波紋

一人の人間をめぐって様々な人間関係が引き起こす波紋の様子を描いている

足跡    「プラチナ社会?」

2016-10-31 09:50:37 | Weblog
 初めて台湾に仕事で行き、一人の女性に魅入られてしまった事がある。しかしその女性刃日本語が上手で話が出来たが、家庭がありホテルでの会話だけに終わったが帰国の際、土産を頼んだところ、その一つにプラチナの指輪を買ってきておいてあった事が忘れられない。ダイヤほどではないが、宝飾品には欠かせないものだ。
20世紀に生まれた我々が21世紀を迎えて、この100年でどのように変わったかを見るとき、あまりに早い文明の進展で大きな世界では大きな差が生まれてしまった。特に食の世界の変わり方によって身体的な差が激しく、豊かな世界では飽食による肥満が増え、生命の寿命が延びる率が高くなり、その悩みは増え、その一方で取り残された世界では飢餓と低栄養で苦しんだままである。しかし21世紀の現在はそれらの量的な問題を抱えながら、「質的な」世界へと進む事になりそうである。その具体的な姿は資源自給、健康自立、施全共生、生涯現役など多くの選択肢ができて、そのなかから選ぶ事のできる世界であり、人々はその中から自分にあった自由な参加のできる時代になる事らしい。
しかし人間の悩みは果たして、それで解決できるのだろうか。問題は「心」の世界にある。
この分野がないがしろにされている限り、否、解決できない世界が続く限り人間は不幸を背負ったまま生きていく事になる。それは不思議にも物質的に満たされれば満たされるほどに
心の世界には悩みが深くなるのは何故だろう。それは人は満たされるほどに更にみたされることを欲するものだからではないだろうか。
プラチナ世界、社会も悪くはないが、「心」にプラチナを持つ事が出来ることも共に考えてみた意気がしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  思い付くままに ... | トップ |        思い付くまま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL