おにぎりあたためてぃます

毎日の節約弁当と、雑記です。

豚玉丼弁当/知らなんだ

2016年11月26日 | 田舎生活の衣食住
 豚玉丼(豚コマ、厚揚げ、卵、タマネギ、棒ネギ)
 柿と薩摩芋の天ぷら
 酢漬け生姜
 野菜サラダ(トマト、レタス、セロリ、キャベツ、ニンジン)
 ミカン









 またまたヤッホーなのである。生卵を使えるなら、これは外せない甘辛卵とじ丼。厚揚げは(もはや肉だかんね)、常に常備しているし、たまたま豚コマもあるので、豚を少しすこうしだけ足して、豚玉丼とする。
 生姜を酢漬けにしているので、トッピングできるのも嬉しいが、甘辛丼の香りと、生姜の香りが混ざると、そらあもう、たまりませんな。鼻腔から傾れ込み、食欲の詮をぶっちぎる良い匂いです。
 薩摩芋は、この前の焼き芋を熱を加えた後、マッシュした残りです。カップに入れて冷凍保存しておいたんだ。それをそのまま自然解凍して、片栗粉を全体にまぶして揚げ焼き。冷凍食品みたいな(実際そうだけど)手軽さなのだ。
 野菜サラダは写真取り忘れ。ほぼいつもと同じです。そろそろ、生野菜は冷えるのでサラダを止めて、温野菜に切り替えたいのだが、温野菜でサラダと同量となると、如何なものかと考えています。
 大根の煮付けでも、たんまり喰うとするか。しかし今年の大根は高いしなー。となると、通年安価で安定のモヤシ。これっきゃないのだ…ろうか?

 忘れたけれど、今のデジカメを使い始めてから5年以上は経つんじゃないかな。以前の物は、僅か13カ月で壊れたから(1年の保証期間を僅かに過ぎて壊れやがった)。
 天気が悪いと、奇麗に写らなくて、フォトショップで明るくしていたのですが、どうにも我がMac君のモニターと実際の色が違っているみたいで、憤懣やるせない出来映えなのです(これ、継続中な)。
 それが、今さっき発見。“高感度”で撮れるんじゃん。知らなんだ。とにかく、説明書という物を読むことができない質なので、何でも簡単明瞭の、余分な装置一切無しが好みなのです。カメラなら「撮れれば良い」。携帯電話なら「話ができれば良い」。TVなら「映れば良い」。極めつけは炊飯器。「炊ければ良い」。本来の目的以外のオプションを必要とは感じないのです。ややこしい操作はいらんから、「簡単にしつくんな」。
 唯一使用しているオプションは、扇風機のタイマーだけ。




ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。ご協力お願い申し上げます。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿のタコライス弁当/初雪 | トップ | 少しづつ被っている弁当/「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎生活の衣食住」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。