おにぎりあたためてぃます

毎日の節約弁当と、雑記です。

焼売弁当/猫ってヤツは

2017年09月13日 | 田舎生活の衣食住
 焼き鳥焼売(市販品)
 高野豆腐と大根の煮染め(高野豆腐、大根、ニンジン)
 キャベツのタオチオ炒め
 酢漬け生姜
 野菜サラダ(セロリ、キャベツ)








 外食を予定していたので、食材がほとんどなかったのだ。弁当のお助けマンである卵までない。有り合わせで何とかしよう。ということで、出来たのが、市販品の焼売と煮染め。
 そういやあ、高野豆腐の煮方を知ったのは最近のこと。出汁とか醤油(塩分なのだろうな)で煮ないとポロポロに崩れるのだって。
 だからかあ、これまで幾度となく崩れてしまっていたなあ。
 「タオチオ」とは、タイの調味料で、発酵大豆と唐辛子のペーストなのだが、中国で言うところの「沙茶醬(サテジャン)」と酷似していると思う。日本では、「唐辛子味噌」か。
 インドネシアやマレーシアなどでは、串焼きに使うが、「香港火鍋」のスープにも使っている、辛い辛いなのよー。

 小ぽーがやって来ると、すっ飛んで来るぐー猫。んでもって、チュッと挨拶。そして並んでご飯を食べる。何が何やら…。小ぽーに目の敵にされて、本当に尻尾を巻き込んで逃げ回っていたのに…。
 猫って親切にされたことはすぐに忘れ、嫌なことはずーっと覚えているって節があるが、それが真実なら、ぐーは特別なのだろうか? 小ぽーに意地悪されたことは忘れ、それを助けてもらっていたのに、我がことは忘れとるよ。
 そんなイチャイチャしているおっさんたちを遠巻きにしているのは、ぽつ男とぽこ。頭のどこかで、おっさんたちの方が先(ご飯の順番)と理解しているらしく、大人しく待っている健気さよ。
 因に、ぽこは、小ぽーの娘である確率99パーセント。ぽつ男とぽこは父親違いの兄妹。という複雑な家庭環境(笑)。





ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しております。ご協力お願い申し上げます。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お好み焼き風ジャガ焼き弁当... | トップ | 通菜のタオチオとプルコギ弁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎生活の衣食住」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。