おにぎりあたためてぃます

毎日の節約弁当と、雑記です。

四川風坦々炒め、イカとセロリのカレー炒め弁当/健康の話

2016年10月16日 | 田舎生活の衣食住
 四川風坦々炒め(南瓜、厚揚げ、大豆、ニンニク)
 イカとセロリのカレー炒め(イカ、セロリ、卵)
 おにぎらず(鰹節、海苔)
 セロリサラダ(セロリ、レタス、キャベツ)









 四川風だから、辛い。辛ければ四川風。それに山椒をかければ、更に本格的。四川省の良い山椒って、本当に旨いよ。一度しか口にしたことないけど。
 そして、大豆に大豆製品の厚揚げを組み合わせた、我がセンスの無さ。食べながら気が付いた。どちらか要らなかったよな。って。

 イカとセロリの組み合わせも、さっぱりしていて好き。香港生活も長くなると、中華特有の香辛料の香りとか、濃いこってりした味付けが嫌になり、「番茄(トマト)炒蛋(卵)」か「芹菜(セロリ)炒烏賊(いか)」ばかり食べていたもの。どちらも塩味でさっぱりしていたので。
 弁当にしては、お菜ひと品の量が多いよな。で、品数が少ないよな。雑誌やらネットで見てみると、皆さん、ひと口づつ少なめの品数多しで、奇麗に盛り付けていらっしゃる。
 しかし、本当は、お菜も飯も、この倍は喰えるし、喰いたいんだぜ。と言う本音。
 はい。体脂肪やら、体重やらを気にしているのさ。一応。これ、美容的とか見てくれとかの問題ではなく、健康と節約の為。
 太ると手持ちの服が着られなくなるので、これは大変に家計を圧迫するのだ。もっと本音を言えば、「甘い物を止められないのだよー」。
 などと、言い訳を自分に言い聞かせていたら、先日の健康診断の結果が届きました。そうだった、若い頃は「不健康診断」などと、軽い気持ちでいられたけれど、今となっては、その若かりし頃の「不健康」が祟って、封を切るのが少しばかりドキドキもの。
 そして、いつになく真剣に、目を皿の様にして結果を見ると、「全て、異常なし」。真底ホッとしましたよ。
 ただ、現在、体重が身長比のベストよりも少しだけ軽いのだが、太っていた方が(肥満ではダメだけど)、血流関係は数値が良かった。
 学生時代、我が青春のデブ時代なのだが、風邪ひとつひかなかったのを思い出しました。
 そうそう、食べ順ダイエットってえのを、割と真面目に守っていたら、体重が減った(最後に米だけを食べるのが全く苦にならないので)。
 じゃあ、どうして欧米人は底はかとなく太れるのだ。単にカロリーの取り過ぎだろうけどな。



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。ご協力お願い申し上げます。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シメジと厚揚げ丼弁当/ぴぃ... | トップ | リメイク四川風坦々丼弁当/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。