今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2013・8・31 おばさんのこころ

2013-08-31 22:32:46 | 日記
無駄に風ばかりが強い一日であったな。

気が付いたら洗濯物にセミがしがみついていた。

あまりの強風に身動きがとれない。

バイト。
グチグチグチ・・・
ま。仕方ないか。
難しいことを難しいというのは、どうにも恥ずかしい。いかにも誰にでもできますよというスタンスでいる。
それが結果的に自分を辛くする。
持って生まれた性格だ。あきらめよう。

と・・・
シバが、毎日毎日500回休みの日には1000回腹筋してんだけど、なんで割れないの?と聞いてくる。
アホかという言葉は呑み込む。
割れてる人はサラリとした態度だろうが、実は、けっこうに金も時間も使ってる。一度きちんとトレーナーについてトータルな筋トレ方法を学んで、後は地味なトレーニングだが、まだ若い彼にしてみたら、オんなもんだだ腹筋してればいいんだよ!を真に受けてる。そりゃそうだろう。多少の金とけっこうな時間をつかいました!と正直に言う人はあんましいないよな。

ま。
寝よう。
一服したし。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013・8・30 おばさんの好きな場所

2013-08-30 20:13:51 | 日記
あぢぃ・・・
一日中エアコン付けっぱで巣籠り・・・
こんな日は・・・あそこが一番好きな場所・・・

光則寺様から御霊神社様をめぐり、成就院様経由極楽寺駅。
御霊神社様から江ノ電渡ってそのT字を右に曲がる。

ほお!!!
『星の井』ってここにあったんだ。

目的は忘れたが、いつぞやに昭文社の鎌倉市の地図を眺めていたことがあった。そこには何故だか『星月夜の井』と表記されていた。星月夜・・・って、まるでゴッホじゃあないか!どんな浪漫な井戸なんだろう?妄想していた。
これでしたか・・・

ま。ま。である。ま。それにしても・・・なにも公衆トイレみたいな意匠にしなくても・・・

ま。そういうものであろう。
斜めお向かいが、成就院様。

原家の福犬クンにこころで話しかけながら坂を登る。息子は9月5日卒業の9日から無事に社会人になれそうだよ。あの日はありがとう。

おお!!!絶景!!!

境内にお邪魔する。

ほお!

ん???

パワースポットって?なんなのよ?確かに聖地ではあるが、意味が違う。馬鹿じゃないか。だったら私なんぞはスーパーマンになっとるわ。
お寺様も大変だな。

ま。

下山。

と・・・これが有名な『切通し』と言うんかな?

家に帰って調べたら、やっぱそうだ。極楽寺坂切通し。
ウィキによれば、普通の車道となり、とあるが、そんなことはない。なんの先入知識がなくとも、それとわかる。
それにしても・・・
要塞としての鎌倉だとすれば、成就院様は、なかなかに・・・
極楽寺駅に到着。

藤沢行きに乗る。
途中下車が楽しみ。
『鎌倉高校前』。駅の外には出ない。
次の次の電車が来るまで、ホームのベンチで潮の香りに包まれながらぼんやりと目をつむる。
潮風が心地よい。
県内で一番好きな場所かもしれない。
どんな高級リゾートでもどんな高級別荘でも、ここに敵う場所はない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013・8・29 おばさんの葉っぱ かながわ名木100選 鎌倉市・坂ノ下の御霊神社のタブノキ

2013-08-29 21:51:39 | かながわ名木100選
本日は空手の稽古。
仲町台とは今日でお別れ。よく通ったもんだな。。。来週からは新横だ。

かながわ名木100選。鎌倉市・坂ノ下の御霊神社のタブノキ。

師匠にお礼を申し上げて、光則寺様から御霊神社様に向かう。

到着。

御霊神社というだけあって、神様がたくさんおられる。

お狐様も狛犬様もいる。

鳥居様。

御神輿と獅子頭様♡

そして一際大きなタブノキ様。

イチョウ様も大木。

こちらは、神。

そして♡
江ノ電が走ってる。真ん前。

観光地が苦手だから鎌倉にはあんまし近付いたことがない。どうやら、極楽寺駅に行けるようだ。おまけに、道中には、成就院様があるようだ。そう。原家から代々住職を出してるとお伺いしていたお寺様である。原家の福犬クンは元気にしてるかな?
極楽寺から帰ろう。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013・8・28 おばさんの葉っぱ 光則寺のおへそ

2013-08-28 21:47:45 | かながわ名木100選
また蒸してきたな。

昨日の続き。
光則寺様のおへそ♡

光則寺様は長谷寺様の裏手にある。比較的観光客が少なく四季折々の花木が溢れてる。師匠のような植物写真の通になると、こういうところを狙う。師匠に教えられて、私も一枚。

これは、スズムシバナというんだそうだ。
真っ赤なミズヒキは名前を知っていたし好きだったが、金銀あるとは知らなかった。なんともおめでたい花である。もしかしたら、水引が先かミズヒキが先かである。


そんな師匠が教えてくれた、おへそ♡

その①
本堂の前にある香炉。
中をのぞいてごらん!と言われて、おお!!なにこれ!!!お線香の配置がなんともミステリアス。

五芒星かよとかなんとか私の頭に妄想が湧いたのを見越したように、にやりと笑う。
この配置が、お線香が一日中持つんだそうだ。なるほどに。。。
その②
境内に響き渡る獣の雄叫び?!!
ほんとに驚いたな。だって閑静な境内にいきなし野獣のような咆哮だもん。
あれ?なんすか?
またまた師匠にやり。
ライオンがいるんですよ!行ってみますか?
って・・・マジかよ・・・

くじゃくって、あんな優雅で美しいナリしてあんなケダモノじみた鳴き声だったんだ!

師匠は洒脱なお人だなぁ♡と感心していたら、師匠の師匠がおられたようだ。
光則寺の先代住職様。
あのお庭も、先代住職様の丹精だったようだ。

そうして続いていくんだなぁ。。。

師匠にお礼を言って、土牢を見学。

次に向かう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013・8・27 おばさんに葉っぱ かながわ名木100選・鎌倉市・光則寺のカイドウ

2013-08-27 19:59:50 | かながわ名木100選
本日は、まずは、『小泉師匠』に感謝!!!ありがとうございました!!!

勝手に弟子入りいたしました。

かながわ名木100選。鎌倉市・光則寺のカイドウ。

鎌倉の端境期(?)は、8月と2月だ。秋風が吹き始めると、混む。
江ノ電で行く。やっぱ好きだなぁ♡

お!夏バージョンだな。

来た来た♡

長谷で下車。

スマホのナビで歩き出す。海とは反対側、長谷寺の方向である。長谷寺を通り越して、その角曲がる。

お。あった!

日蓮宗・行時山光則寺様。
と・・・拝観料100円なり。

逆にほっとする。維持管理はただではできない。人が歩くだけで傷む。多ければ多いほど傷む度合いも大きくなる。いつも、お賽銭をあげるとか要りもしないお札を買うとか気をつかってしまう。

さてさてカイドウ様は・・・
って・・・絶句。
拝観料箱の横に境内の案内図があった。びっしりと草木の名前・開花時期が書き込まれてる。

確かに・・・。整然と手入れはされてるが、百花繚乱とでもいうんかな?名木・名花があり過ぎて、何が何だかわからない。

ましてやカイドウ様は今シーズンは葉っぱだけで春への英気を養っているはずだから、地味。
写真撮りながら内心では立ちすくんでいるところに、『師匠』がおられた。
植物を狙ってるいいカメラを手にしたにこやかなオジサン(すいません)であった。このお方詳しいな!と思いきってお話してみた。やはり詳しかった。正確には、詳しいなんて生易しいもんではなかった。光則寺様の境内の植物全部を開花時期まで網羅しておられた。
師匠に御案内いただき、カイドウ様にたどりつく。

本堂の手前がそうだったのね。

風格ある美しいお姿だ。

足元を守る草すら丁寧に植えこまれてる。

と。師匠が、跡継ぎがそれとおっしゃる。向かい側に若がおられた。

確かに、若い。カイドウ様は安泰であるな。
それにしても・・・実は山門の前のウメの古木様から気になっていた。なんだろう?この白っぽいの?境内の様々な木に付着してる。

師匠にうかがったら、これは、空気が綺麗な証拠だとのこと。光則寺様は、海風からも山降ろしからも守られた地形にあり、かといって澱んでるではなく、いわばオアシスのような空気が流れる場のようだ。
なるほどに。大賀ハスが揺れる。
このハスも!
ま。
また明日にしよう。
師匠からのレクチャーのご報告♡















コメント
この記事をはてなブックマークに追加