今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2017・9・16 長野県信濃美術館にお別れを言ってきた日。。

2017-09-16 22:32:56 | モダニズム
長野市城山公園。









1966年に開館した長野県信濃美術館。

10月1日より長い休館に入る。
この素敵な建物は新しく建て替えられる。



林昌二の仕事。
-善光寺に近く、善光寺を意識してつくられたことがよくわかる作品である。庭に噴水があり、これがクーリング・ポンド、つまりヒートポンプ用の、冷却装置と貯水槽である-
設備設計は石福昭。



きっと後ろの、えーと、今は長野市公文書館という看板があったな。昔はNHK長野放送局だったかなぁ?のところあたりから見るとわかるのかな?でも木はすっかりと大きくなっているしなぁ。。

しばしぼんやりと眺めていた。
この一帯を訪れる人たちの目的は様々。
長野市で子育てしている人たちは市民プールや動物園に車で直行するかもしれない。
美術館だけという人たちもいるであろう。
が、動線としては、善光寺から城山公園に入る人たちが多いと思う。
お寺から美術館への空間移動・意識移動が実にスムース。どちらの印象も壊さない。
誰にでもできるようでできない繊細な設計。

このワイヤーの束はなにに使うのかな?

来年3月いっぱい取り壊し直前の内部公開をするらしいが、この年になれば明日すらわからない。
来年3月にまた来ることができたらラッキーとして、最後のお別れを言ってきた。
こう言ってはなんだが、建て替えられた長野市民会館&市庁舎、長野市第一庁舎及び長野市芸術館というのか、あれは目も当てられない。。
なにがどう違ってしまったのであろうか?
それとも年寄りのただの郷愁?
どんな美術館に生まれ変わるのかな?
楽しみは楽しみであるけれど(^^♪












コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・16 JAながの ぱうんどケーキ。えのきのパウンドケーキは謎(?_?)

2017-09-16 10:34:32 | 日記
母の買い物に付き合っていたらふと目についたミニパウンドケーキの詰め合わせ。
ちゃっかりと母の財布から会計して横浜に持って帰ろうと思っていたんだけど(^^;
昨日来客のお茶菓子準備中に、ところであれなに?と母。バレていたか(^^;
JAながの ぱうんどケーキ。

箱を開けた。

JAながの管轄の5ブロックの特産品でパウンドケーキを作ったようだ。

日本酒・りんご・あんず・ぶどうはわかるが、この「えのき」ってなに(?_?)

ふたりで少し食べてみた。

あ・あ・甘い!!!
甘すぎてなにがなんだかわからない(^^;
エノキダケってどんな香りに味だっけ(?_?)エノキダケ香るパウンドケーキ(?_?)じゃないなぁ(?_?)どこがどうエノキダケなのだろうか(?_?)
粉末にして加えたということなんだろうか(?_?)
謎のパウンドケーキなのでした。
あとはお客さん食べちゃった。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加