おにぎりあたためてぃます

毎日の節約弁当と、雑記です。

鯖(さば)の塩焼きとキッシュ弁当/被っているから

2016年10月18日 | 田舎生活の衣食住
 鯖(さば)の塩焼き
 ジャガイモのキッシュ(ジャガイモ、リンゴ、卵)
 ピーマン詰めタマネギ焼売
 セロリの葉の酢漬け
 セロリサラダ(セロリ、キャベツ、レタス)







 昨日のポテトサラダの残りを、スライスしたリンゴで挟んで、上から溶き卵を掛けて、電子レンジで3分弱。キッシュ風か!? キッシュになりたかった卵焼き君か!? 良いの、これが生地無し(生地が無い時点でキッシュじゃないけどな)キッシュ。
 ピーマン詰めタマネギ焼売は、単に、タマネギのピーマン詰めと言えなくもないが、タマネギを片栗粉でガッツリ固めて、小麦粉の上を転がして皮にした、タマネギ焼売っちゅうのがあるので、焼売なのだ。
 本当は、タマネギのみじん切り、豚挽肉(ほんの少し)、砂糖、片栗粉で焼売の形を作り、小麦粉の上を転がしたら(満遍なく小麦粉を付ける)、飾りにグリンピースを1個乗せて、蒸すだけ。
 熱し過ぎて、ピーマンがへニャへニャになってしまったけど、良いや。中はほーら、透明で奇麗でしょう!



 芥子ソースで食べる焼売。これ、甘くて美味しいのだけれど、家で拵えると、どうしてもお店の味と違うので、実際に提供している店の方に伺ったところ、砂糖を入れていることが判明。それからは砂糖を使っているのです。

 料理の写真が一番難しいと聞きますが、本当に難しい。パソコン画面では、結構奇麗に映っていても、ブログにアップすると、余り美味しそうに見えないことが多々あります。
 ほかの方のブログを拝見させていただくと、皆さん、奇麗に写しておられて、秘訣を教えて頂きたいものです。
 ↑これ、前置き。
 昨日、終始曇天だったため、写真はもう真っ暗。それでもストロボは好きじゃないので、自然光で撮ったのですが…。ダメだなあ。


 最近は、家着に穴の開いたジャージを履いて、ヨレヨレのコットンのセーターを着用していることが多く、「外にはこれでは行かないから良いのだ」と、何も気にしてはいなかったのだが、ふと鏡を見たら、そこには、小さい「カズレイザー」が居た。
 「あいやーっ」。上から下まで真っ赤っかざんした。年齢的には、「カズレイザー」よりも還暦の赤いちゃんちゃんこの方が近いけどな。
 因に、パソコンに向かっている時は、近眼メガネの上から、老眼用メガネを着用。2枚眼鏡です(笑)。


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。ご協力お願い申し上げます。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リメイク四川風坦々丼弁当/... | トップ | ソース焼きそば弁当/「見ぬ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。