今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2016・10・14 おばさんぽ 横浜市認定歴史的建造物・田邊家住宅(日吉の森庭園美術館)

2016-10-14 20:34:11 | 日記
お天気は冴えないけど、開館日がたくさん無いから今日行こう。そろそろ藪蚊軍団も絶滅した頃合だろう。
平成27年度認定の一番新しい横浜市認定歴史的建造物。
横浜市認定歴史的建造物「田邊家住宅(日吉の森庭園美術館)」。
所在地・港北区下田町3丁目10番34号
構造規模・主屋:寄棟造、木造、平屋建。土蔵:切妻造、木造、2階建
建築年代・主屋:江戸末期~明治初期(推定)。土蔵:昭和15年(推定)*初代土蔵は江戸時代築
設計施工・不詳
その他・日吉の森庭園美術館。公益法人日吉の森文化財団により運営されている民間の美術館。開館日などの詳細は美術館ウェブサイト参照。
今回で2度目。前回は田辺光彰美術館目的に行った挙句の果てが、閉館時間だったにも関わらず入れてもらってしまった(^^;
今回はきちんと行く。
東急&横浜市営地下鉄日吉駅下車。

前回同様に松の川緑道を通って行くことにするから、商店街方面に出て日吉中央通り。

松の川緑道入り口の目印は日吉地区センター。

地区センターの手前の黄色のボラードが目印です!

時折、田辺光彰作品(^^♪

松の川緑道は2.1kmとなっているが、健脚の方なら横浜市営地下鉄高田駅まで歩いていってしまう。

てきとーなところでバス通りへ。バスなら、日吉駅からサンヴァリエ日吉行きのバスが多数あるから下田地蔵尊バス停下車です。

日吉の森庭園美術館は、日吉の森庭園と田邊泰孝記念館と田辺光彰美術館で構成されている。
一応友の会会員で入園料は無料なのであるが、前回多大なご迷惑をおかけしたから無理に400円受け取っていただく。

まずは、田辺光彰美術館(^^♪

来春に企画展を予定しているようだ。楽しみ!

日吉の森庭園。田辺光彰作品が点在する。

ああ(^^;まだ藪蚊軍団元気だったか(^^;藪蚊が大の苦手な私はさっさだったけどじっくりなら蚊取り線香貸してくれます!
横浜市認定歴史的建造物の主屋は田邊泰孝記念館。

田邊家初代・大炊助の頃の400年前の建物は焼失してしまったが、今の建物も160年の歴史がある。

波打つ一枚ガラスいいなぁ(^^♪

梁がすごい!大木1本そのままに使っている。

ゆっくりしていってください!とお茶を出してくださった田邊学芸員さん。説明を求めるならご説明くださるが求めなければご自由に楽しんでくださいと姿を消してしまう。居心地が好くて根っこが生えてしまいそうだ。

土蔵を拝見して、帰路は日吉駅までバス。





























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016・10・13 おば... | トップ | 2016・10・15 おば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。