子宮筋腫・内膜症・嚢腫など婦人科疾患には漢方・鍼灸が効果的です 中国漢方 関西 大阪

子宮筋腫・内膜症・嚢腫など婦人科疾患について 手術なしで治す方法 漢方 中国漢方 大阪関西 

子宮筋腫を小さくする、治す方法 東洋医学 漢方薬・鍼灸・漢方座浴

2017-07-11 12:43:32 | 子宮筋腫 卵巣嚢腫 卵巣のうしゅ 治療 
子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍です。

女性ホルモンが分泌されている間(閉経するまで)は放置しているとどんどん大きくなってしまいます。
大きくなった筋腫は周辺臓器を圧迫し、排尿障害や便秘、腰痛を引き起こします。また、不妊症や早産の原因にもなります。

主な症状として、過多月経・ひどい月経痛・出血量の増加がありますが筋腫のできる位置によっては無症状の場合もあります。無症状でもそのままにしていおくと筋腫が大きくなっていく場合もあり、早期に治療することが大切だと言えます。

西洋医学では、薬で閉経状態にし筋腫を小さくする治療・子宮全摘または筋腫のみの摘出をする手術を行います。薬による治療は更年期障害に似た症状が出たり、薬を中止すると再び元の大きさにもどるといったリスクがあります。また、大きくなる速度が速い・圧迫による症状がひどい・妊娠を望むが筋腫が流産や早産のリスクもあり手術を行うことになります。

術後はホルモンバランスの崩れや痛み・癒着などの後遺症に悩まされたり、筋腫は取れたが不妊症になってしまったりとリスクも伴います。

大龍江中国医学センターでは、一人一人に合わせた

オーダメイドの漢方薬・鍼治療・漢方薬灸・腹部漢方外用法・漢方蒸し座浴



を組み合わせ、体質(根本)から治療していくため、手術をしなくても良い方向に向かっていきます。
日本国内では当院だけが行うあなたのための中医学治療です。
治療は早ければ早いほど効果も高いので、お悩みの方は是非一度ご相談ください。

中国漢方・中国鍼灸
大龍江中国医学センターへ http://dairyuukou.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宮筋腫を小さくする、治す... | トップ | 子宮筋腫を小さくする、治す... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。