今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2017・9・23 茶の葉のおはぎ お茶は白芽奇蘭 鳶助さま&salaさま&みあちゃんコメントのお返事代りにすいませんm(_ _)m

2017-09-23 22:51:56 | 日記
彼岸の中日のおはぎは、茶の葉たまプラーザテラス店さん。今日はなかなか市の日だったんだな(^^♪

こしあんと粒あん。小さな一口サイズだけど美味いおはぎ(^^♪



さてお茶。。
鳶助さま&salaさま&みあちゃん。
コメントありがとうございます!(^^)!お返事に白芽奇蘭いれますね!すいませんm(_ _)m
ただし。
これから書くことはあくまで私の勝手な自己解釈自己流ですので信用しないでくださいね(^^;(^^;
日本国には茶道という文化があるけど、普通に暮らす普通の人は毎日毎日そういうお茶の入れ方はしていませんよね。
これは世界どこの国でも同じ。
中国茶には、工夫茶器という茶道具があります。工夫。文字通り手間をかけるという意味。
私たちがそれぞれの流派に則っていちいち入れてないように、中国だってざっくりが日常です。
そして中国は広い。この工夫茶器を使うのは主に福建省から台湾です。台湾と中国の関係は突っ込まないでね(^^;
工夫茶器。

手入れその他が楽なルピシアさんの使います。茶海はルピシアさんのは使い勝手が悪いから他の。
急須が茶壺。細長いのが聞香杯。湯呑が茶杯。ガラスのが茶海。
茶盤と茶舟は同じ役割。グラビアとかでは茶盤だけど、使い勝手は茶舟の方がいいかも。

これはお湯を捨てるのに以外に大事。名はわからぬ(^^;

お湯が沸いたら、茶海→茶壺→聞香杯→茶杯の順に移して行って温める。

この時もその後もお湯を捨てるのに便利なのが謎の器。ま(^^;
茶葉を入れた茶壺にお湯を入れてすぐに捨てる。

これ洗茶。青茶と黒茶は必須。
中国のお茶は汚いからというのでなく、これは茶葉が開きやすいように。
再びお湯を入れて灰汁を蓋でちょちょいととって。

蒸らす。青茶と黒茶のお湯はすべて熱湯。

10秒~数分までお好みの時間で抽出。お茶の濃度を均一にするために茶海に入れる。

このひっくりかえすは、楽にお茶を出し切るためなのです。正式には、しらん(^^;(^^;
なぜなら、何煎も飲めるので一煎ごとにきちんとお茶を出し切らねばならぬのですよ。
茶海から聞香杯へ。

聞香杯から茶杯へ。

聞香杯は空っぽにした杯で香りを確かめる役割なのです。ワインのテイスティングみたいなもんかな?
ざっくりすぎましたがお許しをm(_ _)m

プーアル茶は黒茶のひとつ。
黒茶とは、後発酵茶。すなわち発酵度100%。
保存が効く上に固めて持ち運びもできますのでお茶の産地ではないチベットやモンゴルで飲まれます。
そしてビタミンが豊富なのです。
これは、健康がどーのとかではなく先祖からの知恵なのですね!(^^)!
ぜひともどーぞ!(^^)!
どこで買ってもおおもとは中国・台湾からです。
でも、横浜中華街のそれなりきのお店とかルピシアさんとかの方が確実かも。。
また追加だ(^^;
青茶で有名なのはウーロン茶。鉄観音とかです。
これは、半発酵茶。発酵度30~80%。
今回の白芽奇蘭は青茶です。香りが極めて良い青茶なのです(^^)v






















ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・9・23 てきと... | トップ | 2017・9・24 黄金町... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詳しいですね~ (tonnko)
2017-09-24 00:28:05
香港で経験した事が有ります。
日本では見たことが無い入れ方でしたので、驚きましたが、
とても美味しいお茶を戴いた記憶があります。
お湯のみが、小さいのにも驚きました。
オママゴトみたいで、きちんと習うと楽しいでしょうね。

目下、わたしは茶筅を使わずに、お抹茶を飲んでいます。
湯冷ましでお湯を冷まして、湯飲みに直に入れ長い柄の匙で混ぜます。
お茶ガラまで飲んで居るわけです。
さすが!tonnkoさま(^^)v (うさぎ)
2017-09-24 00:38:51
茶筅のかわりに長柄のスプーンですか(^^)v
さすがですね(^^)v(^^)v
ワイルドな味ですね(^^)v(^^)v(^^)v
そうなんですよ。
ちゃんと習えばいいんだろうけど(^^;
やっぱその色々とめんどー(^^;(^^;
お茶の作法はどこの国どんな流派でも極めて合理的なんですが、習うとなると不合理になることが多いかなあ(^^;(^^;(^^;
Unknown (ひろたん)
2017-09-24 08:00:51
スゲー(σ≧▽≦)σ
うさぎさん、弟子にしてください
あ、このさい執事で使ってくだちゃい
ひろさまおはよーございます(^^; (うさぎ)
2017-09-24 08:51:25
まだ昨夜の酒残ってんじゃないの(^^;(^^;
でも、元気になった感じでなによりです(^^)v
なるほど~ ( -_・) (鳶助)
2017-09-24 11:13:58
説明、ありがとうございます♪
鳶助さまこんにちはー(^^) (うさぎ)
2017-09-24 11:46:59
ちゃんとした説明になっていなくてごめんなさいなのですm(_ _)m
したくても勉強してないからできないか(^^;
最低限あればの最低限です(^^;
工夫茶器も上をみたらキリがありません。どこの国のどんなお茶の茶器もおなじですね(^^)
Unknown (みあ)
2017-09-24 15:45:13
公式の淹れ方、正しい淹れ方などあると思いますが、どんなことにもその家のやり方ってありますよね。
うさぎ様のお宅のお茶の頂き方、参考になります(﹡ˆˆ﹡)
けれどまず道具からとは...。
みあちゃんこんばんはー(^^) (うさぎ)
2017-09-24 20:52:39
道具なんて、それこそなんでもいいですよ(^^)v
要は、茶葉から抽出できればいいんだから(^^)v
普段に使ってる急須やティーポットで充分ですよ(^^)v気になるなら茶漉しあれば(^^)v
なんだかこーしてみたいあーしてみたいとイメージができたら、その時に揃えればいいのだしと思います(^^)v(^^)v(^^)v

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事