観るも八卦のバトルロイヤル

映画・ドラマを独断と偏見(?)で、
斬って斬って斬りまくる。
※無断転載は一切禁止。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「大奥第一章SP〜桜散る〜」こりゃあ、面白かった。一気に観たぞ

2008年07月10日 | 映画・ドラマ
「大奥第一章スペシャル〜桜散る大奥燃ゆ!家光の最期に渦巻く将軍の女たち 母子の壮絶愛憎劇!明かされる衝撃の新事実全編新撮!」
 タイトル長っ!
 しかし、こんなスペシャル知らなかった。本編3本。スペシャル4本。それで映画1本。しかもスペシャルはみな本編に描かれなかった真実ってのを追っているので、本編で準主役やレギュラーだった俳優が主演。
 今回は、春日の局(松下由樹)の死から8年後、家光(西島秀俊)が病に伏して、水面下で起こる、世継ぎ争い。なのだが、御台所・孝子(木村多江)と側室・お楽(京野ことみ)のエピソードを中心に、 松下由樹と大奥総取り締まり・お満(瀬戸朝香)が要所を締める役回りなのだが、松下由樹の怖えーこと。怖えーこと。本編でも次第に凄みが増して、怖いことこの上無しだったが、この春日局、怖い!
 それと、後の綱吉生母役のお玉(星野真里)がまた、怖い。感情の起伏が顔と声のトーンでありありで、上手い!
 瀬戸朝香は歴代大奥女優の中でも一二のきれいさだし。
 私的には、木村多江の魅力一杯で大満足。この人ほんとうにナチュラルに演じるなーって感じ。この孝子もいいけど、幕末編の絵島をモデルにしたであろう初島役で、最後に遠流になり、江戸城の不浄門を出るシーンも、凛とした静けさを感じさせてくれた。あっ、季節を感じさせる女優ってことかな? なんか彼女の後ろに四季が見えてくる。
 シリーズ中、この第一章の松下由樹と秀忠御台所のお江与(高島礼子)の迫力。木村多江、星野真理の演技力。瀬戸朝香の美貌。一番いいかな!
 家定御台所・篤姫の菅野美穂と大奥総取り締まり・瀧山の浅野ゆう子の迫力もあるけど、全体的には、第一章が好き! 幕末編はイケ面俳優が出てないのが痛い! 
 これで、大奥シリーズみんな観たと思うけど、大奥って迫力ある女性ばっかだし、裏工作とかすげーし、そんで自分がやばくなるとその場その場で優勢側に傾いたりさ、なんか、今のOLの世界みたーいっ。最もOLよりゃ、胆が据わっちゃいるけどね。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
大奥第一章 浅野ゆう子 京野ことみ
コメント (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「あの日、僕らの命はトイレット... | トップ | 「家政婦は見た」シリーズ »

あわせて読む