Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

コルナゴ フレーム 塗装剥離

2014-05-14 20:09:42 | 自転車 塗装
コルナゴのロードフレームが 1本保管して有ります かなり長く私が暖めていましたが
今回塗装をやり直す事にしました まずは現在の塗装の剥離から始めます





COLNAGO コルナゴのロードフレームですがこれは石川県のカツリーズサイクルの
成田さんが かなり荒れた自転車ですが Kinoさんならどうにかするでしょうと
レストアをしなさいと暗示するかの様に送って下さったものです ただこの様な物は
明らかな目的が無ければ仕事が進みません 誰かが喜ぶ姿を思い浮かべながら
作業をしたいものです そんな事で 3年程眠らせていました




今回これを組み上げると喜んでくれそうな人が
居るので完成の期限無しで進める事にしました






分解後丁寧にワックスを掛けていたので良い艶は
しています チューブは COLUMBUS コロンバスを
使っています






ハンガーシェル上の直付ワイヤーリード
チェーンステーのアウター受け ノーマルサイズの
リアエンド 全てが Campagnolo です バック巾 126mm
この辺りを見ると 35~40年近く前のフレームでは
ないでしょうか






ヘッドやダウンチューブその全てのステッカーが
駄目になっています




メッキが残念ですが コルナゴを表すクローバーの
肉抜きがされています






今回は塗装をどうするか迷いましたが 塗り替える
事にします 本職に依頼するのではなく自家塗装で
行きます 最初にする事は強い洗剤を使いフレームに
塗ったワックスなど油脂類を洗い落します






用意した洗剤はマジックリンと同等の物 これを
別容器に取り別け原液のまま使います






さすがに原液を素手で触るのは止めておきます
念入りにスポンジで擦りました






綺麗に見えているフレームでも何か怪しい色の
泡が立ちます この作業は塗装前になるべく
フレームに油脂分を残したくないから行っています






充分な水量で洗剤を洗い落します




洗浄前に有った艶が強い洗剤でカサカサになっています これを見るとワックスと言うのは
美装にはとても役立っていると言う事ですね この作業を行ったのは油脂分が無い方が
次に行う剥離剤の効率が良くなるのじゃないかとの思いも有ります




さて充分フレームを乾燥させたので 塗装の剥離を
行います






今回用意した剥離剤です 今まで使っていたのと
同じ物が有りませんでした 初めて使う物は少し
不安が有りますね






剥離剤を使う前にペーパーで塗装の表面を荒らして
やりますこれは正しい方法か解りませんが 今までの
経験で傷が付いている部分の方が剥離し易かったからです






全体を軽く荒らす程度で良いでしょう






剥離剤を刷毛が使える容器に取り分けます






刷毛でフレームの隅々まで塗って行きます 特に
入り組んだ 入り隅の部分は剥がれ難いので
充分な量を塗りましょう






塗る量はたっぷりと なるべく多く塗る方が良いですね




さて



塗布後 30分程度経ちました う~ん・・・
あまり良くないですね






本来ならこの様に全体の塗装が浮き上がって欲しい
のですが 今回は駄目ですね 気温も半袖で充分な時に
この状態は期待が外れました






仕方が無いです スクレーバーで塗装を落して
行きましょう






これは本当に忍耐作業です ひたすら塗装を
そぎ落とします




おおむね塗装が落ちたので 水で全てを洗い落します






パイプに残った塗料はこの後どうにでもなります
細かな所に入り込んだ塗料の除去に手間が掛かります







この後塗装の下地処理へと進みますが どの様に仕上げて行くか少し考えます 
想像した中で一番悪い状態ですが きっちりと綺麗にして見せましょう

次の作業 【 コルナゴの塗装剥離 二度目の剥離剤 】

ジャンル:
自転車
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供用自転車 ハブのグリス... | トップ | 一日で乗れる 子供用自転車 »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にわ まこと)
2014-05-14 20:31:00
にわです。
自転車ではありませんが、同じペイントリムーバーを買って古い門扉の塗装を剥がそうとしたことがあります。ところが、どこがリムーバーだと言いたくなるぐらい剥がれなかったです。塗装にも色々な種類があるので、その塗装の種類に合ったリムーバーが必要なのかもしれませんね。ケレン作業ではとても時間が無かったので、結局近くの鉄工所に持ち込んで、ショットブラストを当ててもらいました。ショットブラストは強すぎるので、自転車には向かないですね。
Unknown (Unknown)
2014-05-14 20:41:00
全剥離の場合はリムーバーを塗ってからサランラップ等で包んで一時間程度放置すると良いんです
にわ まことさん (Kino)
2014-05-14 21:05:28
そうですね、仰る通り 今回の剥離剤で全ての塗装が剥がれる訳じゃ有りません
ですから今回の事は有る程度覚悟はしていました

自転車の塗装は 私がどれだけ一生懸命しても本職の方には足元にも及びません
そして自分の人件費を考慮すると間違いなく 塗装屋さんに任せた方が良いですね

でもこの様な事は 簡単に手に入る材料と道具で自分の手で全てを行うのが又楽しいです
お名前が分りません (Kino)
2014-05-14 21:07:11
折角コメントを頂戴しましたが お名前が分りません

その方法はどの様な剥離剤と塗装の組み合わせでも効果は有るのでしょうか
Unknown (Unknown)
2014-05-14 21:30:17
当方が使用している剥離剤はネオリバーという業務用の製品です。ウレタン焼付塗装も剥がせます。
ただ勘違いされているようですが、塗装剥離は一度でペロッと簡単にはいきません。記事の様にスクレーパーもフル活用しますし、塗布&剥離を数回行います。
保護具等を着用され、くれぐれも飛散によるヤケドにご注意ください。
ウチも (ブルー)
2014-05-14 21:40:47
ウチも子供用自転車の再塗装で、ホームセンターに有った剥離剤を使用しました。
ゼリー状で、まとわりつきやすい!と、書いてあった割には、見事に期待を裏切ってくれました。
やはり、業務用には、程遠いんでしょうかねぇ?
代用品として、ブレーキフルードの廃油を溜めているんですけど、今度は使う機会がなかなか無くて。w
Unknown (Kino)
2014-05-14 21:53:14
何か私が勘違いしているのでしょうか 何なんでしょう

今回の事は有る程度覚悟していましたし
一度塗っただけで見事にぺロっと綺麗に剥げた塗装も有りましたよ

近くのホームセンターで間に合わせた商品で全てが上手く行くとも思っていません
ここから次の方法を考えますね

ヤケドのご心配を有難うございます 充分注意し作業を進めさせて頂きます
期待してます (おが)
2014-05-14 23:05:22
こんにちは、
ついにコルナゴフレームのレストアが始まりましたね。
40年も経ったフレームがどうなるのかとっても楽しみです。
私はマウンテンバイクしか持ってませんが、古いものなので
古い部品がよみがえってゆくのを見るとうれしくなります。
以前にアランをレストアしたときみたいになるのでしょうか。
がんばってくださいね。
Unknown (Unknown)
2014-05-14 23:05:26
塗装のプロが施した塗装はそう簡単には剥離出来ないってことです。

>>一度塗っただけで見事にぺロっと綺麗に剥げた塗装も有りましたよ

きっとたまたま「塗装」というより「着色」のレベルだったんでしょうね。

難儀するほど強固な塗装を無理してまで全剥離するのは何故ですか?
どんな後塗りサフよりも良い下地なのに利用しないなんて勿体無いことですよ。


Unknown (age)
2014-05-15 01:07:29
いつも拝見し、勉強させていただいております。
今後、もしアルミフレームの塗装をやられることがありましたら、
是非、記事にしていただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。
お名前が分りません (Kino)
2014-05-15 05:26:34
折角何度もコメントを頂戴しますが H.N が分らないのは残念です

その着色レベルとおっしゃる塗装も 何十年も経験を積まれた本職の方の仕事でした
ですから 頑固な強度の有るものも、その様なものも自転車のフレーム塗装には存在すると認識しています

コメントを頂く内容から 塗装の仕事に従事されていらっしゃる方だと思います
その様な本職の方には失礼なコメント返しになるかも分りませんが

自転車のフレームの塗装は
それを専門に行っている会社や職人さんと その他を専門にされる塗装屋さんでは
仕上がりに大きな差が出る事が多く有ります これは外見、見た目だと思って頂ければ良いです

今回難儀しながら剥離するのは
仰る様に元の塗装を残しながらするのも一つの方法ですが
次に塗ろうとしている色の発色の問題
現在の塗装が腫れぼったく この上からでは私が好む塗装 これも見た目ですが それが出来ない
主にこの二つがその理由です

自家塗装は 他でも書いた様にどんなに頑張っても本職の方に勝つ事は出来ません これは主に塗装の強度の事を言っています

しかし今回は強度を求めこの上から塗るより
自分の好みの塗装をしたく そちらを選択したと言う事です
おがさん (Kino)
2014-05-15 05:32:20
コメントを有難うございます
今回は 分解した時に私の技量では再生出来ない部品も多く有り
完全に元に戻すレストア作業とは違う方向へ進める予定です

ただこのフレームの塗り替えから始めないと次に進めません
本職の方も少し忙しい時なので詰めた工程では出来ませんが 出来るだけ気持ちを入れて取り掛ります
ageさん (Kino)
2014-05-15 05:35:53
コメントを有難うございます

アルミフレームの塗装は以前のアランのフレームを触っています
良ければそちらをご覧下さい ただスチールのフレームとする事は同じですよ

カテゴリー 自転車レストア ロード
http://blog.goo.ne.jp/kino55crazy55/c/8e5fb130c1ab853c8a1a599881d11bb1
27回に渡る記事です
お願い (otoko)
2014-05-15 22:04:45
すごく参考になるので毎日のように 寄せてもらってます。
気候も暖かくなってきて レストアするにはもってこいですね。 塗装の剥離ですが側溝の上でされているようですがこれを見て 田畑などに剥離剤が流入されるおそれがある地域の方は 回収できる場所でお願いします。
このフレームがどうレストアされるのか楽しみにしています。
  
otokoさん (Kino)
2014-05-16 06:43:02
初めまして コメントを有難うございます

ご意見を頂いた件 この地域の下水は合流地域で側溝の水は下水処理場へ運ばれます

仰っている様な気遣いが必要な地域で
その様な配慮をされている方は自家用車や農機具の洗車も気を使いますね

フレームの塗り替えの方は出来るだけ丁寧に進めて行きたいと思います
いよいよ出番が来ましたね。 (ひろべえ)
2014-05-16 12:21:03
このフレームにもやっと再生の出番が来ましたね。どんなカラーに仕上げられるのか楽しみです。

ボクはもともと腕力がないほうで、長年の仕事の影響か、慢性の腱鞘炎があり。 最近は自転車いじりも、指先の力仕事の後の痛みがきつく、仕事では止むをえませんが、趣味の世界ではこのような作業が長時間は出来なくなってきました。

時々画像で拝見する、kinoさんの腕っぷしは太く逞しく、僕とは鍛え方が違いますね。 今回も、のっけから大変な作業になりそうですが あまり無理はなさいませんように・・・・・。



楽しみです! (Yasu)
2014-05-16 23:29:39
久し振りにKinoさんの塗装を拝見出来るのが楽しみです!

塗装は色やデザインを考えたりするのは楽しいですが、剥離や下地作業は忍耐が要る作業なので、私は苦手な作業です…

今の状態は大変そうですが、楽しみながら綺麗に仕上げて下さい!
ひろべえさん (Kino)
2014-05-17 00:33:29
有難うございます そう仰って頂くと随分と恥ずかしいです

慢性化した腱鞘炎は辛いでしょうね
私も仕事が忙しいと以前の様に疲れも取れなくなり 夜に身体が攣る事も良く有ります
でもそれを嫌がっていては仕事にならないし そんな事が快感に思える処も有るので助かっています

この時代のロードレーサーを組むのなら 細かな所までイメージ出来るのですが
今回は少し違う事も考えているので完成形のイメージが出来ません
取りあえず塗装を出来るだけ丁寧にさせて頂きます
Yasuさん (Kino)
2014-05-17 00:39:26
いや~ フレームの塗装は Yasuさんにとても敵いません
あの手間の掛け方はとても私に真似は出来ないですよ

今回ここから下地まで作るのが大変な作業になりそうです
細かな部分に使うスクレーバーを色々と用意しました 充分な時間が取れる時に掛かりたいと思います

実はこの剥離剤を塗ってからこの状態までで 4時間掛っています(笑)
4時間… (Yasu)
2014-05-17 01:32:54
私の塗装は場所や機材を借りられる環境に有るだけで、恥ずかしながら技術が有る訳では無いので、以前にKinoさんの真似をして缶スプレーで塗装をした時にKinoさんの凄さを思い知りました…

塗装に限った事では無いですが、作業を始めると考えてる以上に時間が掛かる時が有りますね!

今回は完成形のイメージが未だ出来ない…と言うのも凄く興味が湧きます!
Yasuさん (Kino)
2014-05-17 19:02:35
もともと自家塗装なんかを始めたのは高校生の選手時代でした
今でこそやや高額な車用のカースプレーを使っていますが 始めた頃はそれこそ刷毛塗りから
そして回数を重ね何処でも買える廉価なスプレーへと変わって行きました

そんな物と比べるとカースプレーの仕上がりの良さは感激ものです
だから私にとってはそんなスプレーで充分です(笑) 今回もカースプレーで行う予定です

(塗装用のガンも用意していますが中々使用に踏み切れないのも有ります)

塗装前に行う大切な下地処理 この後頑張ります
初めまして (painter)
2014-05-20 19:25:17
Kinoさん初めまして。少し前から自転車に興味が出てこちらのサイトを拝見させて頂くようになりました。一応本業で塗装をしている者です。自転車も時々塗っています。

お金を出して「仕事として行う塗装」と「自家塗装」の違いは良く御承知のようですので、技術的な事は余り気にされなくて大丈夫です(いちいち気にしていたら先に進みませんので・・・)。

今回の案件に関しては、剥離剤の性能は勿論ですが、きちんと素地調整されたクロモリと塗装の相性は非常に良い場合がありますので剥離剤が余り効果が無い事があるのは当然です。こういった事は毎回ケースバイケースなので、設備が無い自家塗装では手探るになるのは至極当然です。

そしてこちらも良く御存知のようですが(でしゃばってすいません・・・)、お察しの通り自家塗装は楽しんで行うのが一番です。当然失敗などで苦しむ事はありますが(本業でやっていても毎回の事です)、最終的に良い経験が得られればそれで問題ありません。それで気に入らなければお金を出して丸投げすればいいだけの話ですので。

私的には一般の方が塗装の苦労を判ってくれるのはとても嬉しいです。仕事として行う塗装の費用は全く安くありませんから、それがどうしてかと言う事がこちらのサイトを見た方は良く判ると思います(見てるこちらが心配になりますよ。笑)。

ですのでやり方は気にする必要はありません。経過を楽しんで頂ければと思います(少なくとも人の作業を見ている私は楽しいです。笑)。

是非是非応援しております。
painterさん (Kino)
2014-05-21 06:31:42
初めまして ご丁寧なコメントを有難うございます

本職の方に見られると恥ずかしい事をしているだろうと思います
でも仰って頂く様に自転車愛好家は自分でフレーム塗装をしてみたいと思っている人も結構いらっしゃると思います
そんな人達の参考になればとも思っています 

丸いパイプに塗装する事の難しさを感じ どうすれば上手く出来るかなどを考へ結構真剣にしています
そんな事も楽しみの一つです

塗装関係の仕事に携わった事が無いので何が正しいかも分らずに進めています 
でも出来るだけ綺麗に仕上げるつもりで頑張ります
レストアと再塗装 (たかお)
2014-06-29 19:32:20
私も、おそらく全く同じデザインのコルナゴフレームを所有し、現在オリジナル状態に戻すべくレストア中です。入手したのは33年ほど前。昔、別のフレームを剥離剤で処理して再塗装までやりましたが、今回は部品のさび取りで手がいっぱいで気力が続かず、フレーム塗装だけは業者に依頼しました。今は、チェーンリングやステムの彫刻部分に色を入れています。塗装は、面積がある部分は凸凹やムラが目立ちますので難しいですね。職人の技を思い知らされます。
たかおさん (Kino)
2014-06-29 20:41:56
この類いの作業は自分の精神力が大きく影響します
面倒だと思った時点で良い仕事は出来ないですね

フレーム塗装を強く綺麗な物に仕上げるなら
自転車のフレーム専業の塗装屋さんに任せるのが一番ですね 
その様な良い仕事をして頂ける所は日本に何社も無いと思いますが・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。