Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

自転車用語 ペーサーとは

2016-03-05 20:17:47 | 自転車用語 言葉
自転車競技を行う上でトラック競技の場合 何人もの競技役員が居ます
それぞれ担当任務が有りますが ペーサーとは何の事でしょう





トラック競技も新しい種目が出来たりルールが変りながら進化をしています
しかし基本的な事は大きく変わる事は有りません そんな中で競技会場で
ペーサーと言う言葉を聞いた事は有りませんか お~い ペーサー!
こんな声が聞こえます





競技開始時には出走担当者と自転車を保持するホルダーが選手と共に走路内で出発準備を行います
実はこのホルダーの事をペーサーと古くから呼んでいます






ペーサーはこの様に自転車のサドル後部を持ち
左右に倒さない様に選手を真っ直ぐ保持し
号砲と共に手を離します






ペーサーは一人だけでは有りません 種目に依れば
複数の人間が必要になります 練習会場で誰かペーサー!
の声が聞こえたら是非手伝ってあげて下さい




この職務の名称は競技規則には出て来ません
スターティングマシーンを使用しない場合は
コミセールがこれを保持すると書かれています
でも最近の現場ではホルダーと言う事が多いですね

※ このコミセール Commissaire は自転車競技の
競技役員の事を言います




もう一つのペーサー

これは UCI規則 JCF規則にはっきり pacer ペーサーと
出て来ます トラックレースのケイリン
競技者は動力付ペーサーの後ろで周回した後、・・・・
規則の冒頭に書かれています




ケイリン種目の時ペーサーはこの様に選手の前を風除けになって走りますが 規則で細かく
走り方が決められています、この種目が出来たのは 1970年代の後半ですね それまでは
ペーサーが必要な種目はドミフォンだけでした




ペーサー、この言葉は競輪選手の人達は皆
知っているのじゃないでしょうか やってみると
案外難しいですよ





私が25~6歳の時ですね(一番左) 今は廃止になった甲子園の競輪場です 
練習はほとんどしていませんでしたが たまにこの様な事をして楽しんでいました 
自転車用語のペーサー、是非覚えておいて下さい

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加