おにぎりあたためてぃます

毎日の節約弁当と、雑記です。

鰹(かつお)の味噌焼き弁当/昨日の朝…

2017年03月30日 | 田舎生活の衣食住
 鰹の味噌焼き(鰹、キャベツ、酢漬け生姜)
 ヒジキのカレー風味チャンプルー(ヒジキ、ゴーヤ、ニンジン、油揚げ)
 ポテ玉蒸し(ジャガイモ、卵)
 野菜サラダ(セロリ、キャベツ)








 
 鰹は、なんと、切り身にしたら7枚分(若干薄いが、弁当用には支障無し)がアラとして売られており、100円也。2パックお買い上げー。
 こらあ、買わない手は無い。猫も鰹大好きだしな。チンしてほぐしてやっからな。
 と言う訳で、暫くの間朝昼晩、鰹が続く予定。御容赦くださいませ。何せ、家計に優しいので、これは譲れんめえ。
 初めは、味噌焼き。味噌漬けではなくて、身の半分に味噌を塗って焼いただけ。しかし、香ばしくて美味しいよ。漬けるよりも塩分軽減できるしな。キャベツに包んだ意味は特に無く、この方が見栄えが良いかと思っただけ。最近、半額レタスさえも節約しとるしな(笑)。
 副菜の定番、ヒジキなのだが、いつも同じ煮付けではつまらないので、洋風にカレー粉、ケチャップ、マヨネーズで炒り煮にしてみた。これが幸いするか否か…。
 ゴーヤは昨年夏に乾燥させて、冷凍保存しておいた物で、大切に大切に食べていたら、未だ十分あるのに、今年の旬になりそうなので、食べちゃおうと思い立ってみたもの。
 下処理はしてあるが、ゴーヤにはマヨネーズ。苦味を程よくコーティングしてくれるからね。それに、炒める時に、マヨネーズを使えば油要らずだし。カレーの良い香り漂う、ヒジキって…面白い。
 また多く拵え過ぎたので、暫く食べにゃあいかん。
 ポテ玉は、ストックの酢、マヨネーズ和えのマッシュしたゆで卵と、電子レンジで加熱済みのジャガイモを賽の目に切って、ラップでギュッと握って、そのまま巾着状にして、電子レンジで1分。そんだけ。ポテトサラダと卵サラダのドッキング。「PSES(ポテト・サラダ&エッグ・サラダ)」ざんす。
 余談 ヤッベー。もう少しで、「PSTS(ポテト・サラダ&卵・サラダ)」のまま更新するところだった。初歩的なミス。
 
 大量の鰹の下拵えに大わらわで、猫飯時間を少しばかり遅れた。少しなのに、皆背を向けて待っているって、一体…。鰹、やらんからな!

 早朝5時半から粗熱の取れた弁当を詰め(もっと早くからこしらえているのよーん)、既にウロチョロしているぽこ猫嬢にだけ早飯を食していただき、6時前には玄関の清掃、そして室内の拭き掃除を開始する。本当は掃除機をかけたいのだが、近所迷惑にならないように、7時までは我慢しているのよー。近所の人々はまるで無頓着だけどさ。
 拭き掃除の後、掃除機をかけて、洗濯物を干し、猫の準備(この言い方おかしいな。猫の朝食の準備だ)をし、猫の食事の間に猫ベッドを掃除しても、未だ朝8時半だって。
 時間が大分余ったので、思い立って、夏野菜の種を(いい加減に)撒いた。撒いたのは、この1年間に食べた野菜から、種だけ取って置いたもので、100%芽を出すとは決まっていない、ギャンブル菜園なのだ。しかし、実が1個でも生ればめっけ物。何せ、コスト0円だから。
 んでも9時半だった。流石に疲れたので、お茶を飲もうとすると、 「腹減った」。「食べたでしょーが」。「遊んで、遊んで」。「遊ばない」。「ゴシゴシして(ブラッシングのこと)」。「後で」。
 とは、いかずに、遊んで、奉仕していたらあっと言う間に昼だった。
 毎日こんな繰り返し。






ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。ご協力お願い申し上げます。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卵の都合で丼/沖縄蕎麦 | トップ | 本物の豚カツ丼弁当/凝り性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎生活の衣食住」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。