Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

Park Tool ASC-1 焼付き防止剤

2014-07-07 20:03:33 | メンテ 用品
金属同士が触れ合う時に起こる焼き付きや錆びを防ぐ為の商品です
以前はアンチシーズコンパウンドと言う商品名でした






パークツール の焼付き防止剤 ASC-1 お値段は
1300円程度です ネジの固着を防止する為の商品
ですが 買ったまま長く使わず保管したままです






私の周りでもこの商品を使ったと言う声が
聞こえてこず これがどの様な物なのか
人にお伝え出来る程情報が有りません






一度パレットに取ってみてどの様な物か見て
みましょう シルバー色をした歯磨きクリーム
の様なものです






指に取って塗り拡げてみました 少し柔らかく
グリスの様にまとわり付きません






指先を擦るとややクレンザーの様なザラ付感が
有ります






パレットに擦り付け、水を掛けて見ましたが
それ程弾く様子は有りません






じゃグリスはどうなんだ 同じ事をやってみます
200g 200円程度のグリスです




グリスと言っても極端に水を弾く訳では無いんですね






パレットを傾けると双方同じ様な水の動き方をしました






水を擦り付けるとグリスは乳化し白くなります






焼付き防止剤の方な何の変化も起りません
でも何か不思議な感じです




中性洗剤を希釈した物を掛けてみます 私が
自転車小屋で手を洗う為に用意している物で
それ程濃いものでは有りません






グリスは擦った所がそれなりに綺麗になります






パークツールの方は跡形も無く綺麗になります
やはり不思議な感覚を感じます




何か興味が湧いてきたので もう少しやって見ます






少し多めの防止剤に先程の洗剤を掛けます






あら・・ 全く金属に密着する事なく指に付いてきます




ステンレスのパレットの上で浮遊している感じです
これが先程からの不思議な感覚だったのでしょう






ウエスで拭き取ると驚く程綺麗になりました






こんな事をしていても実際に使ってどうなのか
解らないですね この様にしてしばらく放置
してみましょう




これをあえてネジに使わなくてもグリスで良い様な気もします
手触りはカーボンの摩擦増強剤の様な感じがします

実際海外で活躍しているプロメカニックが
チタンやステンのネジには必要です ただ潤滑性が悪いので
グリスに混ぜて使っているとコメントをくれました

アルミのシートポストなど腐食が発生し固着を起こす部分も
有ります そこで使えるなら使ってみたいのですが さて
どうなんでしょう 使って効果が無ければ悔やみますよね




追加写真

約 40日間放置した写真を追加します






ごく普通の状態で部品棚に置いていました
焼付き防止剤にほとんど変化は感じられません
2014.7.10 追記 Kino





白い小さな花です 花びらに皺が有るので枯れているのかと思いましたが
河原に沢山同じ物が咲いていたのでこんな花なんでしょうね

一ヶ月程自転車や部品を保管するのと同じ環境で放置しておきましたが
見た目も触った感じにも変化は無かったです

今回の焼付き防止剤 何のインプレにもなっていませんが これと同じ目的には
全てグリスで対応して来ました それで全く不都合は起きていないのであえて
これを買ってまで使う必要は無いのかなと感じます もし実際使われて凄く良い
処などが有れば是非お教え下さい

ジャンル:
自転車
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サドルを取り付ける COLNAGO | トップ | 1 インチスレッドに アヘッドス... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にわ まこと)
2014-07-07 21:03:45
にわです。
建機に使われている高強度ボルトの焼き付き防止に、二硫化モリブデングリースっていうのを使ってました。ちょうど色は写真のような、スキーワックスの銀パラのようなやつです。極圧グリースとも言って、高い圧力をかけても油膜が切れないから焼き付きが起きにくいみたいです。
モリブデングリス (giro)
2014-07-07 22:09:51
金属の焼きつき防止のグリースに、モリブデンを含んだ物があります。
あの、クロムモリブデン鋼に含まれている、希少金属のモリブデンです。
私の仕事の場面でよく使われているもので、長い孔を削孔するためのロッドやケーシングのつなぎ目に必ず塗布します。ほんとにまっ黒な色のグリスで、通常のグリスにくらべ、粘性が低いように感じます。
色が色ですし、洗っても絶対におちないので、服などにくっつくと最悪の代物になります。
きっとこの製品にもモリブデンが添加されていると思います。
にわ まことさん (Kino)
2014-07-07 23:26:38
良く聞くグリスの名称ですね
それは回転部分や駆動部に使う物では無く 焼き付き防止だけに使うグリスなんでしょうか
giroさん (Kino)
2014-07-07 23:31:24
この商品にモリブデンが含まれていると言う資料が有ったのでしょうか
私が ASC-1 を調べてもちょっと解りませんでした

焼き付き防止剤やアンチシーズと言う商品は他社からもかなりの数が出ていて その成分も実に様々ですね
MSDS (nody)
2014-07-08 08:47:45
いつも楽しく拝見させていただいております。
インターネットで探しました。
http://www.parktool.com/uploads/ASC-1_MSDS_3-22-13.pdf

市販されている油脂類は、MSDSという報告書が必ずあり、インターネットで検索してみました。

内容からアルミ粉とかグラファイト粉が混ざっていると思います。また、グリスとparktool独自の何か(proprietary)が混合されています。

私は日本でよく焼き付き防止剤としてカッパーグリス(銅粉グリス)を使用していましたが、なぜだか分りませんが、アメリカではアルミ系が多いです。

kino様の日記はいつも勉強になることばかりで目からうろこです。
夏の季節、kino様のお体ご自愛ください。
Unknown (にわ まこと)
2014-07-08 16:22:23
にわです。
二硫化モリブデングリースは、回転部分には使われないですね。トラックのハブなんかは硬めのベアリンググリースで、もっと高速で回るトランスミッションなんかは、ギヤーオイルを使います。日本は成分はそんなに変わらないのに、潤滑油を細かく用途別に分けます。商売上特徴を出したいのでしょうね。アメリカなんかは、車のエンジンオイルを、平気で建機を動かす作動油に使ったりしてます。
異種金属間に使ってます。 (164)
2014-07-08 21:17:26
チタンフレームに使ってます。
今までは、普通のグリスを使ってましたが、異種金属間は特に焼き付きや固着が怖いのでこの商品を使ってます。
但し、長期間経過を観ないとなんとも言えないですね。
ただ、汚れますね~
nodyさん (Kino)
2014-07-08 21:31:05
初めまして コメントを有難うございます

その様な開示された報告書が有るのですね
有意義な情報を有難うございます 大変勉強になります

焼付き防止剤には金属粉が使われた物が多いですね
電触を防ぐ為だと教えてくれた知人がいますが 色々と面白そうな世界です
にわ まことさん (Kino)
2014-07-08 21:36:06
二酸化モリブデングリスは ラジコン用として模型のメーカーから発売されたりしていますね
ただやはり産業用の潤滑剤としては使わないと書かれている文献も見掛けます

とても面白い分野ですね
164さん (Kino)
2014-07-08 21:40:29
コメントを有難うございます

異種金属同士にグリスを使われて何か不具合が有って
この焼き付き防止剤に替えられたのでしょうか
お使いになって 何か感じられた事は有りますか?
追加写真 (Kino)
2014-07-10 20:29:49
約 40日間 放置していた写真を追加しました
目視では変化を感じる事はありませんでした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。