おにぎりあたためてぃます

毎日の節約弁当と、雑記です。

秋刀魚(さんま)の塩焼き弁当/余裕をぶっこいていたら…

2017年10月10日 | 田舎生活の衣食住
 焼き秋刀魚の塩焼き
 ヘルシー・ナス味噌餅(ナス、豆腐、ハンペン)
 伊達巻き(卵、ハンペン)
 酢漬け生姜
 大根おろし
 ソムタム・サラダ(大根、ニンジン、セロリ、キャベツ)







 あーっ、相変わらず写真へったくそだなあ。少しも美味そうに見えないよなぁ。と、反省点から始まる。

 旬の秋刀魚は軽く塩をふって焼くだけで美味い。本当は、家庭料理って、シンプルで良いと思うのだ。の割りには色々無駄にいじくって、ややこしくしている自分(笑)。
 その良い例が出来た。一応、「ヘルシー・ナス味噌餅」としたのだが、「ナス味噌お焼き」でも、「ナス味噌の豆腐ハンバーグ」でも、「ナス味噌しんじょ」でも良いのだよ。だが、どれにもちぃとばかし、帯に短し襷(たすき)に長しってか!
 みじん切りのナスを砂糖と味噌で和えて電子レンジで1分加熱。これが餡。
 皮は、豆腐とハンペンを、形がなくなるまで良くこねたら、片栗粉と混ぜ合わせる。豆腐は水切りしていないので、グッチャリしがちだが、だからといって片栗粉を入れ過ぎると、ヘルシーじゃなくなるので、そろーっと、丸くして真ん中に餡を詰めて、フライパンで極少量の油で弱火で焼く。火が通って焦げてくると、固まって扱い易くなるのだ。外はパリッと中はふんわり。食べると、甘い味噌が口の中に広がるって寸法なのだが、見掛けが追い付かなかったぜい。
 不思議な食感で美味しいよ。
 「伊達巻き」はクラッシュして練り状にこねたハンペンを溶き卵に加えて、ラップを敷いた四角い皿に広げて、ラップを上からも掛けて1分加熱。すると、肉厚の卵焼きが出来上がるので、そのまま、巻き簀(す)で巻けば出来上がりなのだが、両面黄色いままなので、片面だけフライパンで焦げ目を付けてから、巻き簀(す)で巻けば良いのだ。良い筈だったが、中々均等に焦げ目って付かないものなのだなあ。こちらも見掛けが味に追い付かなかった。味は伊達巻きだす。
 最初からフライパンで焼いた方が良さそうだ。だが、これには形崩れとか焦げ付きといった危険も伴うので、我が家は暫く黄色だけの伊達巻きが続きそう。良いの、味は同じだから。そうそう、普段は砂糖は入れない。「お節料理」の時は流石に入れるけど(ここ数年面倒で市販品にしちゃっている)、それでも“大層聡う入れちゃったな”と思っていても、余り甘くないの。てことは、市販品にはどんだけの砂糖が入っているのだ。

 昨日は、どうしたことか、時間が余った気がして、余裕をぶっこいていたのだが、夕方になって思い出した。「ウキャー、忘れていた」。それまでの、まったりとした緩やかな時間が一転。辻褄合わせに大忙しになってしまった。
 視界には、ペタンと腹這いになって、ブラッシングを待つぽつ男あり。「ご免よー」。とやり過ごしても、常に視界の端には、ペタンぽつ男、略して。ペタぽつが居る。
 人間が動く度に、「ご飯」だと思って、テンション高く、走り回るぽこ猫。我が必死の形相に恐れるぐー猫。余計に忙しない気がしないでもない。


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。ご協力お願い申し上げます。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チリコンカン風トマト煮弁当 | トップ | ムーヤーン弁当/だから太る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎生活の衣食住」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。