線の様な事が書かれています ※ 受賞した賞品、記念品
および交付された服装、競技用具等を売却したり、質入れしたり
した者






時代を感じる文章ですがこの頃はこの競技規則の
隅々まで読んでいた私には気になる項目でありました




2015年版の JCF自転車競技規則集にはこの様な項目は
有りません
ただ選手権者のジャージの扱いについては触れられている
部分があります
今回のマスターズ覇者に贈られるのはチャンピオンジャージ
では無く それを制作し着用する事を認める為のシャツである
と言う少し特異な扱いのものです

和地さんとどの様な事でもルールが有るならそれは尊守しないと
いけませんねと話し 
大会で受領した記念品等を有償、無償を問わず他人に譲渡する
事が許されるのかFJCに問い合わせをしています





和地さんが使用されているトラックレーサー COLNAGO コルナゴ
見るからにハンガー下がりが浅くて、硬そうなフレームです 250mバンクを意識して
作られていますね これを日本人の女性が乗りこなすのはとても難しいだろうと思います
背筋が 200kgを超えると言う和地さんならではでしょうか 来期は又世界選手権を目指すとの事
是非頑張って頂きたいと思います

ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンテスタンド 水平調整装置 | トップ | 男達のクリスマスイブ 2015' »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にわ まこと)
2015-12-14 13:02:32
にわです。
緑なれ千年の丘を読んで以来、今年はどうだったのかなって思っていました。私が51年生まれだから、ちょうど10歳違いです。この頑張りは、凄いことだと思います。
にわさん (Kino)
2015-12-16 09:56:04
フルタイムワーカーで母でも有り主婦の和地さん
私の様にナマクラな人間は、普通考えると練習をする時間など無いと思うのですが
時間の使い方の工夫と、なにより強い精神力をお持ちなんでしょうね
アマチュアリズムと言うものが希薄なったスポーツですが、自分の置かれた厳しい環境のなかで 目標に向かっていかに努力するか これって凄く大事な事だと常々思います
応援したくなる数少ない選手のお一人です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。