Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 組立て調整

2016-09-19 17:25:05 | 自転車整備 ペダル
シマノのビンディングペダル DURA-ACE PD-7810 他のグレードには無い凝った構造をしています
前回から洗浄後のグリスアップをしていますが 今回は組立てを終わらせ玉当りの調整まで行いましょう





前回はペダル本体の奥にスチールボールを並べ シャフトのクランク側にはこの様に
回転部分を組み付けまで行っています、今回はこの続きを行いましょう
※ 前回の作業は末尾にリンクを貼っていますのでそちらからご覧下さい






これはペダルの内部パーツの一つです それ程、高い
精度を感じ無い樹脂製のリングです これはシャフトの
先端から入る所まで入れておきます この時にはシャフト
全体に薄くグリスを塗っています






前もって組んでおいたニードルベアリングです
これにもグリスを良く馴染ませておきます






シャフトの先端にグリスを塗布しここに
ニードルベアリングをセットします








薄い平ワッシャーです これはボルトの一番奥
ロックナットに当るまで入れておきます






奥の回転部分の為にシャフトの先端にグリスを
塗ってからペダル本体にシャフトを差し込みます




ペダル奥に入っている 9個のスチールボール それが
重なっていないか またクランク側に入っている 17個の
ボールが、ボルトの玉受けからこぼれていないか これらを
注意深く感じながらボルトをペダル本体に締め込んで行きます

※ ここは大変需要な処です目視が出来ませんので
  自分の指先の感覚だけが頼りです






指先で軸=シャフトを回転させ 前記の事を感じながら
併せて玉当りの調整を行います






ここで使う工具は 17mm のコーンレンチ 薄いスパナが
必要です これはボルトに使います Park Tool SCW-17








もう一つは 20mm のコーンレンチ こちらはロックナットに
使います Shimano TL-PD77 パークツールなら SCW-20 が
使えます ※ 左側のペダルは正ネジです




自分の納得が出来る回転状態を見付け そこでロックナットを
締め付けシャフトを固定します 17mm のスパナはボルトの共回りを
防ぐ為に使います 玉当りの調整は一回で決まらなければ何度でも
行えば良いです
玉当りはガタが出る一歩手前で一番スムーズに回る一点が理想
ですが そこまでシビアにする必要も無いかも解りません 
このペダルは調整巾が結構広く、ある程度の所で充分スムーズに
回ってくれます






玉当りの調整が終わりました
ギリギリの一点の調整はやはりガタが出るのも早く、日々の
点検が欠かせず、とても使うのに気を使います 普段にも使う
部品ならゴリが出ない範囲で やや渋めの調整でも良いと
思います 試合だけに使うなら又話は別です




大きな写真で少し休憩しましょう グリスアップをしていてもやはり良いペダルだと思います






ペダル本体にステンレスプレートを付けます






プレート下は汚れも良く溜り アルマイトをしていても
腐食が起ります 汚れを呼びますがグリスを塗布して
おきます






取付けにはプラスドライバーを使います ネジの頭が
小さいので先の細い 1番です






ネジの頭が潰れ易いので注意をしながらしっかりと
締め付けます ※ 正ネジです




最後に付着したグリスを拭き取っておきます






左側のペダルのグリスアップは完了です 綺麗になりました






整備前にシャフトが大きく動きガタの大きかった
右側ですが問題無く組み付け調整が出来ました
こちらのボルト、ロックナットは ※ 逆ネジです






今回分解から一連の整備風景をご紹介したのは
DURA-ACE PD-7810 皆さんの何かのお役に立てば
幸いです





DURA-ACE と下位グレードの違いが話題になる事が有りますが このペダルの構造は
他のグレードとは全く別物でその違いがとても良く解る部品です これを自分で体験すると
大きな価格の差にも充分納得させられます





ペダルの分解整備に随分長くお付き合いを頂きました 自転車整備には色々な方法と考え方が有ります 
それが間違った方法でなければ、ご自分が良いと思う方法で進めれば良いですね
近くの空き地に鮮やかブルーの花が咲いていました

前回の作業 【 DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 組立て 】

今回の一連の整備はここから始まっています
【 DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 分解 】

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DURA-ACE PD-7810 ペダル グ... | トップ | 萬屋は ビューラーの修理も致... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自転車整備 ペダル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。