goo

Valdštejn

チェコ・ノヴァーパカ醸造所より6月上旬届きます新入荷ビールのご案内です。

Valdštejn ヴァルドシュテイン Alc. 7.0% / スタイル:ヘラーボック / 
ペテイナーケグ20L(ワンウェイ)/ ノヴァーパカ醸造所(チェコ)

Valdštejn(ヴァルドシュテイン)とはチェコ語の名字で、このビールではチェコの歴史上の人物であるアルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインのことを指します。アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインは17世紀に活躍した軍人です。東ボヘミア地方の発展に大きく貢献したということで名を残し、今日でもチェコの歴史上有名な人物の一人です。



ビアスタイルはHeller Bock(ヘラーボック)で、スタンダードなボックよりも若干ホップを効かせているのが特徴です。ノヴァーパカにふさわしいクラシカルなスタイルといえるでしょう。アルコール度数は7.0%。黄金色でとてもモルティな、麦芽の旨味でいっぱいのビールです。ストロングかつ苦味の効いたラガービールのファンも満足させる仕上がりとなっています。ジャーマンボックではこの強いビールのイメージとして山羊をラベルに登場させることが多いですが、ヴァルドシュテインもこの英雄的な軍人の強さをビールにイメージしているのですね。

来月の入荷をお楽しみに!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベルギービールウィークエンド名古屋2017

今年も早いものでベルギービールウィークエンドの時期がやってまいりました。今回は初の神戸を含む8都市にて開催、ゴールデンウィークの名古屋が皮切りとなります。
https://belgianbeerweekend.jp/2017/ja

来週に迫った名古屋(4月26日(水)~5月7日(日))において弊社が提供するビールのラインナップです。全て樽生です。

ポペリンフスホメルビール
Alc. 7.5% ゴールデンエール *不動のフラッグシップビール

醸造所に程近いフランダースのホップ名産地、ポペリンゲのホップを100%使用し、清々しい香りとクリーンで味わい深い苦味を引き出した魅力的なゴールデンエールです。ホップのキャラクターに負けないハニーな甘みも心地良く、絶妙な苦甘の調和を堪能できます。

トルバドゥールマグマ
Alc. 9.0% IPA *安定した品質と人気を誇るベルジャンIPA

トルバドゥールマグマは、アメリカンIPAの苦味を伴なうアンバーカラーのビールで、ベルジャントリプル特有のフルーティーさとシムコーホップでドライホッピングしたフルーティーなアロマが調和した、強烈なインパクトのベルジャントリプルIPAです。

イヒテヘムズグランクリュ
Alc. 6.5% レッドビール *名古屋初登場、日本ではまだ珍しいレッドの生

伝統的醸造のフランダースレッド。オーク香と乳酸味の複雑な味わいです。スタンダードのアウトブラインに比べて、オーク樽熟成期間が24カ月と長く、さらにこのオーク樽熟成ビールの比率が60%と、このスタイルのビールの特徴をさらに発揮したものになっています。甘みは抑えられ酸味とのバランスが整った、赤ワインの感覚にグッと近いものに仕上がっています。華やかでいて枯れた味わい。

マルール12
Alc. 11.5% スペシャルビール *BBWでも毎年トップクラスの人気です

「ワールドビアアワード2014」にて、「ワールドベスト・ダークビール」に選ばれました。アルコール度数は11.5%。濃い褐色で、よく香るホップの他にスパイシーな香りもあります。複雑でリッチな味わい、かつ滑らかな口当たりが魅力です。赤ワインのようにやや高めの温度が適温で、時間をかけてじっくり飲むのがおすすめです。

皆様のご来場お待ちしております!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月入荷予定アウトベールセル醸造所ご予約のご案内


今年2017年はアウトベールセル醸造所の創業135周年となります。
それを記念するため、醸造所では去年の初めから特別なランビックの仕込みが行われていました。
さらに今年は、ホーラルズアウドグーズメガブレンドの、2年に1度のリリース年です。
今回それにともない以下3種、ケグとボトルのご予約を承ります。

ご予約頂いた数量のみの輸入となります。
入荷は8月の予定です。
*ご予約受付は4月30日迄とさせていただきます。価格等詳細はお問い合わせ下さい。

アウドランビック特別ヴァージョン 
Oude Lambiek Speciaal

Alc. 6.0% ドリウムケグスリムライン20L(カプラーSタイプ)

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産で有名なトスカーナのカンティーナ、カステッロ・バンフィにおいて30年に渡ってブルネッロ・ディ・モンタルチーノの熟成に使われてきた12,000L容量ものフードル(巨大な木樽)を購入、これにより1年発酵/熟成させたのが今回の特別なアウドランビック(ストレートランビック)です。
ランビック特有の心地良いグレープフルーツの苦味に、繊細かつ明らかな赤ワインの感触がともなった独特の仕上がりとなっています。

アウドグーズ ヴァンデルヴェルデン135 
Oude Geuze Vandervelden 135

Alc. 6.5% 375ml瓶

このアウドグーズは、今から135年前の1882年にアウトベールセル醸造所を創業した初代ヴァンデルヴェルデン氏へのトリビュートとして、またそこからの創業135周年を今年記念して造られるものです(実際の仕上がりはこれから4月下旬の予定です)。
上記の特別なランビック83.5%に3年物のランビック16.5%(こちらは以前からある4,000L容量のフードルにて発酵/熟成)をブレンドした、特別なアウドグーズです。
アンバーゴールドの色合い、自然発酵の野性的な芳香とともに赤ワインの個性が深く広がっていきます。

ホーラルズ アウドグーズ メガブレンド2017 
Horal’s Oude Geuze Megablend 2017

Alc. 7.0% 750ml瓶

ランビックを保護するための団体HORALによる、複数のランビック醸造所のランビックをブレンドして造られる特別なアウドグーズです。2009年から2年に1度のリリースで今年は5回目、今回は9ヶ所の原酒を使用しています(ドリーフォンティネン、ボーン、ティママンス、アウトベールセル、リンデマンス、ドゥ・トロフ、ドゥ・カム、ハンセンス、ティルカン)。これから4月下旬に仕上げ、5月に行われるToer de Geuzeというイベントに合わせてお披露目されます(1997年から続くHORALによるメインイベント。こちらも2年に1度の開催で今年は11回目となる)。限定21,600本生産。

皆様のご予約お待ちしております!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホメルフレッシュハーヴェスト2017試飲

2016年9月に仕込んだホメルフレッシュハーヴェスト2017ですが、今回ボトル裏にあえて記載されているように、2016年7月の遅霜や雹による記録的な悪天候(1839年以来!)により、栽培農家による原材料の収穫に大きな影響が出ました。殊に収穫仕立ての生ホップで仕込まなくてはならないこのビール、その影響による味わいは今までのヴィンテージとの違いをくっきりと浮かび上らせているように感じられました。

アロマホップの香りは例年と比べ幾分控えめです。ですがホメル特有の洋梨のような酵母の華やかな香りと絶妙に調和させており、ルロワ醸造所のビールらしい個性・均衡をきちんと保っています。今回最大の特徴というか過去との違いは苦味の質にあるかと思います。間違いなくビタリングホップ(チャレンジャー、ブルワーズゴールドのイギリス系)の使用量が多くなっているようです。今までにないシャープな苦味が強く感じられますね。過去の特徴であったドライホッピングによるアロマホップ(サフィール、マグナムのドイツ系)の、ホップフレーヴァ―感豊かな仕上がりとの違いが明確です。使用できるホップの種類と割合の変化が造りにも変化を促し、結果過去との個性の違いを表現しているようです。とはいえそれでもこの安定した造りにはあらためて驚嘆します。ルロワの醸造家系11世代にわたる、長年の経験がなせる匠の技というのを今回ほど強く感じたことはありません。

またそれとともに今回、土地を表現しているワインのヴィンテージのような面白さが特にありました。毎年これくらいの味の振れ幅があったらより楽しめそうですね!無責任な言い方ですが。

まだ日本市場に出荷されて間もないこの旬なビール、是非お楽しみ下さい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アウトベールセル ブザールトご予約のご案内

ブザールトは2012年、アウトベールセルとリンブルフ州のワインクラブDomus Ad Fontesとのコラボにより生まれたビールです。Domus Ad FontesのGuy Geunis氏はスパークリングワインの製造で知られ、彼によってランビックをその所謂シャンパーニュスタイルで仕上げるというユニークな試みは、他にはないハイブリッドなビールを生み出しました(現在ではアウトベールセルにおいてその工程を全て行っています)。

ブザールトランビック ミレジム2012 
Bzart Lambiek Millésime 2012

アルコール度数7.0% 750ml瓶

ブザールトランビックは、12ヶ月熟成のストレートランビックを瓶詰めし(その際スパークリングワイン酵母と砂糖を加えます)、その後シャンパーニュスタイルの瓶内二次発酵を行います。瓶内熟成を完了とするまでその間最低9ヶ月は寝かせるところを、今回のミレジム(ヴィンテージ)2012は3年もの長期熟成を行いました。これはテストケースかつ初お目見えということです。その後動瓶により集められた澱を澱抜きします。打栓前のリキュール添加は行わず「ノンドゼ」に仕上げます(2016年)。

非常に辛口で、瓶内二次発酵による繊細な泡立ちと洗練された口当たりが軽快にして優雅です。比較するとアウドグーズのほうが力強く感じられる程です。

このビールはワールドビアアワード2016にて「ワールドベストブリュット/シャンパーニュビール」に選ばれました!


ブザールトクリーケンランビック ミレジム2012 
Bzart Kriekenlambiek Millésime 2012

アルコール度数7.0% 750ml瓶

ブザールトクリーケンランビックは、ベースのクリーケンランビック(生のモレロチェリーを1Lあたり400g使い、圧搾してランビックに6ヶ月浸漬します。)を瓶詰めし(その際スパークリングワイン酵母と砂糖を加えます)、その後シャンパーニュスタイルの瓶内二次発酵を行います。瓶内熟成を完了とするまでその間最低9ヶ月は寝かせるところを、今回のミレジム(ヴィンテージ)2012は3年もの長期熟成を行いました。これはテストケースかつ初お目見えということです。その後動瓶により集められた澱を澱抜きします。打栓前のリキュール添加は行わず「ノンドゼ」に仕上げます(2016年)。

とてもアロマティックなビールで、辛口でありながらもクリーンなチェリーの甘みが心地良く、瓶内二次発酵による繊細な泡立ちと熟成によるアーモンドのような風味が楽しめます。


どちらも特別に長期熟成されたヴァージョンで、優れた飲み頃にてデゴルジュマン(澱抜き)された、旬の味わいをご堪能いただけます。市場出荷後も瓶内熟成を続けるアウドグーズ、アウドクリークなどとの風味の違いが非常に興味深いですね。
とはいえブザールトも完成から5年後の賞味期限を与えており(今回の2種は共に2021年6月30日)、シャンパーニュがデゴルジュマン後も熟成するのか否かという議論があるのも踏まえて、さらに寝かせてみるのも面白いかもしれませんね。


*2017年5~6月入荷予定です。各種1ケース6本入。皆様のご予約お待ちしております!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ