今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2017・5・16 テキトーに渡るおばさんの橋 横浜の架替関東大震災復興橋梁・月見橋はY市の橋のモデルだった!

2017-05-16 21:40:03 | 横浜の関東大震災復興橋梁
関東大震災で壊滅状態になった横浜の橋。復興事業で国施工37橋・市施工141橋が新築・改築・修築された。
派新田間川・帷子川分水路に架かるのは架替3橋。鶴屋橋・月見橋・金港橋。
袖ケ浦と呼ばれた風光明媚な海は江戸時代中期よりに埋め立てが始まり、鶴屋橋付近は大正元年の最後の工事であったという。
暗渠から出た派新田間川・帷子川分水路は、二之橋・北幸橋・西鶴屋橋・鶴屋橋をくぐり月見橋となるのであるが、人は川沿いには行けない。



横浜駅が線路が立ち塞がるのである。

線路の下をくぐる。



くぐって上れば、ベイクォーターウォークの入口のひとつ。



そして月見橋。

関東大震災復興橋梁・月見橋は復興費道路橋梁費支辨橋梁52橋のひとつ。平成8年に架け替えられた。

旧橋は横浜震災復興誌によれば。
位置・神奈川區高島町九丁目地先(第三十號國道)
橋種・鋼板桁
斜度・左72.00.00度
橋長・22.00m
有效幅員・7.30m
面積・160.60㎡
施工期・昭和三年八月四日:竣功昭和四年四月十九日
總工費・55.958.82円
とある。
親柱は、旧橋の意匠に沿った作り替え。







そして、この月見橋は松本竣介の「Y市の橋」のモデルという!

Y市の橋。

今現在の月見橋。

昭和17年と平成29年。
激変したのであるが、かといって、そう変わってもいないような気がするが、これ不思議。。。
そしてところで。
この川の名前はどちらなのであろうか(^^;


月見橋の先は金港橋。


















ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・5・16 されば... | トップ | 2017・5・17 こんな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよなの (ひろたん)
2017-05-17 09:09:56
きのう、大変でしたねぇ
少しは疲れたの、とれたかな
たまにはゆっくり休んでくださいな
Re:おはよなの←おはようございます(^^)(^^) (うさぎ)
2017-05-17 09:36:28
明日はじゃないもお天気がぱっとしないようなので、明日はごろごろ(^^)(^^)
ひろたんさまも季節の変わり目おだいじに(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。