日々の彩り、日々色直し

日々、悩みは尽きないけれど、負けず焦らず、生きていこうよ!
時には写真つきにするよ!

ナスとキュウリを植えました

2017-04-04 12:29:21 | 暮らし

春めいてきて、畑仕事もしたいけれど、3月に蒔いたナス・キュウリ・シシトウ・ブロッコリー・キャベツ・エンドウ(久留米ゆたか・絹さや・スナック)・かぼちゃ・ミニトマト・メロン・マクワ等々、まだ発芽していなかったり、キュウリの双葉はナメクジ(!? きっとそう。)に食べられていたり、まだまだ小さい苗状態で、定植にはだいぶん早くて、気持ちを抑えての、手持ちぶたさの “待ち” の状態でした。
実際、ナス苗は写真のとおりです。

それでも、シシトウ・ブロッコリー・キャベツ・エンドウは芽を出し、育っていてくれます。

(前はブロッコリーの苗、後ろはキャベツの苗)

(上3つが久留米ゆたか、中3つが絹さや、手前3つはスナックエンドウですが発芽はありません)

(右側がシシトウ、左側はミニトマトはしっかりとした茎で育っています)


 (まもなくメロンの本葉が顔を出します。今年も10本育てるつもりです) 

昨日も、苗を植える土地を準備しておこうと、1月にスコップで掘り起こし、3月初めに耕運機をかけておいたところを深く掘って、自家製の堆肥と牛フンを入れて混ぜて埋め戻しました。

“せっかく植えるところはできたのに! ” と思い始めたら、“まず売られている苗を買ってきて植えて、種から今育てている苗は大きくなったら「ずらし植え」として植えればいい” と理屈をつけて、早速いつものカワシマ種苗店に行きました。尋ねると、ナスやキュウリの苗は7日に入ってくるとのことでした。

“今日中に植えたい!” とまで気持ちを高めている私は、“あっちの店にはないだろうか?” とカーマへと車を走らせました。

ありました! 
苗を選んでいると、同じように苗を見ていた人が、「まだ寒いし、こんな小さい苗、育つやろうか。」と話しかけてこられました。
「地温を上げるように黒マルチをして、植えた苗をビニールで覆ったらいけるかもしれませんねぇ。」 と知ったらしそうに応答してしまいました。私は何様!?

ナスの苗(「千両2号」の接ぎ木苗と実生苗)4本とキュウリの苗(「夏すずみ」)2本を買って帰って、即座に植えました。
ナスの接ぎ木苗と実生苗それぞれ一本ずつをハウスと露地に植え、キュウリは一本一本を。






露地には、カーマで話していたような黒マルチはかけませんでしたが、ビニール袋をかけて防寒・保温対策としました。


『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春めいて! アンズもモクレ... | トップ | 事故らないのが1番! 壊さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。