菌の森の憂鬱

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金融危機の引き金

2017-05-19 15:34:11 | 日記
未来のためにも日本国内で生まれたほとんどずべての銀行では、広くグローバルな金融規制等(市場や取引)が強化されることも見据えながら、財務体質を一段と強化させることや合併や統合等を含めた組織の再編成などに活発な取り組みが始まっています。
アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が支払う実際の補償額は"預金者1人当たり1000万円"この機構に対しては日本政府同機構に対しては日本政府、日銀そして民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から金融制度の企画立案に関する事務を移管したうえでこれまであった金融監督庁を金融庁(現金融庁とは異なる)に再組織した。そして2001年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
我々の言う「失われた10年」が示すのは、その国全体の、または地域の経済活動が10年以上の長期間に及ぶ不況および停滞に襲い掛かられた時代を表す言い回しである。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金はどんな仕組み?銀行が扱っている資金運用商品の一つの名称であって円以外の外国通貨によって預金する商品です。為替の変動による利益を得る可能性があるけれども、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
最近増えてきた、スウィーブサービスというのは普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座の間において、株式等の購入・売却代金などが両口座で自動的に振替えられる便利なサービスである。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略です。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月、米国の有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如破綻したことは記憶に鮮明だ。この出来事がその後の世界的な金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったと言う経緯がある。
【用語】外貨MMFってどういうこと?例外的に日本国内でも売買可能である外貨建て商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが良い上に、為替の変動によって発生する利益は非課税だというメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
格付け(評価)を使用する理由(魅力)は、難解な財務資料を読めなくても格付けによって、知りたい金融機関の財務に関する健全性が判断できる点にあって、ランキング表で金融機関同士を比較することもできる。
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)する。この破綻によって、ついに未経験のペイオフ(預金保護)が発動して、全預金者のなかで3%程度とはいえ数千人の預金が、上限額適用の対象になったと噂されている。
未来のためにもわが国にあるどんな銀行でも、広くグローバルな市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも見据えつつ、財務力のの強化や金融機関の合併・統合等も組み入れた組織再編成などに精力的な取り組みが始まっています。
日本証券業協会(Japan Securities Dealers Association)ってどんなところ?⇒協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う有価証券などの売買等といった取引等を厳正に加えて円滑にし、金融商品取引業が堅実なますますの成長を図り、出資者を守ることを協会の目的としている。
一般的にペイオフって何?防ぎきれなかった金融機関の経営破綻が原因の破産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護できる預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行から提供されるサービスは法律上、民営化前からの郵便貯金法に定められている「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)での「預貯金」に準ずる扱いのサービスなのだ。
きちんと理解が必要。株式とは?⇒債権ではなく出資証券(有価証券)であり、企業は出資を受けるだけで株式を手に入れた(出資した)株主について返済に関する義務は発生しないきまり。加えて、株式は売却によってのみ換金できる。
菌の森
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 発生するリスク »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。