今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2017・6・30 テキトーに渡るおばさんの橋 横浜の架替関東大震災復興橋梁・南幸橋 幸川は300mの川

2017-06-30 21:17:57 | 横浜の関東大震災復興橋梁
関東大震災で壊滅状態になった横浜の橋。復興事業で国施工37橋・市施工141橋が新築・改築・修築された。
幸川に架かるのは、架替の南幸橋1橋。
今日は本を取りにダイエー横浜西口店のブックファーストへ行くついでに渡った。
お天気最悪!
おまけに、そもそもブックファーストってどういう会社なんだろう?本の店舗間移動が移動ができないなんて"(-""-)"青葉台店で調べてもらって、あー横浜西口店にありますね!で、では取り置きお願いしましたのでご自分で行ってください!だもん"(-""-)"
ま。橋。
幸川に架かるのは、と書き出したが、この幸川というのは私にはよくわからない川である(^^;
烏帽子田橋から帷子川と分かれた新田間川は横浜駅の下で再び帷子川と合流する。
帷子川と分かれた新田間川は一之橋の先でぶつかる。







直角に曲がって内海橋をくぐれば幸川となる。



この幸川は短い!長さ300mの川なのである!



だったら全部新田間川でいいだろうがと突っ込みたくなるが、なんかわけがあるのであろう(^^;
この300mの川には、内海橋・内海人道橋・幸川橋・南幸橋・幸橋の5橋が架かる。
南幸橋と幸川橋はもう一体化している。写真の手前が南幸橋で向こう側の広場のようなのが幸川橋。

ま。
南幸橋は、市施工・市單獨負擔橋梁18橋のひとつ。昭和29年に架け替えられた。







旧橋は横浜震災復興誌によれば。
位置・神奈川區鶴屋町南幸町地先(市道)
橋種・木桁
橋長・26.90m
有效幅員・10.909m
面積・390.54㎡
施工期・著手昭和二年六月二十九日:竣功昭和三年九月二十日
總工費・は、鶴屋橋と南幸橋と内海橋まとめて63.757.73円
とある。
旧橋の親柱は旧橋は不明だが、今の親柱は統一性無いかな(^^;
上流側。



幸川橋との境目。







以前は屋台が軒を連ねていた場所はすっきりと。

でも、なんだか私は以前のカオスな感じが好きだったなぁ(^^;
ま(^^;

そして土のうステーション。















ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・6・30 ムーミンスタン... | トップ | 2017・7・1 リィリィ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考になります (U1)
2017-07-01 05:31:46
おはようございます。
丁寧な橋のレポート、参考になります。
私も学ばなくては。
U1さま(^^♪(/ω\) (うさぎ)
2017-07-01 11:20:24
いつものことながら、恥ずかしいです(/ω\)
もっときちんと調べればいいんですが、行政にまで出張って行くのは気が引けて、いつもいつも中途半端な勘違いが多いです(/ω\)
火の見櫓のご本はどうですか!(^^)!
製本ができたら一冊購入します!(^^)!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。