目の中のリンゴ

萩野金メダル!瀬戸銅メダル!やった!

まだまだ余韻が 「メドン・ド・ヒミコ」追記

2005年09月23日 | 映画タイトル ま行
観てから一週間たっても まだこの映画のシーンや台詞を思い出して
切なくなっています。
前回の記事
いろんな方の感想やコメントを読ませていただいているうちに
書き足りなかったことを もうちょっと書きたくなったので
感想のパート2を書いてみることに。

(この映画は、大島弓子さんの漫画が元になっているというから、
それを読むと手っ取り早いのかもしれませんが、
私は読んだことないので、その辺のことはおいといてください。)

この映画の持つ空気がすごく好きなのは、
私の好きな小説の「きらきらひかる」(江國香織)や
「キッチン」(吉本ばなな)を思い出すからかもしれません。
どちらもゲイの登場人物が出てくるから、という安易な連想では
ないとは思うんだけど・・・ははは。

「キッチン」では、女装の父親が出てきたり、
生と死が色濃く漂う世界で、孤独な人たちが寄り添う物語。
ここでも、美味しそうなカツ丼のシーンが印象的で
食べることは生きることなのだなーと思えてしまう。
「きらきらひかる」では、ゲイの男性と結婚した、
アル中で情緒不安定な女性が、夫の恋人たちと
奇妙な繋がりを築いていく物語。
彼女は、同性愛者の夫たちを、
”銀色のライオン”と言う。アルビノで草食のライオンがいて、
彼らは短命で、ライオン社会から排除されて、銀色の仲間たちと
共同体を作って孤独にけなげに暮らしている・・・らしい。
”メドン・ド・ヒミコ”の彼らみたいじゃないですか?

卑弥呼を演じた田中泯さんのことは全然知らなかったのですが、
先日”めざましテレビ”の”広人苑”で紹介されていたのを観ました。
素顔は、一見その辺にいそうな、気難しげなオジサマ。
舞踊家、と聞いていたのですが、その前衛的なパフォーマンスに
呆気にとられてしまいました。不思議なムードを持った人です。
つくづく、卑弥呼はハマリ役だったなぁと思いました。

その卑弥呼、あいりさんの感想を読ませていただいて、
ポン!!と膝を打ってしまったのですが、
「プリシラ」のテレンス・スタンプに似ているのです!
あの 凛とした気高さ、背筋の伸びた佇まい、人生の重み・・・。
ブログで「プリシラ」のこと語ったこともありますが、(コチラ
これも私の大好きな映画。
”落書き”も、この映画を思わせるところがあります。
未見の方、是非観てみてください!!

ちょっと考えただけで、私の好きなモノをこれだけ思い起こさせるのだから、
「メドン・ド・ヒミコ」、気に入るはずだわ。
この映画の、非日常的なのにリアルなところがとても好き。

好きなシーンに、ちょっと異色のダンスシーンがあります。
ネタバレしない方がいいと思うので、詳しく書きませんが、
最高に好きなんです。
すっごく楽しそうで 可愛くて。曲も切ない。
(オダギリさんの表情もすごく良いよね!)
でも、なんか切なくて哀しい気もするんです。
このダンスが終わって、クラブを出たら、あとは
死とか孤独とか現実のつらさが待っている 日常生活。
非日常の楽しいことが終わる時(お祭りとか 文化祭とか 旅行とか)、
ものすごく寂しくて切なくなります。
そういう感じを思わせるこのシーン。印象的です。

あと、お盆のシーンも好きです。
亡くなった肉親の写真を出してきて、飾って、
お供え物を用意して、明かりをともして、プールサイドで
「母が教え給いし歌」を合唱する。夏の夜の空気の匂いがして
しんとした哀しみが漂うシーンです。
そこに サオリと専務のシーンが重なり・・・。
一人でいても誰かといても孤独。やりきれない気持ちになります。

オダギリさんの美しさも、書いても書ききれないのですが、
彼がシャツを着こなしていたのも ステキでした。
ぱりっとアイロンをあてているであろう綺麗なシャツ。
白いフリフリもありましたね(笑)

ああー 書き忘れたところないかな・・・
書いているとまた いろんなシーンが甦ってきて余韻に浸ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすがの美味しさ 「ポッキ... | トップ | 「オペラ座の怪人」観てきます! »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は~♪ (あいり)
2005-09-23 21:15:02
足跡を辿ったら、なんと私の記事を紹介してくださってるじゃないですか。

ありがとう。

あの後、ちょっと家を空けてて『ヒミコ』まだ見に行けてません。

もう一度だけ見たいんです。

あのダンスの場面が忘れられない。笑



ラストは取り合えずハッピーエンドなのですよね。

サオリに会いたい!



事後承諾で・・・ (kino)
2005-09-23 23:37:37
>あいりさん

すみません、事後承諾で!

あまりに嬉しい発見(?)だったので紹介させていだきました。

私ももう一回見たいけどなかなか時間なくて・・・。

一館でしかやってないし。
そんなに良いのか・・・・・? (メゾン・ド・こっちゃん)
2005-09-27 11:15:16
ここまで引きずるほど良いのぉ?

うわぁ~!

ますます見逃すわけにはイカンでござるな。

映画館へ急ぐでござる。

あ!まだダメッ!

もうちょっとしないと行けない。

今忙しいから~。



   こっちゃん
はやくっ! (kino)
2005-09-28 08:07:00
こっちゃんがまだ観ていないのが意外ですわー。

試写会で見慣れてるこっちゃんに、映画館に足を運ばせるのは至難の業?!

きっと オダジョーに惚れるよ!(笑)
追記を・・ (ツバッキー)
2005-09-28 09:41:51
見に来ました^^

キッチンにでてくる父親とその友人たちも

そういう雰囲気でしたねー。

あれも食べ物がたくさん出てきますが、食べる=生きることなのだなあ、と実感します。

メゾン・ド・ヒミコでは、卑弥呼の存在感もいいんですが山崎さんの人間味あふれる役も大好きです。

ありがとうございます (kino)
2005-09-29 00:32:13
わざわざ読みにきていただいて ありがとう~。

日を追うごとに じわじわと広がっていってます。

山崎さん、うん、よかったですね。可愛らしい。

細かいところまでもう一回観たいなー。
Unknown (non)
2005-09-30 12:00:52
私の感想は拙いですが、TBさせて頂きました。



「BOYS DON'T CRY」の後遺症(?)で

同性愛テーマのせつな過ぎるお話が多くて

胸が締め付けられて苦しくなのが恐かったのですが

この映画は、視線が温かくてホッとしました。

きっと、同性愛はスパイスであって

kinoさんの感想を読んで“生きること”が

テーマだからかなぁ~と思いました。
たしかに (kino)
2005-09-30 22:44:17
>nonさん

ありがとうございました。

現実は 映画みたいなキレイ事じゃなくて、

もっともっと過酷なんだろうな・・・とは思います。

自分を偽らずに生きていくって難しい!
Unknown (lunatique)
2005-10-14 10:23:30
はじめまして♪

『メゾン・ド・ヒミコ』、感動して三度みました。

沙織と細川専務のシーン、私は、あれは沙織が母親の気もちをはじめて完全にわかって、それでないてたんじゃないかと思います。

私の感想もTBさせてくださいね。
プリシラ (toe)
2005-10-14 10:30:12
こんにちは。



TB&コメントありがとうございました。



私も『プリシラ』大好きです。

テレンス・スタンプだけでなく、残りの二人も当時は無名だったのに、今ではハリウッドで活躍する大スターになりましたね。

あれも、美しくて切ない映画でしたね。

また、見たくなりました。



『メゾン・ド・ヒミコ』では、私もお盆のシーンがとても印象に残っています。
いつまでも (kino)
2005-10-15 09:40:21
>lunatiqueさん

TBありがとうございました。

うん、なんていうのかな、体のつながりだけじゃないんですよね。

それがわかった、ってことかな。



>toeさん

ありがとうございます。

そう、「プリシラ」は今見るとすごいキャストですよね。

荒野のドラッグクィーン、美しかったです。

”卑弥呼”が気になった方はテレンス・スタンプも是非 観てみて欲しいですね!
田中泯さん! (kim)
2005-10-16 20:52:04
私も好きです!この映画!!

で、お目当てのオダジョーは、それはそれはセクシーで、期待以上だったのですが、

田中泯さん!!存在感バツグンでしたね!

彼がゲイバーのママだったら、それは繁盛するはずだわ(笑)

Kinoさんの記事で『プリシラ』未見だったのを思い出しました。

ツタヤに行くと忘れちゃうので、オンラインレンタルを予約!観るのが楽しみです~~~!!

私もTBさせてくださいね!

>プリシラ (kino)
2005-10-17 00:34:01
>Kimさん

「プリシラ」気に入っていただけるといいなぁ~。

ちょっと奇抜な映画だけどね。でも、音楽もいいし、大好きです。

ほんと、田中さんに似てるんですよ。
kinoさんの記事読んで (メゾン・ド・こっちゃん)
2005-12-02 16:13:31
また思い出しちゃったよぉ~。



あのダンスシーンは何でだろう。

とっても楽しい気分になっちゃうね。

あの輪の中に入りたくなっちゃう。



お盆のシーンも良いよネェ。

じわ~っと暖かい感触が伝わってくるの。



まさか、この映画でこれほどぬくもりを感じるとは

思わなんだなぁ。

札幌ではとうとう公開終わっちゃったけど、

最終日に駆け込みでこの映画を観ておけて

本当に良かったよ。



シアターkinoは、小さいけどいつも良い映画ばかり

厳選して上映してくれます。

「リンダ・リンダ・リンダ」もここで観たんだったな。

良い映画館ですよ。

トラバありがちょね♪
よかったでしょ! (ピキピキピッキーkino)
2005-12-04 15:07:44
>こっちゃん

やっと観られてよかったでしょ!

語りたくなってしまう、そして、日が経っても

忘れられない映画です!

TBありがとう~。
これも又。。 (Cartouche)
2006-09-13 17:31:13
”ジョゼ虎”に続いてこれにもハマリました。そうそうダンスシーン良かったですね。どちらの作品も”恋に落ちる過程”のシーンが好きです。”ゆれる”に続いてオダジョーにメロメロ。。
わー (☆kino)
2006-09-30 17:53:22
>Cartoucheさん

遅くなってしまってごめんなさい。

オダジョー、ほんとに色っぽい人です。

佇まいがいいんだよねぇ・・・。あの、本性を表さないとこもいいです。



このロケ地に行ってみたいなぁ。

ラブホテルらしいんですが・・・(笑)
Unknown (raccoon)
2006-10-22 20:24:47
コメント、TBありがとうございました。

穏やかな雰囲気に包まれた、それでいて人物の存在感がしっかりした僕も大好きな映画です。また遊びに来てください。
ありがとうございます (☆kino)
2006-10-23 21:50:22
>raccoonさん

コメントありがとうございます。

切なさと静けさが漂う、不思議な映画ですね。

男性にも好きになってもらえて嬉しいです。

またお邪魔しますねー!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
再び『メゾン・ド・ヒミコ』を観る (あいりのCinema cafe)
注: 二度目の鑑賞ということで好きなことを書いているので、未見の方はお読みにならないでくださいませ。
お勧め映画 (私の心の中の声)
このブログはgooさんからお借りしているのですがTB練習という事で『あなたのお勧めの映画を教えてください!』というお題が出てました。 お勧め映画という事で沢山ある中で私は“メゾン・ド・ヒミコ”をお勧めします。この映画は親子の問題や性の問題、そして老後の問題など
メゾン・ド・ヒミコ (toe@cinematiclife)
面白かった映画の3本目も、昨日に引き続き日本映画でございます。 『ジョゼと虎と魚たち』がお気に入りの私は、犬童一心監督作品、オダギリジョー主演と聞き、それだけで見たかった映画。 <STORY> 塗装会社で事務員をしている沙織(柴咲コウ)は、借金を抱えて生活しており
『メゾン・ド・ヒミコ』ーーほんもののなにかに出あえる映画 (le monde lunatique)
10日、三たび『メゾン・ド・ヒミコ』をみた。 それにしてもなんと美しい映画なのだろう。8月に初めてこの映画をみて以来、毎日のようにこの映画のことを反芻しているのに、『メゾン・ド・ヒミコ』はやはり新鮮だった。そしてなにより、とても美しかった。映画をみおわったあ
メゾン・ド・ヒミコ (映画チックな日々)
製作:2005年 日本 原題:メゾン・ド・ヒミコ 監督:犬童一心 出演:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊 [[attached(1,left)]]ストーリー: 塗装会社の事務員として働く24歳の沙織(柴咲コウ)は、訳あって借金を抱えていて、水商売のバイトでもしようかと
メゾン・ド・ヒミコ (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
とっても不思議な映画を観て来ました。そして、そんな映画に癒されました。 この映画には、我々と同じ空の下に暮らす人々でありながら、「我々とは違った日常」とも言える生活でのぬくもりというものがシッカリと描かれていました。ゲイのための老人ホーム・・・それが「メ
メゾン・ド・ヒミコ (悩み事解決コラム)
{amazon}  『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督×渡辺あや脚本 コンビの第二弾は、五年もの時をかけて温め続けたオリジナル・ス トーリー『メゾン・ド・ヒミコ』沙織の父はゲイ。沙織は自分も 母も捨てた父を憎しみ記憶の中からも消去している状態であ
メゾン・ド・ヒミコ(05・日) (no movie no life)
奇しくも昨日UPした「青い棘 」と正反対の映画を見てしまったような気がする。 沙織(柴崎コウ)の働く塗装事務所に訪れた若い男、春彦(オダギリジョー)。彼は沙織の父がもうすぐガンで亡くなることを伝えにやってきた。彼はゲイで自分と母を棄てた父の恋 ...
メゾン・ド・ヒミコ (ムーパラ控え室から・・・)
オダジョー、エロすぎ[:てれちゃう:] メゾン・ド・ヒミコ 通常版久保田修 小川真司 by G-Tools 『オダギリジョーの尻いいなぁ…』
*メゾン・ド・ヒミコ* (Cartouche)
{{{  ***STORY***                 2005年    日本 わけあって借金を抱えてしまい、昼はしがない会社の事務員、夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織は、いっそ風俗ででも働こうかと思い悩んでいる。身近に気になる男性も ...
映画『メゾン・ド・ヒミコ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
オダギリジョーと柴咲コウが共演、ベッドでなが~いキスのあと、胸に持っていった彼の手が止まって沈黙、「触りたいとこ、ないんでしょ」と彼女の言葉・・ ゲイバー"卑弥呼"をたたんで、ゲイのための老人ホームを経営する照雄(田中泯)はガンの ...